しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ふしぎコレクション (3) 土のコレクション」 ママの声

ふしぎコレクション (3) 土のコレクション 著:栗田 宏一
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年02月
ISBN:9784577028605
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,512
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 土の魅力

    このお話は、全国の土マップや、土の採取方法や、土のコレクションの仕方、土から作る絵の具など土にまつわるいろいろなことが載っていました。うちの子は土のコレクションを作るページがとっても気に入っていて、来年の夏休みの自由研究の候補に挙がっています。土地によって土の性質が違っているのも、地図と照らし合わせながらだとわかりやすいですね。

    掲載日:2017/10/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • カラフル、カラフル

    最初に、ずらりと並んだ、きれいな色のコレクションを見ると、これが「土」だなんて信じられません。
    黒や茶色のイメージしかないので、ピンクやオレンジ、ブルーなどほんとうにきれいな色が多いに、びっくりします。場所によって、こんなにちがうものなんですね。

    子どもはパワーストーンにハマっているので、土にも興味をもったようです。
    土の集め方や砂と土の違いなど、楽しく勉強になりました。
    子どもは、今度、どこかへ出かけたときは土を集めたいと言っています。まずは、庭の土から集めてみます。
    こんな楽しいことから、子どもが理科好きになるといいなと思いました。

     

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • コレクションしたい

    子どもの頃、理科はそれほど好きではなかったのに
    大人になって読む、この手の絵本、大好きです。
    栗田さんが10年かけて集めた日本全国の土(の一部)が
    美しく載っています。表紙を見ただけでも、並べられた
    色とりどりの土が、まるでスパイスかなにかみたいで
    美しいです。
    土地によって、土の色も違うのだなあということが
    よくわかりました。土から作る、絵の具やパステル、クレヨン
    も楽しそうで作ってみたくなります。
    なにより、私も土をコレクションしたくなりました。

    掲載日:2017/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土が面白い

    テーマが「土」だけで、本が一冊できることに驚きました。
    でも読んでみて、納得です。
    こんなにも土が、奥が深いものだったなんて!
    びっくりするくらいにカラフルなので、ただ眺めているだけでも面白い本だと思います。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土の色

    地面には土はあるけど、こんなに色があるんだーと息子も興味津々でした。知らないことたくさんあるんだなーと親の私だって興味津々。この色が好き、この色は、あの色と似てる、なんて。クレヨンでも選ぶかのように色がたくさんあることをしりました。図鑑のように学べる本です。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 土って美しい

    1月に科学絵本の講座があり、先に先生よりリストをいただいたので、そのお勉強。

    表紙の写真もとても美しいのですが、瓶に入った土のコレクションの写真も色がきれいでした。

    日本国内でも土の色や性質が違うということ、地図つき土の色つきなので、よくわかりました。

    私の住む地方は「やきものの産地・中部地方は粘土が多い」というのもなるほど。瀬戸・多治見・常滑などそうだなあって。

    それにさつまいもを掘る時も砂地ではなく粘土質の畑なので、スコップで掘らないと出てこないんです。

    土で染めたり、絵の具にしたり、ああ5年生の夏休み、息子の自由研究の時にで会いたかったわ。

    この他にもふしぎコレクションシリーズがあるようです。今森さんの『雑木林のコレクション』も見てみたいと思いました。

    掲載日:2013/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 魅了!

    小学2年の息子と年長の娘と読みました。

     『土ってこんなにカラフルなの? 見つけたい! 集めたい!』

    見ているだけでワクワクしました。
    土がこんなにカラフルなんだ!って事に気付けて嬉しかったです。
    『知らないことを知る・気付く』ってことが楽しいよね〜と親子で実感できた記憶に残る本になりそうです。

    虹色の土が揃う場所があるって書いてあって『絶対、行きたいね』と息子は大興奮でした。(私も行きたい!って思ったので、内心嬉しかった^_^;)

    これからは、お出かけする時、『土』に注目する楽しみができました。
    栗田宏一さん ありがとうございます!!

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 着眼点が素晴らしい!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    こうして、整然と並べられた土の山を見ていると、
    なんて、美しいんでしょう!驚きです。

    世の中、いろんな方がいますね。
    誰が、足元の土に興味を持つのかしら。。。と思いますが、
    意外と子どもたちは食いついて見たりして・・・
    現に娘も、興味津々で見ていました。

    ピンク、オレンジ、黄色、青色、紫、緑・・・
    こんなにいろんな色の土があるとは。
    自分の住んでいる地域も、じっくり観察しました。

    土に興味を持った子に、土のコレクションの作り方や
    紙を染めたり、絵の具を作ったりと土で遊ぶ方法も紹介しています。
    なかなか面白い。
    来年の夏休みの自由研究にピッタリかも!

    作者は、日本全国を巡って10年。
    集めた土は、1万種類を超えたそうです。
    何かに興味を持って取り組む姿勢は、
    人を感動させるものなんですね。

    5年生の教科書で紹介されていました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しい発見と驚き満載!

    最近科学絵本の読み聞かせのグループに顔を出すようになって、そこでであった本。
    日本各地の土のサンプルが美しい写真とともに紹介されています。
    土ってこんなに綺麗だったなんて驚きの一言!ピンク色に近いものまであるんです。その上こんなにさまざまな色が!
    物語の苦手な男の子でも、これなら興味を持ってくれるのでは?
    お父さんと二人でゆっくり見て欲しいですね。
    私の娘は地質学が好きなので飽くことなく眺めていました。
    この本が製作された時間と労力を考えると、とても贅沢な1冊だと思います。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット