だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

どんこうれっしゃがとまります」 みんなの声

どんこうれっしゃがとまります 作:鶴見正夫
絵:倉石 琢也
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\951+税
発行日:1984年
ISBN:9784338006095
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
「どんこうれっしゃがとまります」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どんこうの良さ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「どんこう」っていう響きが
    なつかしいです
    子どもの頃「どんこ」だと思ってました(^^ゞ
    「鈍行」なんですよね?

    行商のおばさんの姿とか
    おじさんの毛糸の帽子、長靴、自転車・・・
    海水浴、積雪・・・
    絵がとても雰囲気があり
    スピードと効率化を求められていた時代で
    忘れられそうなどんこうの良さを
    伝えてくれています

    ゆうちゃんは、本当に列車が好きで
    大人になったら
    本当に運転手さんになったんじゃないかな

    図書館で
    いつまでも手に取れるところに
    ある絵本だといいなぁ〜

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい

    • ぽー嬢さん
    • 30代
    • せんせい
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳

    電車好きの息子のお気に入りの一冊。いまだに、時々図書館や図書室より借りてきます。
    電車が大好きな男の子が春夏秋冬、毎日、駅に通っては大好きな電車を眺め、駅員さんと交流したり…。宝物が切符なところも、まるで息子自身のようで、本人も自分とかぶらせて、絵本の世界に入っています。
    淡々としたお話ですが、電車好きの子には伝わると思います。

    掲載日:2011/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふるさと

    どこかの田舎に住んでいる“ゆうきくん”とその村(?)の駅での
    出来事が四季を通して描かれています。

    パラパラとめくった時に、電車が沢山出てくるが見えたので、
    のりもの好きの息子に図書館から借りてきて読みました。

    こどもが自分の住んでいるところ(ふるさと)が好きになるって
    こういう感じに段々となのかなと思いました。

    とても淡々としていて、いわゆるショッキングな山場みたいな
    のがありませんが、全体的に温かい感じのする絵本です。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔懐かしい感じ

    田舎の小さな古びた駅がとっても大好きな男の子が主人公。
    お年玉で買った切符を宝物にして、毎日のように駅へやってきます。
    春も夏も秋も冬も、駅に通って列車を眺めている男の子。
    「電車が好き」「駅が好き」という純粋な気持ちが伝わってきて、
    ほんわかさせられます。

    途中、宝物の切符が半分に千切れてしまうというアクシデントがあるものの、
    駅員さんの粋な計らいで、また新しい切符が手に入ったり。
    寒い北国の田舎の駅のお話なのですが、ほんわか暖かいストーリーが
    詰まった1冊になっています。

    時代背景は、昭和前半でしょうか。お年玉で切符を買おうと
    男の子が駅員さんに差し出した五百円札、駅や駅の待合室に
    置いてあるストーブなどに昔懐かしい印象を受けました。

    子供より大人のほうが興味深く見てしまいました。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心温まるお話

    • PIROさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    電車がだいすきなゆうちゃん。
    ちいさな駅の常連さん。
    我が家の息子も電車が大好きでよく電車を見に行ったので、ゆうちゃんの気持ちがわかります。
    お年玉で買ったきっぷをたからものとして大切に持っているゆうちゃん。
    なんだかその一途な気持ちがとても素敵。
    ゆうちゃんの夢はかなったかな。
    ぜひゆうちゃんのような運転手さんの電車に乗りたいものです。

    掲載日:2007/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鉄道好きの男の子へ

    • ガジンさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子15歳

    鉄道好きの男の子、ゆうくんの四季を通した物語。
    駅員さんとのやりとり、友達...ほのぼのとした・あったかいお話です。
    私の長男が小さいとき、この本が大好きでした。
    ゆうくんと自分がなんとなく同じに感じられたからではないでしょうか。
    私のお薦めです。

    掲載日:2007/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「どんこうれっしゃってなに?」

    • おやじ虫子さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子9歳、男の子7歳、男の子5歳

    なんだかほのぼのとした、なつかしい雰囲気たっぷりのおはなしです。

    今では、とてもとても子供一人で行かせる訳にはいかないけれど、
    田舎にはこんなにのどかな駅も残っているのかなぁ
    残っているといいなぁと思います。

    さて、子供達は〜
    「どんこうれっしゃってなに?」と。
    そりゃそうですよね。
    「各駅停車のこと」で分かってくれました。よしよし。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット