庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かみなりコゴロウ」 みんなの声

かみなりコゴロウ 作:本間正樹
絵:とよた かずひこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784333020836
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,138
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい雷の子

    このお話は、ある日蜘蛛から落ちてきた雷の子どもコゴロウと男の子のしょうたのお話でした。コゴロウのお父さんがとっても厳しいしつけをしていたので、コゴロウがとっても礼儀正しいのにうちの子もびっくりしていました。雷の子のイメージって乱暴とかやんちゃなイメージがうちの子にはあったらしいです。こんな礼儀正しい雷の子なら会ってみたいですね。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • チチウエ

    とよたかずひこさんの絵に惹かれて選びました。

    かみなりの子のコゴロウがとても可愛く画かれています。

    御馴染みのとよたかずひこさんの絵を眺めているだけで、ゆったり出来

    て微笑んでしまいます。

    コゴロウから、靴の揃え方を学べます。やっぱり、靴を揃える子に育て

    たいですね!コゴロウのチチウエが厳しいですが、愛情がいっぱい感じ

    られてよかったです!

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいカミナリさま

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。まだ、カミナリがよくわからないらしく、ごろごろ音が鳴っているのだけはわかるみたいですが、ひかっているところが分からないので、それがわかればいいなーと思いました。

    しかし、この絵本ではその様子を理解するのは難しかったかも。コゴロウくんが空から靴を拾うために落ちてきて、一緒に遊んだり、おやつを食べたりするお話だからです。ま、本当にはそんなものはいないので、おとぎ話程度に捉えてくれればと思っています。

    でも、このコゴロウくん、とてもお行儀がいいのでそれがとてもびっくり。靴の脱ぎ方も丁寧だし、お母さんへの挨拶も丁寧。こういうお行儀をよくしましょう、というメッセージもあるのかも。作法を教えてあげるには手ごろかもしれませんね。

    かえってしまったら、コゴロウくん、お父さんのカミナリ様と会話をしながらカミナリを落としているらしいですが・・・そこはちょっとアップでは絵がなかったので、想像するのも困難ですね。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは良いですね!

    行儀がよい子になれるという、「しつけ絵本」シリーズです。

    靴を履いたカミナリの子、かみなりコゴロウのお行儀の良さを通して、
    玄関の靴を揃えるという行動と、その利点をさりげなく教えてくれる、
    わかりやすいしつけ絵本です。

    ストーリー性もあり、笑えるポイントもいくつかあり、これは良いですね。
    幼児向けの絵本ですが、小学生の息子にも是非読ませたくなりました。
    今からでも、靴を揃えることをしつけたいと思います!

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外にハマってしまった..

    靴を 脱いだら 揃えましょう!!
    って しつけ絵本 らしいのですが...

    絵を とよたかずひこさんが 書いているのもあって
    子どもウケもよく 楽しく読めちゃいます。

    かみなり坊やが 靴 を履いてる!!

    って とこから ツボ入って 
    大笑いしながら 読みました。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • しつけ絵本ですが・・・

    「しつけ絵本」と描かれていますが、楽しいお話しの中に
    さりげなく描かれているしつけが子どもたちに押しつけになってなくて
    とても良いお話しだな〜って思いました。
    そして、かみなりと一緒におやつを食べるとか、
    かみなりの靴がこういう仕掛けがあるんだ〜ってところにも
    ワクワクしてきて、この靴、はいてみたいな〜って感じますね。
    そして、コゴロウのあいさつがやけに丁寧で
    かわいらしく、子どもたちも
    「ふふっ!かわいい!ちゃんとあいさつしてえらいね〜」と
    あいさつについて触れてました。
    「ああしなさい、こうしなさい」と口うるさくいうしつけよりも
    さりげなく子どもたちが「ああ!こういう事書いてあったな〜」
    って感じられるようなこういったお話しを一緒に楽しむことが
    しつけにつながるんじゃないかな?って思います。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 靴を揃えないとどうなる?

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、男の子1歳

    しょうたくんとゆうこちゃんの兄妹のところへある日雷の子がやってきた!名前は、コゴロウ。
    コゴロウは、銀色の靴を履いていて、しょうたくんとそっくり!

    しょうたくんは、靴をそろえなかったのに、間違えて揃えてあるコゴロウの靴を履いてしまったからさぁ大変!

    自分のくつをなかなかそろえない子いませんか?
    うちの子がまさにそうです!!!何とかくつを揃えてくれたらと思っていましたが、まずは、靴の向きを自分に向けて並べておけば、次に履くときに、楽チンだよということを教えてあげようと思いました♪

    絵は、私も子供も大好きな、とよたかずひこさんの可愛らしい絵で、すんなり絵本の世界に入っていけます☆彡 しつけの絵本と堅苦しく考えず、親子で楽しんで読める本です。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちは普通の物語として

    靴は脱ぎっぱなしにしないできちんとそろえよう・・・というしつけ絵本ですが、うちでは普通の物語としてみていました。

    大好きなとよたさんの絵はとてもかわいいし、お話もありえない世界で親子共々わくわくしました。

    まず初めのページで、雲から小さい靴が落ちてきます。もうそこからどういう話になるんだろうって早く次をみたくなりました。コゴロウの行儀のよさに思わず微笑んでしまいます。このコゴロウの靴が凄いんです。ドラえもんのポケットからでてきた靴みたい?!

    しつけ絵本は苦手・・・というかたもいらっしゃると思いますが、この本はいかにもしつけだけ促している・・・という本ではないので、物語を読む気分でみることもできますよ。

    掲載日:2006/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 靴を脱いだらそろえようというのがテーマ

    しつけ絵本シリーズです。靴を脱いだらきちんとそろえよう!というのがテーマでした。ちょうど我が家の娘もお友達のおうちに行く機会が増えてきて、靴をそろえて脱ぐというのを覚えた時期だったのでジャストタイミングでした。
     絵も娘の大好きなももんちゃんシリーズのとよたかずひこさんが書いたものだったので楽しかったようです。

    掲載日:2006/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット