だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

子どもとよむ日本の昔ばなし9 三まいのおふだ」 みんなの声

子どもとよむ日本の昔ばなし9 三まいのおふだ 作:おざわ としお ふじい いづみ
絵:たけとみまさえ
出版社:くもん出版
本体価格:\450+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784774310992
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,732
みんなの声 総数 8
「子どもとよむ日本の昔ばなし9 三まいのおふだ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の一人読みにも。

    「三まいのおふだ」は,親の私自身も子供の頃に好きだった昔話の1つです。
    ドキドキする怖さと最後のオチがたまりませんね(笑)。
    昔話だけに,絵本もたくさん出ていますが,こちらの「三まいのおふだ」はくもん出版なだけにわかりやすい文章で読みやすく,子供の一人読みにもぴったりなのではという印象を受けました!

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 説明不要の名作

    小1 6歳の息子に読んだ本となります。

    説明不要の昔話となりますが
    絵が現代タッチですので、とっつき易い内容となっています。

    お師匠様から頂いた、さんまいのおふだで九死に一生を得るお話ですが
    何度読んでも素晴らしい昔話ですね。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話

    くもん出版の子供と読む昔話シリーズが好きなのでこの絵本を選びました。勢いのある文章が良かったです。お婆さんの凄みのある表情を描いた場面も圧巻でした。主人公の師匠がとても機転が利くところはさすがだなと感動しました。物語の終わり方の言葉も独特で良いと思いました。昔を感じられる絵も素敵でした。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが大好きなお話

    そろそろ日本の昔話に親しんで欲しいと思い、選びました。私も大好きだった3枚のお札。山姥ではなくて鬼婆、ラストが餅に包んで食べるではなくて火にくべる、でしたが、基本はほぼ同じでした。怖いけれど面白いお話は、娘にも好評です。お値段のお手頃さとコンパクトさが魅力です。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いもの見たさ

    子供は怖いお話好きですよね。娘も大好き。
    やさしいお婆さんが鬼婆に変わると・・背中の後ろにかくれて、
    のぞきこんで見ています。怖いけど見た〜い(笑)
    絵がちょっとほんわかしているので、怖がりさんにはピッタリです。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り継ぎたい昔話

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    昔話って、自分が小さい頃に読んでいても、ちゃんと話の内容を覚えてなかったりします。

    恐がりの娘が、鬼ばばが出てきたことで本を嫌いにならないように、大声を出すなど恐怖感をあおる読み方をしないようにしました。

    タカズク、タカズク、タカズクヨ
    ヒクズク、ヒクズク、ヒクズクヨ

    このフレーズが気に入ったようで、普段も「タカズク、タカズク・・・」と、となえることもしばしば。

    昔話には華やかさはないけれど、じんわりとよさが伝わってきます。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけどおもしろい

    娘はこの公文出版の日本昔話シリーズが好きです。本も小さいし、文章も簡潔にまとめられてるし、3歳の娘にも分かりやすい。このお話を読んでる最中も娘は怖そうな顔をしていましたがやっぱり読み終わった後に聞いてみたら怖かったそうです。でも最後のおしょうさんの顔を見たらちょっとほっとします。あとこのシリーズには最後に 「こんで よつんこ もんつこさげた」など方言?で締めくくられてます。この意味が知りたいです。

    掲載日:2006/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすいです

     みんなが知ってる三まいのおふだ・・・
    昔子供の頃に読んでもらったときはとても怖かったイメージがありましたが、この絵本の絵は、そんなにひどく恐怖を感じるようなつくりではないので小さい子にもおすすめです。
     たしかに やさしく微笑んでいるおばあさん顔に婆に代わるときはインパクトがありますが、その尾に婆から必死で逃げる小僧さんを応援する子供は、本当にこの絵本の中に入り込んでいるようでした。
     サイズが小さいのに、中身がしっかりとしているので、ほんとうにおすすめです。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット