モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

おひさまはともだち」 みんなの声

おひさまはともだち 作・絵:正高もとこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2005年05月
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,610
みんなの声 総数 5
「おひさまはともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年中さん向きぐらいの文章

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    3歳になったばかりの娘に読み聞かせました。
    とても気に入ったようで、何度も読むようにせがまれます。
    登場人物は犬、猫、うさぎの3匹ですが、それぞれの話し方が全く違うので、誰の台詞か分かりやすいです。
    文章の少ない赤ちゃん用の絵本が好きだったのに、年中さん向きの絵本のような文章量があるこの絵本を気に入ってくれて、娘の成長を感じました。

    掲載日:2011/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまはみんなの友達

    お日様は、平等にみんなのお友達だと気づいたのがよかったです。

    やっぱり勘違いするのも仕方ないと思います。

    お日様は、平等にいつもみんなのことを見ていてくれるからです。

    お日様が出てくれると暖かいし、ほかぽかして陽気な気分になれるし、

    「ぬくぬく ぽかぽか ぬくぬく ぽかぽか」がピッタリの表現に嬉し

    くなります。

    イヌのカンタがネコ、ウサギともお友達になれてよかったです。

    掲載日:2010/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものとも

    こどものともが好きなのでこの絵本を選びました。柔らかい表情と笑顔の描写が素晴らしかったです。太陽がいかに素晴らしい存在なのかを再確認出来る絵本でした。いつもニコニコ笑って皆に温か笑顔をもたらす太陽に感動しました。色々な方法で挑戦している主人公達が愛らしかったです。やっぱり友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人のわたしだって不思議

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    お日様はいつも自分について来る。
    どこに行こうと、どんなに早く走ってみてもおひさまはいつも自分の行く方向へついてくるような気がする。
    大人の私だって不思議に思うことが時々あるんだから。

    水の中に移るおひさまを一生懸命捕まえようとするところも
    かわいらしくてほのぼのする。
    こんなことに子どもは夢中になる。

    おひさまがついてくるようなきがしたり、水に映るものを捕まえたいけど捕まえられないことを「当たり前」と片付けてしまわずにいっしょに不思議だね〜なぜだろうね〜と
    話ができる大人でいたいなと思う。

    掲載日:2007/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おひさまはみんなのもの

    犬のカンタはお散歩をしていて、おひさまが自分を見ていることに気づきました。
    「おひさまはぼくの友達だ」
    でも、うさぎやねこも、「自分をみてる。私のともだち」と言っているのを聞いて、3匹で池にうつるおひさまの取り合いに。
    びちょびちょになって寝転がれば、3匹の上におひさま!
    ぬくぬくぽかぽかと、3匹並んでひなたぼっこをしました。


    おひさまやお月様が、自分が歩くと着いて来るというのは、子どものころからよく言ってきましたが、自分を見ている、だから自分の友達という発想は今までしたことがなく、新鮮に感じました。
    必死に取り合っている間は、3匹には上に本当のおひさまがいることなど目に入らなかったのでしょうね。
    そのへんが子どもらしくてかわいらしいです。
    素朴な雰囲気のイラストなのですが、3匹の表情が豊かです。

    これはこどものとも590号(2005.5)ですが、前作に「くものわたあめ」(こどものとも年中向 2001.7)があるようです。
    前作とはいえ、「くものわたあめ」は、3匹がすでに友達になってからのお話のようで、今回は友達になったころのことを描いたとのことです。
    是非、「くものわたあめ」も読んでみたいと思います。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット