だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

赤ちゃんと話そう」 みんなの声

赤ちゃんと話そう 作・絵:のぶみ
出版社:主婦の友社
本体価格:\700+税
発行日:2003年
ISBN:9784072387535
評価スコア 4
評価ランキング 18,544
みんなの声 総数 6
「赤ちゃんと話そう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最初の絵本にいいと思います。

    私は「おばあちゃん」の立場で、
    子育てはとっくに終わったのですが、
    ベビーサインというものがあることは
    長女から聞いていました。
    赤ちゃんとの対話で
    たしかに 孫はベビーサインで
    食べ物とかを表現していたのを思い出しました。

    私の子育て経験からも
    赤ちゃんには いっぱい話しかけて
    最初のうちは 親が
    大きな声で独り言を言ってるような気分になって
    妙な感覚になることもあるかもしれませんが、
    表情豊かに話しかけたり
    絵本を読んだりしているうちに、
    毎日どんどん吸収していってくれます。

    まだ赤ちゃんだから。。という時期でも
    初めの1冊にオススメです。

    子育て真っ最中の頃は
    必死だったのですが、
    今は 赤ちゃんと話がしたい!
    そう思えた絵本です。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベビーサイン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    まーちゃんがお食事中。
    もっと食べるかいらないか、お母さんがいろいろ身振り手振りを示します。
    すると、まーちゃんも身振り手振りで意思を伝えます。
    ベビーサインという言葉はよく耳にしていたのですが、
    詳細は知りませんでした。
    なるほど、こうやって、赤ちゃんと対話するのですね。
    要は、色々な状況の身振り手振りを何度も示し、その状況と身振り手振りを覚えてもらい、表現してもらうのです。
    育児の参考に紹介したいですね。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんとお話できる!

    赤ちゃんって、言葉は理解出来ないけど、
    ジェスチャーで少しずつ会話が出来るようになると思います。

    そのジェスチャーを少しずつ身につけられる絵本だと思います。
    絵も子供が目を引く色やデザインになっていて、
    大きくなってからも自分でページを開いては
    眺めています。

    絵本通りにはなかなかいかないかもしれませんが、
    この絵本を読むと、ママの気分も少し落ち着きました。

    掲載日:2010/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い!

    のぶみさんの可愛い赤ちゃんの絵と文です!

    まーちゃんがとても可愛いです!

    もう、二歳になった孫なので、まーちゃんが赤ちゃんぽく見えてきまし

    た。あんまり変わらないのだけれど・・・・・

    「おしまい」って言って、「もう一回!」って言ってます。

    ゆっくり、ゆっくりの孫ですが、この絵本を読んでいると絵本のお陰で

    随分言葉も日増しに増えていったなあと感謝しています!

    色彩が綺麗なので、色を教えています!

    2〜3ヶ月からお薦めの絵本です。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初に買った絵本。

    ベビーサインに興味があったので、息子が6ヶ月ごろに購入しました。
    絵の感じがかわいくて、気に入っています。
    息子も喜んでページをめくっていました。

    1歳過ぎまで、読んでいたと思います。
    ストーリーを追うようになって、この本は卒業してしまいました。

    ちなみに、ベビーサインは使えるようにはならなかったです。
    でも、ママが積極的にこの本を読んでサインを教えてあげれば、使えるようになるのでは!?
    オススメの1冊です。

    掲載日:2006/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めてのベビーサイン

    子供がまだ6ヶ月くらいの時に購入した絵本。
    おそらく初めての絵本だったと思います。
    この絵本の中で行われているベビーサインを、実際に毎日続けながら、絵本も読み聞かせていたら、「おっぱい」とか「おいしい」を覚えてくれました。
    ベビーサインをとても身近に感じさせてくれる絵本だと思います。
    また、絵本の「もぐもぐ ごっくん」の繰り返しのリズムも可愛らしくて、今でもご飯を食べる時に止まってしまった子供にはこう語りかけてしまうほどです。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット