となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …

せかいいちゆうかんなねこ」 みんなの声

せかいいちゆうかんなねこ 作:ローラ・ドリスコル
絵:鈴木 勝久
訳:村山寿美子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1999年
ISBN:9784052010927
評価スコア 4
評価ランキング 22,675
みんなの声 総数 1
「せかいいちゆうかんなねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 母は強しと実感しました。

    火事の現場にかけつけた消防士さんは、驚きました。ねこが、もえる火の中へとびこんでいったからです。
    サブタイトルに「ほんとうにあった母ねこのゆうきのものがたり」とあるように、1996年、ニューヨークで実際に起きた火事の現場での勇敢な母猫の物語です。

    小1の娘が学校で読んで感動したからと借りてきました。
    勇敢に子猫を助けてから、親子ともに無事に保護され動物病院で手当てを受けて、たくさんの申し出の中から選ばれた飼い主へのもとへと行くまでのお話になっています。
    最後のページには、実際のねこの写真もあります。
    痛々しそうに怪我のあとが残る母ネコですが、やはり事故にあったことがあるために辛さが分かるという飼い主さんに抱かれて、きっと幸せ一杯なのだと安心できます。

    幼稚園から小学校低学年向けの童話と書かれています。
    母が子を守る動物の本能、そして命の尊さについて親子で話し合えるきっかけになると思います。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どんどこ ももんちゃん / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット