かさちゃんです。 かさちゃんです。
作・絵: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
雨の日のおでかけも楽しくなるよ!

くまくんのおともだち」 みんなの声

くまくんのおともだち 作:E・H・ミナリック
絵:モーリス・センダック
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1972年
ISBN:9784834003468
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,937
みんなの声 総数 8
「くまくんのおともだち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 出会いの喜び&別れの寂しさにじ〜ん。

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    私とは正反対で、夫は子ども時代に絵本を読んだ(読んでもらった)記憶がまったくないそうです。そんな夫が唯一、実家から持ってきた絵本が、このシリーズの1作目『こぐまのくまくん』でした!
    ラッキーなことに、昨年の図書館祭り・リサイクルブック市で、シリーズ残りの3冊を、無料でいただいてきました♪

    2年生の次女と、毎晩連続で楽しんだので、感想を・・・。

    くまくんは、夏の間、家族でキャンプに来ていた、人間の女の子=エミリーと友達になります。
    ふくろうの開くパーティに、いっしょに出かけ、その途中に、あひるくんの子守を手伝い、パーティではハプニングが起き・・・???

    仲良くなったともだちとの別れは寂しいもの。
    くまくんの心情を思うと、とてもせつなくなります。

    でも、優しい父さん、母さんに励まされて、素敵なお手紙を書くラストシーンは、あたたかい気持ちでいっぱいになります♪

    4つのお話から成る『はじめてよむどうわ』シリーズですが、どのページにもカラーの絵(そう!『かいじゅうたちのいるところ』で有名なセンダックさんの、繊細で美しい絵ですよ〜!)が入っていて、絵本感覚で楽しむことができます。

    掲載日:2008/04/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • すてきな夏

    • もぞもぞさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 女の子5歳、女の子3歳

    夏休みにくまくんの住んでいる近くに、人間のエミリーがキャンプに訪れます。仲良しになった二人が夏の間たのしく過ごすのですが、夏のおわりとともにお別れがやってきます。

    娘は、まるで自分がエミリーになったかのように、羨ましそうに聞いていました。くまさんとお友達になって一緒に遊び、いろいろな動物とパーティーにいき、冬になったらクマくんから手紙をもらうなんて。

    くまくんの表情も見ているだけで楽しいです。エミリーちゃんも人形とお話ができたり(と、くまくんは信じている)、クマくんと別れるときにお人形をあげたけれどもやっぱりやーめた、ととっても子供らしくて大人も思わず笑ってしまいます。

    他のシリーズも買ってとせがまれています。

    掲載日:2008/04/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • センダックの挿絵がかわいらしい

    自分の楽しみのために、集めた本の1冊です。
    モーリス・センダックの挿絵がたくさんはいっています。

    くまくんのなかよしお友だちは、フクロウ、めんどり、アヒル、ねこ、
    そしてその夏、エミリーという少女とおともだちになりました。

    この4つのおはなしは、エミリーの一家が、季節が変わって、帰ってしまうまでのおはなしです。

    あひるの赤ちゃんのお守りをしたり、ふくろうのパーティに行ったりと
    楽しい夏が過ぎてゆきます。
    最後にエミリーが帰ってしまうと、くまくんが大粒のなみだを流すところは切ないです。
    お母さんはやさしくだっこしてなぐさめてくれます。
    くまくんは両親に応援をしてもらって、エミリーにおてがみを書きました。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな夏休み

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    テディベアと女の子の物語かと思ったら、本物のこぐまくんなんですね!
    短編が4話かかれています。
    はじめてよむどうわ、とあるように自分で本を読むきっかけにいい本だと思いました。
    毎年毎年ずーっとこの女の子とくまくんの交流が続くといいなー。
    毎年夏に会うおともだち。すてき!

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • さみしい

    このシリーズで一番好きかもしれません。こどもだとおもっていたくまくんですが、別れを体験するときなんて、ちょっとお兄ちゃんになったようなかおをしています。寂しくてママに抱きつく姿なんて、胸が痛いですね。すきなおともだちとわかれるのはさみしい。でも次またあえるよろこびがあります。お手紙を一生懸命書く姿がけなげです。

    掲載日:2014/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めての手紙

    くまくんに新しい友だちができます。
    夏休みに遊びに来ていた女の子エミリーです。
    いつも一緒に友だちと新しい友だちと、楽しく過ごします。

    でも夏休みが終わり、エミリーとの別れが来ます。
    くまくんにとってお友だちとの初めての別れなのでしょうね。
    おとうさんもおかさんも、その寂しさに寄り添っているのがいいですね。

    字が書けないくまくんが、おかあさんに教えてもらってエミリーに手紙を書くところが泣けますね。

    くまくんがエミリーの人形を直してあげるところは、くまくんがエミリーを大事に思っていることが伝わります。
    くまくんが両親は祖父母から大切にされているから、くまくんもエミリーを気遣えるのでしょうね。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひと夏の思い出

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    くまくんは、森の中で木に登り、あちらこちらを眺め、虫や動物たちとおしゃべりをして、ゆっくりと木から下りてくると、ひとりの女の子と出会いました。その女の子は、川の近くにテントを張り、夏の休暇を過ごしていたのです。

    子ども同士のゆったりとした時間の流れの中で、楽しくのびのびと過ごす様子が、センダックの優しい挿絵とともに描かれています。
    出会いから別れまでの間の、充実した時間を感じることができます。
    人間との出会いに、何の抵抗もなく、楽しく遊んでいる様子は、なんともいえないいい雰囲気です。
    気になるのは、エミリーのご両親はどのように捉えていたのかなということです。
    くまくんの優しい気持ちは、両親の思いがあったからこそで、見習わないといけないことだと思いました。

    掲載日:2009/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもっていいな。

    • いそさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳

    センダックの挿し絵がすばらしい「こぐまのくまくん」シリーズの中の一冊です。

    くまくんが、人間の女の子、エミリーと知り合い楽しい夏を過ごし、夏が終わってエミリーが学校に帰るまでの夏の思い出といった内容です。大人には時間がゆったりと流れていた子供時代の夏休みを思い出させてくれます。

    特に微笑ましいのはふくろうがパーティーを開くという内容のお話で、パーティーの出席者はいつものメンバーねこ、あひるくん、めんどりにくまくん、エミリーそしてエミリーの大切なお人形ルーシーです。パーティーに行くまでの道のりでおこるパプニングもかわいいし、パーティでルーシーを襲った災難!その中でのみんなのやりとりや表情がたまらなく可愛い(大人には)!
    こどもってホントにどんなことにも一生懸命なんだよね〜って思います。

    最後にエミリーが学校にかえるときのくまくんの表情・・。でもくまくんはエミリーにお手紙を書きたいので一所懸命字を覚えてお手紙を書くんですよ!

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット