しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たんぽぽ」 みんなの声

たんぽぽ 作・絵:平山 和子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1976年
ISBN:9784834004700
評価スコア 4.73
評価ランキング 906
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 身近なものでも知らないことがいっぱい

    たんぽぽと言えば、その辺の道端に咲いていて、とっても身近なお花
    です。「たんぽぽ」と言えばそれがどの花かはほとんどの人が知って
    いるのじゃないかしら?でも「たんぽぽ」がどんな花なのか、という
    ことは、私はぜーんぜん知らなかったのだなあとこの本を読んで思いました。
    ねっこがすごーく長くて丈夫なこと、いちにちめに咲くお花と、次の日に
    咲くお花では開き加減が違うこと。たんぽぽを形成しているちいさなはなが
    240もついていたりすることなどなど。
    娘と一緒に読みながら「おお!そうだったのかー!」といちいち私の
    方が感嘆の声をあげていたのでした。
    娘だって知らないはずですけれど、それは当たり前だから「そうだった
    のかー!」とはならないんですよね。
    この春、たんぽぽが咲き始めたらいろいろ観察してみたいと思います。
    ちいさなはながいくつあるか数えてみたい気もするけど気が遠くなり
    そうだからなあ。娘も「目がまわっちゃったらどうする?」と言って
    います(笑)。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • タンポポに詳しくなれる

    息子は今タンポポの綿毛をみつけると夢中で取って吹き飛ばします。
    綿毛のタンポポと黄色のタンポポが同じだと気づいているか疑問もあってこの絵本を読みました。
    リアルなタンポポの絵に子供も喜んでいました。
    タンポポの花が咲いて夕方とじるなんて私はまったく知らなかったのでとても勉強になりました。
    親子でためになる良い絵本だと思います。

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい絵本でした。

    古い絵本です。

    シンプルなタイトルに惹かれました。

    実際のたんぽぽの大きさで描かれているそうです。

    たんぽぽのいろいろなことが細かく書かれていました。

    いい勉強になるとともにたんぽぽに興味が湧きました。

    難しくなく楽しくたんぽぽがわかります。

    本当にいい絵本でした。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないことがたくさん!!

    ちょうどたんぽぽがたくさん咲いている時期に、この絵本を
    娘に読みました。
    たんぽぽのことわかっているつもりが、全然わかっていなかった
    ことに、自分自身驚きました!!
    幼児向けの絵本なのに、こんな深く教えてくれるなんて!!
    身近なものを深く知ることって、大切ですね♪
    とても素晴らしい科学絵本だと思いました!!

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写実的でいきいきとした絵

    『くだもの』や『おにぎり』などなど、平山和子さんの描く写実的で生き生きとした絵はいつも感動的です。
    こちらもまた本当のたんぽぽを眺めているような気分になれました。
    2ページに渡って描かれた土の中でのびている根や、ひとつの花が小さな花の集まりであることなどなど、たんぽぽの特性がよくわかる内容になっています。
    この絵本を読んでから、たんぽぽのことがもっと好きになりました。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないことがたくさん!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    たんぽぽの綿毛をふぅーっと飛ばすのが大好きな
    2歳の娘と読みました。

    冬の間から、低い位置に葉っぱがあるタンポポの場面から
    話は始まります。
    娘は花と綿毛を待ちきれない様子で、
    「タンポポ、まだ咲かないの?」と、そわそわ。

    タンポポの根っこがこんなに深いこと、
    根っこを植えても、そこから茎が伸びて花が咲くことを
    私はこの絵本で始めて知りました。

    そばで聞いていた7歳の長男も、
    「そうかー!だからタンポポって、強いんだね!」と納得。

    花も、お日様が照ってる間しか咲かないこと、
    曇りの日は開かないことなど、
    普段意識してないけど、そう言われれば、そうかも!と
    再発見。

    それにしても私はなんてタンポポについて
    知らないことが多すぎたのだろう、と
    2歳と7歳の子供たちを前に反省。

    娘はもちろん絵本の中の綿毛をふぅーっとやって
    喜んでいましたが、
    どちらかといえば私と長男が詠むべき一冊だと思いました。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぱぱの生命力の強さはねっこの長さにあるのかな
    ふまれてもこんなにながいねっこなら平気ですね

    たんぽぽコーヒーはこの長いねっこを乾燥させて焙煎して飲むのですがカフェインがなく子どもや妊婦さんにもいいそうです

    たんぽぽの花が開いて夜に閉じてねむります
    花は小さな花の集まりで 240もあつまっているなんて 感動です!

    そして花が咲き終わると わたげになってかぜにのって飛んでいき
    たんぽぽを咲かせるのですね
    生命力の強さに 勇気をもらえます
    わたげが開いたときすごくきれいです!

    ぷ〜っと息を吹きかけるととんでいくのですが これがまた楽しいんです(子どもと一緒にたんぽぽで遊んだことを思い出します)

    掲載日:2014/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • タンポポってすごい

    6歳長女に借りたのですが、4歳次女が夢中になって聞いていました。
    もちろん私も夢中でしたが。

    たんぽぽって根っこが深いことはなんとなくは知っていましたが、こんなに深いとは。そして途中で切ってもちゃんと花が咲くなんて。すごい花なんですね。たんぽぽの生命力に脱帽しました。見習わないとなと。絵もとっても素敵で。写真のようです。これからたんぽぽを見るのが待ち遠しくなる絵本です。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • たんぽぽはたくましい

    寒い冬、春が待ち遠しいなあと感じ選びました。
    たんぽぽはとっても身近なお花。子どももよく知っているし楽しいかなと一緒に読みました。
    読めば読むほど、たんぽぽの知らなかったことがいっぱい。そしてなんともたんぽぽのたくましいこと!子どもとすごいねーと感心しながら読みました。
    丁寧に描かれた絵と、文章でとてもわかりやすかったです。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綿毛を飛ばしたくなる

    4歳の息子に読みました。

    知識絵本のたぐいはあまり好きではなかったのですが、ちょうどたんぽぽの季節にこの絵本を知り、根っこが長いことなど、現物を見てもわからないことが書いてあって面白そうだと思って読んでみました。

    読んでみたら、予想以上に楽しめる絵本でした。たんぽぽが朝開いて夕方閉じることや、綿毛になる前に茎がぐんと伸びることなど、私も知らないことがたくさんでした。

    息子は花を一つずつばらばらにしたページが気に入ったようです。虫眼鏡で見たように描いてあるのですが、早速実践したくなったようです。

    掲載日:2012/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット