庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぐうたらサンタとはたらきもののひつじ」 みんなの声

ぐうたらサンタとはたらきもののひつじ 作・絵:うすいかなこ
出版社:ヴィレッジブックス
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784863324718
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,386
みんなの声 総数 11
「ぐうたらサンタとはたらきもののひつじ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんなサンタ!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    なぜか子供たちの中では
    サンタクロースは人格者のような立派な人を想像しているようです。
    子供達におもちゃを配る人ですから
    いい人で立派であるにきまっていると
    思い込んでいます。
    我が家の息子たちもそうです。
    でもこの絵本のサンタさんは少し違います。
    なんだか人間臭くって親しみ深いのです。
    でもなぜか少し裏切られてしまったようながっかりして気持が残るのは
    私だけでしょうか?

    子供達はというとようちえんで歌っている「あわてんぼうのサンタクロース」のように
    人間臭いうっかりものでなまけもののサンタさんを
    スーーっと受け入れたようです。

    掲載日:2014/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなに働かないサンタがいてもいいよね!

    4歳5ヶ月の息子に読んでやりました。この本に登場するサンタさんは、よく知られているサンタさんとは異なり、とってもぐうたら!代わりにものすごく働き者なのはひつじさん。そのひつじさんもよく文句ひとつ言わずに働いているなーととても感心。ところが、サンタさんが唯一働くクリスマスイブに事件が起き、サンタさんの仕事にひつじさんも一緒に行くことから、ひつじさんと別れてしまうはめに・・・。何でもやってくれるひつじさんなしにサンタさんは生活できるのでしょうか?そんな心配をしながら読み進めると最後にどんでん返し。これには息子もけらけら笑っていました。サンタさんのやさしい気持ちも伝わってきますが、やっぱりね!と笑える落ちに楽しめる絵本ですよ。まあ、働き者ではないサンタさんのお話がいてもいいかな?こんな気持ちだけはやさしいので、許せちゃいます。子供の期待を裏切るような、そんなお話ではありませんよ。楽しめる絵本です。

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小学校の読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校の読み聞かせ会に持参しました。
    対象は低学年。
    この絵本を読んでいるときには
    一年生が10人弱来てくれていました。

    かわいいサンタさんの絵が表紙に出ているので、
    この絵本を持って、
    「今日はクリスマスの絵本を読むよ〜」
    と呼び込みをしました。
    興味を持ってくれた子どもたちが
    数人ついてきてくれて、
    すぐに読み聞かせを始めることが出来たので
    助かりました。
    (20分間の休み時間にやっているのですが
    いつも集まるまでに時間がかかるのです)
    手にもっていたそのままに、一番初めに読みました。

    怠け者のサンタクロースに
    「ほんまにぐうたらやなぁ…」とのつぶやきが聞こえ
    ヒゲを剃り落としてしまうシーン、
    ひつじのトトをヒゲのかわりにくっつけるシーンでは
    笑いがおこっていました。

    軽く楽しい内容なので、
    導入にピッタリだと思います。
    所要時間約5分弱でした。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと変わったサンタさん

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    サンタさんの中にも
    ぐうたらさんがいるんだぁ・・・

    それにしても
    はたらきもののひつじさんのトトには
    頭が下がります

    ひげ剃ってしまって
    またトトを酷使して・・・
    困ったサンタさんだなぁ・・・

    煙突でのアクシデントに
    大笑い
    おかしい!!

    で、女の子の部屋の暖炉のところに
    ちゃんとひつじの絵が描いて貼ってあるから
    ひつじさんがほしかったんだね

    どろぼうに間違えられたり
    大変な生活になったり
    トトへのお手紙の返事に
    改心したのかと思ったら・・・

    おかし〜い!!
    大変人間臭いサンタさんで
    とっても、楽しかったです
    作者の思うツボ(^^ゞ

    ペンギンさん、大丈夫かな(^^ゞ

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒にいたかったんでは?

    ぐうたらサンタさんでもきっとトトは、どうしているのか心配でサンタさんにお手紙を書いた気がしました。サンタさんが、どうしても困っているからと返事を書けば喜んで帰ってきた気がしました。サンタさんの為に働くのが生き甲斐になっていたのかも知れないから、一言言うのを案外期待していたのかも知れないと思ってしまう私でした。でも、トトには心を入れ替えて真面目にやっていると心配かけないサンタさんも立派な気がしないわけでもありません。トトがもう帰ってこないことが確認できるときっと寂しいから、ペンギンさんを雇った気がしました。やっぱりサンタさんにも助手がいるのだと、お友達がいるのだと思いました。

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐ クリスマス このぐうたらサンタさんはどうしているのかな??

    ひつじのトトは、働き者で なんでもやってしまうから こんなぐうたらな サンタさんになったかも?

    文句も言わず はたらく トト、サンタのひげのかわりなったのは、さすがに 笑えますね。
    こんな 発想があったんだ!

    サンタさんの顔見たら笑えてきて・・・・ひげのないサンタさんは ふつうのおじさん  どろぼうに まちがわれて、 まあ自業自得かな。
    トトのおかげだと気がついたのでしょう

    テレビの上にトトの写真飾ってあるのがかわいいところかな。
    トトからの手紙の返事にいままで いろいろ ありがとう。 これから しっかり しごとを やっていくつもりです(こころを 入れ替えたんですね)
    ところが・・・おちが おもしろい 
    ないしょだそうですよ!

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタって実は・・・

    ぐうたらなサンタって、それでも
    ちゃんとプレゼントは配るんだぁ。
    っと思っちゃいました。
    そこは仕事するんですね。

    サンタが直接出てくる絵本はあまり読んでなかっただけに、
    子どもがどう感じたかはわかりません。

    それより、ひつじに注目です!
    サンタがぐうたらしている間に
    炊事、餌ヤリ、事務処理と働く働く。
    「えらいねぇ〜、はたらくねぇ〜」
    これを子どもに聞かせましょう。
    ただ、ひつじは本当はサンタとくらしていたかったのかも、
    なんて思っていました。

    掲載日:2009/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • あららら〜

    うーん、娘のサンタさんへのイメージを考えると
    こんなにぐうたらなサンタさんの絵本を読んで聞かせるのってどうなの?って言いたいところですが
    ちょっとひつじに思い入れのある私としては
    健気に働くひつじさんの様子がかわいらしくて好感触。
    あまりにも大雑把で怠け者のサンタさんと几帳面でテキパキ働く羊さんの姿が好対照で笑えますね。
    なんだか自分を見ているようでサンタさんの姿には苦笑してしまいます。懲りないサンタさんのラストの様子にもなんとも複雑です。
    娘の反応はというと 実際のサンタさんはこんな姿であるはずがないと思っているのか あんまり面白く感じないようでしたが
    コミカルなサンタ絵本として私自身は面白かったと思います。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさん、甘えてばかりではだめですよ笑

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    この絵本を読んだ人は
    タイトルどおりの「ぐうたらなサンタ」と
    「はたらきもののひつじ」の暮らしぶりに
    笑わずにはいられないんじゃないかな。
    もう動かなきゃダメでしょ…っていうぎりぎりになって
    やっと腰を上げるのですが とんでもない失敗をして…
    (あ〜ちょっと自分の姿にも重なるなぁ)
    この場面だけでも クククッて笑っちゃうのに
    次の場面では
     !!!
    …で さらに爆笑。
    本当に気の毒なひつじ…。
    (でも 笑わずにはいられませんよ。)
    そして 本当に超マイベースなサンタ。
    良いコンビだと思っていたけど
    ひょんなことから このベアは離ればなれに…。
    居なくなって その存在の大切さを知ったのは
    サンタだけだったってところが 
    そら見たことか…って感じです 笑。
    あまり人に頼ってばかりだと 
    いつか愛想を尽かされるってことかな 笑。
    続編の出版はないのかしら…って思っちゃうエンディングでした。

    掲載日:2007/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタのイメージが〜。

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳

    サンタを夫。ひつじを私と思うとなんだか休日の我が家を見ているようでした。
    文句も言わずサンタに尽くしたひつじに、アクシデントであれ安住の地がみつかり、サンタが心を入れ替え(かけ)たことは私にとっては希望の光でした(笑)
    でも人ってなかなか変われないのね・・・。
    「この本を読んでみんなが笑ってくれたらそれが一番幸せ」という作者の言葉(表紙の内側にあります)の通り、最後で笑っちゃいました。すごいオチがついていますから。

    掲載日:2006/05/18

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / なにをたべてきたの? / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット