ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

絵巻えほん びっくり水族館」 みんなの声

絵巻えほん びっくり水族館 作:長 新太
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784772101752
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,567
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろおかしい水族館

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    絵本ナビの絵本コンシェルジュを使ったところ、こちらの本が出てきて知りました。

    開けてビックリ、のびるのびる!
    そして、並んでいる魚たちも不思議なものばかり。
    全部緑色なので、また不思議さが増しているような。

    最初見た時は、なんだこれの反応だった息子も、だんだんと気になりだしたようで、
    『これなあに?』と聞いてきて
    不思議な魚の名前を聞いてはおかしくて笑っていました。

    例えば裏が少しお話になってたりするともっと楽しいのになぁと思いましたが、
    変わり種絵本として、楽しめました!

    掲載日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全長何センチかな!?

    この絵本は前ページ広げたら全長何センチかな!?子供にしたらすごく大きく感じたともいます。広げたときには「すげ〜〜!!」って言って大満足!!大人の私もこんなに長く広がるとは思っていなかったのでビックリさせられました。本当に水族館の水槽見ているみたいでよかったです。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずらずらー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ネーミングのおもしろさにケラケラ笑っていたのも束の間、
    今度はページが伸びる事を発見して大興奮。
    狭い家の中で、家族を「どいてどいて」とどかして
    ずらずらーっと広げてはじから、
    最近覚えたカタカナとひらがなを駆使して
    一所懸命読み上げていく姿がかわいかったです

    しかもしゃがみこんで、かにさん歩きで移動するので
    何だかいい運動にもなったみたいで
    読んだ後はつかれたーといいます。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!

    長新太さんの絵だけで面白そうと図書館で借りました。
    絵巻絵本なので広げて面白さ倍増!
    へんてこな魚等が出てきます。
    「パンツイカだって〜!!!」などと
    兄弟で笑って何回も見ていました。
    水族館に入館している子ども達の多さや
    表情も面白いです。
    こんな水族館あったら行って見た〜い。
    長新太さん、やっぱり笑えます。

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族で大ウケ

    何がびっくりかと思いきや、本を開いてみてまずびっくり!!
    普通の絵本を想像してたので、「あれ!?あれれっ!?」と思わず叫んでしまいました。
    そんな私の様子に娘もぽかーん。

    そしてそこには遠足に来たたくさんの園児達と、見たこともない生き物達。
    その生き物が面白いっ!!
    「ダメタコ?」「ヤキュウウニ?」
    大人の私が「なんじゃこりゃ?」とクスクス笑ってしまいました。
    その横で娘も「このイカ、パンツ?」とニコニコ。

    早速パパにも見せたら、「何これ!」「すごい!」「面白い!」と大絶賛。
    見れば見るほど色んな発見があって、とても面白いです。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんてこ水族館。

    「ブタハナウオ」「パンツイカ」など、実際には存在しないおかしな海の生き物ばかりの水族館をだーっと見られる面白い絵本です。
    本当に水族館に言ったときみたいに、ひとつひとつの展示物を細かくじっくり観察しては大笑い。
    この水族館は外観もステキなんですよ。
    プレゼントにお勧めできます。

    掲載日:2008/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いが止まりません

    「ダメタコだってさー」と大笑いしながら見ています。
    子供は、本物の水族館も大好きですが、このびっくり水族館にはかないません。魚の口が、入口になってるなんて楽しすぎます。
    水槽からとびだしてくるデブフグや、歩きまわるアルクサメなど、ワクワクする生き物たちがいっぱいです。
    びっくり水族館は幼稚園児で満員です。みんなうれしそうです。この子供たち、ひとりひとりを見ていてとこちらも楽しくなってきます。クラゲのまねをしている子供たちがかわいいです。

    絵巻絵本は、みどころがとても多いです。本に近づいてじっくり見たり、全部広げて離れて見たり、といろいろ楽しんでいます。色数は少ないのですが、それを感じさせないほどにぎやかな絵です。

    作者が「この水族館の魚たちに、どこかで会ったら友達になってください」とおっしゃっています。本当にどこかで会えたらいいな、と思います

    掲載日:2007/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが長さん作品!

    この頃この絵巻えほんシリーズにはまっている息子。
    ただひたすら広げるのがとっても楽しいようです。
    この作品は水族館が舞台。そして登場してくる魚の名前がとってもユニーク。それに比例して、絵もユニークです。
    「ママ、これみて〜。」と何度となくよばれました。
    文字のない分、色々な創造ができるようです。
    子供達の表情も、色々ちがっていて、そのあたりも楽しい様子でした。

    掲載日:2006/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最高!!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子8歳、女の子6歳

    この本は絵巻です。
    だから広げるとかなり大きくなります。
    入り口は大きな魚の口(表紙)。
    水族館の建物自体もかわっているんです。
    そして中の魚は、みんなが驚くびっくりする魚がたくさんいます。
    私の子供達は最初の「デブフグ」でデブフグ=お父さんを思い出し、大うけ。
    水槽のガラスがところどころ割れてたり、タコのすみで黒くなった幼稚園児(?)に笑い。
    見れば見るほど・・・ツボに入っていく作品です。
    水族館を出るときは”あそこから”。
    答えは本の裏表紙を見てくださいね。
    超お勧めです!!

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット