あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おさるのやま」 みんなの声

おさるのやま 作・絵:いとう ひろし
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2005年05月
ISBN:9784061981584
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆったり、たっぷり

    私も息子も大好きなおさるシリーズ、今回は「山」のお話です。

    おさるが山のてっぺんを目指して登りますが、登っても登ってもまだまだ先がありました。
    その繰り返しが息子には面白かったらしく、爆笑でした☆

    山の気持ちになってみる。
    考えたこともありませんでしたが、読み聞かせしながら、おさると一緒に山の気持ちになってみました。

    昨日も今日も明日も無い、いつまでも続く今・・・
    ゆったりと、たっぷりと、豊かな気持ち。
    この本を読んでいると、そんな不思議と癒される気持ちになってきます。

    いつもおさるに優しく寄り添うおじいちゃんの存在も大好きです。

    まだまだ続編も読みたいな〜と思うシリーズです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きい山

    一人で冒険する勇気を感じたり、大きな山のように、最後まであきらめない強い気持ちを感じたりしました。
    山の気持ちって考えたこともなかったのですが、どんな気持ちなんでしょう?
    私の想像では、ゆったり・どっしりかな?
    山が生きているように思えます。

    掲載日:2012/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山の気持ちになってみる

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子10歳、男の子7歳

    私も大好きなおさるシリーズですが、今は次男がマイブームで借りてきました。

    おさるの島にすむ、おさる君
    島にある大きな山に登ってみることにします。
    そして、一面が見渡せる山の気持ちを考える。
    山の頂上でのーんびりとして雄大な感じにひたっているおさるくん
    そのページが何ページも続いていて贅沢だなーと思いました。

    毎回共通ですが
    おじいちゃん、お母さんに見守られ、のんびりと島でくらしている
    おサル君の姿に温かい気持ちになりました。
    のんびりとした中に少し哲学的な部分が入っていて
    大人が読んでも楽しいです

    掲載日:2011/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • やま

    いとうひろしさんの大好きなおさるシリーズです。
    図書館で見たことのないおさるシリーズがあったのを
    上の子が見つけ借りて読みました。
    おさるの住む島にある山のお話でしたが
    何にも動じずみんなを見守っている山ってまるでお父さん
    お母さんのようだなぁ。と思いました。
    おじいちゃんもいい味だしてます。
    沢山文章があるわけではないのに色々な事を感じさせて
    くれる絵本と言うより童話に近い本です。
    活字が大きいので年長さんくらいからでも
    一人で読めると思いますがもう少し大きくならないと
    内容がわからないかなって感じです。
    可愛い絵も親子で気に入ってます。
    本当にこの絵本は癒されます。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力の抜けた感じがあるのが魅力

    「ぼくは おさるです」で始まる出だし。淡々として、それでもあるおかしみを誘います。山のてっぺんを目指すという、おさるにとってはある意味偉業的なことに挑戦しても、力の抜けた感じがあるのが魅力です。

    子どもにとっては、おさるの子どもというのがとても身近に感じるみたいです。

    おさるシリーズによく登場するおじいちゃんが、いつもいい味出していると思いました。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆっくり成長していこう

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    図書館で、おさるシリーズの見たことがない本があったので、早速借りてきました。

    おさるシリーズは、おさるくんの一人語りで何気ない日常が語られるのですが、その中に人生訓のようなものが織り込まれています。ですから、何気なくページをめくっているつもりだったのに、読み進めていくうちに心がユラユラしてくるのです。
    読みながら哲学することが出来る『あな』(谷川俊太郎:作)に感じが似ています。

    今回のおさるくんは、いつも自分達を見守ってくれる山について考えます。そして山の気持ちを知るべく山のてっぺんに登ってみるのです。
    おさるくんは、てっぺんに登って山と同化することで、山の気持ちを知ることが出来ますが、今の自分にはまだまだやることがあり、山の庇護の下に戻っていくのです。

    見守る者と見守られる者。今のおさるくんは、まだ見守る者にはなれません。でも、今の自分をしっかり見つめ、自覚することで、いつかは見守る者へと成長していくことでしょう。
    あせらずにゆっくり成長していこう、と優しく諭されているような気持ちになります。

    小さいお子さんにはあまりよくわからないと思います。思春期に入り、自分とは何かを模索し始めた年頃に適しているかもしれません。
    すーっと肩の力が抜けて、新しい元気が湧いてくる本です。

    掲載日:2006/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット