しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

いたずらおばけ」 みんなの声

いたずらおばけ 作:イギリス昔話
絵:和田 義三
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1978年
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
「いたずらおばけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな風に生きてみたい!

    おばあさんが、いたずらおばけに化かされるお話ですが、このおばあさん、どこまでもポジティブでおおらか!

    どんなに状況が変わっても、それなりの喜びを見つけられる人なんです!
    最後におばけが正体を現した時でさえ!!

    ストレスフリーな おばあさん。
    こんな風に生きてみたいな〜と思いました。

    掲載日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポジティブ・シンキング!!

    イギリス民話だそうです。
    つぎのあたった服を着ているけれど、表情はとても明るいおばあさん。
    ある日道端で金貨がぎっしりつまった壷を見つけます。
    しかし・・・それは、おばけのいたずらだったのです。

    とても価値のあるモノから、だんだん価値が下がっていくのですが、いつもポジティブ・シンキングなおばあさん。
    最後の最後、なんにもなくなっても、たっぷり楽しませてもらったことを喜ぶおばあさん。
    ・・・私もこうありたいなぁと、思わせられました。
    人生、いろんなことがありますよね。
    でも、それをどう受け取るかはその人次第で、心の持ちようで幸せにも不幸せにもなるんですね。

    お子さんも楽しめますが、大人が読んでもいろいろ思うところがある絵本だと思います。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄い!

    面白そうと図書館で借りました。
    おばあさんがある日金貨の入ったつぼを見つけます。
    大喜びして一生懸命家まで運ぼうとしますが・・・

    次々にお話が展開して面白いです。
    そしてこのおばあさんのポジティブな考え方に
    凄いなぁと感心してしまいました。

    イギリスの昔話ですが、こんな考え方だと
    毎日楽しく明るく暮らせるなと
    気持ちが前向きになる面白い絵本でした。
    子供達も楽しく見ていましたが
    ぜひ大人に読んで欲しい絵本です。

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポジティブ!

    つらいことが続いたとき、くじけそうになったときに読みたい絵本です。
    おばけのいたずらで、なんどもなんども騙されてぬか喜びをさせられるおばあさん。でも、その度にいい方に物事を考えてなぜか喜んじゃう。
    このおばあさんみたいに、へこたれない強い気持ちの人になって欲しいなあと我が子に向けて思いました。
    ヘッチャラな顔をしていると、不幸もよってこないような気がしました。
    昔話って色んなこと教えてくれて、大好き。

    掲載日:2007/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか幸せ気分になるお話。

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    ある日、貧乏なおばあさんが、壺いっぱいの金貨を拾いました。そして、思わず、お金持ちになって優雅にお茶を飲んでリッチなお部屋で寛ぐ自分の姿を頭に思い浮かべます。
    ところが、家に運びながらもう一度見ると、なんと金貨は銀の塊に変わっていました。そこで、今度は、さっきよりもちょっとだけランクダウンした暮らしぶりを頭に思い浮かべ、にんまり。
    振り返る度に、どんどん価値が下がった物に変わっていくのですが、その度に、がっかりするでもなく、にこにこと妄想に耽るおばあさんの幸せそうな姿が、なんとものんびりしていて、見ていてなんだかこちらまで幸せ気分になってしまいます。
    最後には、とんでもないものに、変わるのですが、それでもおばあさんは、最後までにこにことして、笑顔。
    何かを失っても、こんな風に落ち込むことなく、現状に満足して、にこにこと笑顔を忘れなければ、人間それなりに幸せに暮らせるのかもしれませんね。

    掲載日:2006/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 欲のないおばあさん

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    金貨だと思っていたものが、次々に姿を変えていきます。価値が下がっていったらガッカリするだろうに、あくまでもプラス思考なおばあさん。とにかく欲がない!

    実はおばけのしわざだったのだけれど、決してを怒ったりせずに逆に楽しんじゃっているところがスゴイ。

    貧乏だけれど、心が豊か。
    このおばあさんのように日々過ごしていたら、人生がきっと倍楽しくなる!

    掲載日:2006/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽天的なおばあさん

    貧乏でその日暮らしだけどほがらかに暮らしているおばあさんがいました。
    ある日、金貨がどっさりの壺を見つけ、わくわくしながらひきずって持って帰るのですが、帰りながら大金持ちの自分を想像して嬉しくなって振り向けば壺の中は銀に変わり、銀をもつ自分を想像して振り向けば、鉄に変わり・・・と、中身はどんどん価値の低いものに変わっていき、最後には・・・
    結局は、おばけのいたずらだったのですね。

    普通の人なら、1度大もうけの夢を見たのに、それがどんどん価値が下がっていったらがっかりしそうですが、それがこの楽天的なおばあさんの良いところ、がっかりどころか、かえってどんどん楽しそうになっていきます。
    このおばあさんを見ていると、お金がないのと、心が貧しいのとどちらが本当の貧乏かなと考えてしまいます。
    こんなふうに楽天的でいられたら、お金がなくても心が豊かなのかもしれませんね。

    こどものとも263号、1978年のものです。
    我家には、こどものとも傑作シリーズ(特選ライブラリー)で2005年に2月に、再販配本されてきました。
    市販での販売はしていないようです。
    図書館などで見かけたら、読んでみてください。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット