教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記 教科書にでてくる 音楽家の伝記の試し読みができます!
監修: ひの まどか 編集: 講談社  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
有名音楽家25人の伝記が1冊に!

トンボしょうねん」 みんなの声

トンボしょうねん 写真:石亀 泰郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2004年
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,440
みんなの声 総数 6
「トンボしょうねん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • えぇ〜!!

    この本は特に男の子にとっておすすめの本でした。登場している男の子が、両手と口にトンボをはさみまくってます!!!うちの子はその様子を見て、「かっこいい〜!!」って言ってました。特に口にはさんでるのがやってみたいそうです。来年ぜひトライしてみてね。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさなかがくのとも

    ちいさなかがくのともシリーズが好きなのでこの絵本を選びました。御母さんと一緒に森の中で散歩しながら時間を過ごす主人公は幸せの笑顔でとても愛らしかったです。お母さんが息子の希望をどんどん応援している姿に感動しました。どうしたらいいのかを先に言うのではなく息子に聞かれてから言う姿が素敵でした。自然の中に飛び出したくなる絵本です。

    掲載日:2009/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真絵本

    トンボ少年の妹が、裏表紙に真剣な眼差しでトンボを持っているのが

    とても印象に残ります。

    この女の子のおかあさんもきっとトンボ少女だったんだろうなあって

    思いました。トンボ少年がおかあさんから、手に9匹のトンボと口に

    1匹のトンボを銜えたのにはびっくりしたし、なんだか感激してしまい

    ました。

    写真で少年の不安、喜びなどの表情が伝わってきます。

    あどけない少年の顔から、真剣の眼差し、やり遂げた達成感、安心する

    様子が伝わってきました。

    おにいちゃんを見ていて、女の子もやりたくなったんだと思います。

    少年に教えるおかあさんの優しさも伝わってきました。

    親子で自然の中で遊ぶ、親から子への遊びの伝達がよかったです。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正しいトンボの持ち方

    トンボの正しい持ち方、ご存知ですか?
    両の指に挟んで8匹、最後はなんと!口で(羽を)くわえて9匹!
    これでトンボ少年に認定です。

    最初はこわごわ、だんだん真剣になってくるトンボ少年のたまごくん。
    最後は口ィ?!
    驚きも喜びもみんな写真のなかに収まっています。

    私も娘も、9匹目はどうやって持つんだ?と首を傾げながらページを繰ってビックリ&ケタケタ!
    もちろん笑ったのは娘。
    二度続けて読んで、二度ともケタケタ。
    ……今度やらせたろ!

    掲載日:2007/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつか本物のトンボで

    1匹、また1匹と、指の間にトンボをはさんでいく少年。両手がいっぱいになると・・・口の中にも!そんなお兄ちゃんの様子を、後ろからじっと見つめる小さな女の子。私もいつか大きくなったら、お兄ちゃんみたいになりたいな・・・驚きと羨望の眼差しで、食い入るように本を見つめているのが、うちの娘です。娘は、家の中に頻繁に入ってくる「あしながの蚊」(何と言う名前なのでしょう?)のことを「トンボのあかちゃん」と呼んでいますが、その「トンボ」をつかまえて(瀕死の状態にしてから!)手のひらにのせ、「あかちゃんだから、まだたかいおそらをとべないんだね。おかあさんが、むかえにきて、おんぶしてくれるから、だいじょうぶだよ」と、いろいろ世話を焼きながら、たいそうかわいがっています。この子にもいつか、トンボしょうねんのように、大きな本物の、生きたトンボを(!)心行くまでつかまえさせてあげたい!そして、「昆虫博士」にはならなくてもいい、ただ純粋に生き物が好きな「トンボしょうじょ」のまんま、大きくなってほしい、と願っています。

    掲載日:2007/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫好きにはたまらない。

    • 佐保姫さん
    • 30代
    • ママ
    • 秋田県
    • 女の子4歳

    トンボを捕まえて指の又に羽を次々とはさんでいく絵本です。
    最後は口まで使います! そこまでいって初めてトンボしょうねんの免許皆伝です。

    虫好きの娘が燃えないはずはありません。
    幸い、去年の夏の終わり、秋田に引っ越した娘は、その野望をかなえました。

    数え切れないくらいのトンボの群れに狂喜しましたとも。
    そして、彼女はトンボしょうじょになったのでした。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


23人の絵本作家から未来の子どもへメッセージ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット