おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

いたずらかいじゅうビリー!」 みんなの声

いたずらかいじゅうビリー! 作・絵:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1993年
ISBN:9784032024708
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,125
みんなの声 総数 24
「いたずらかいじゅうビリー!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 人間と一緒♪

    かいじゅうって名がつくので、ちょっとこわいのかしら??なんて
    思っていましたが、内容は、とってもかわいくて、大好きな絵本の
    中の1冊になりました♪
    かいじゅうの姉弟のお話なのですが、人間の世界と一緒!!
    微笑ましく読むことができました。
    最後は笑顔になれる、おすすめの絵本です♪

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟ってこんな感じかも

    兄弟がいると、上の子、下の子の

    遊びのレベルの違いがあって、こんな感じで

    けんかするんでしょうね。

    下の子は上の子と遊びたいだけ。

    上の子は邪魔されず遊びたいだけ。

    この絵本はそのあたりをとってもうまく

    捉えていると思いました。

    だけど決して仲が悪いわけじゃなく、

    お互いが大好きなんだということが

    よく伝わりました。

    掲載日:2014/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで我が家の姉妹

    「ビリーシリーズ」を読んでから、このシリーズはまりました。きもかわいいとでもいうのかな。そんなに可愛い怪獣なんて言えないのに、5歳長女はお気に入りです。

    かいじゅうビリーのお姉ちゃんヘイゼル。ビリーはヘイゼルの真似ばかりをしたがります。おもちゃを使っていろいろ作ってるととどんどん壊されていってしまうヘイゼル。怒るヘイゼルにおじいちゃんおばあちゃん、お父さんお母さんは「小さいから」といって、ヘイゼルに貸してあげるように言いますが。まるで我が家の5歳3歳の姉妹のよう。確かに「小さいから貸してあげてね」と言ってしまうときも。でもこのお話を読むとちょっと可哀想なヘイゼル。でもそんなヘイゼルがビリーを温かく見守っている様子が最後にわかって安心しました。

    これから我が家でももっと長女の気持ちをくみ取ってあげたいなと思いました。

    掲載日:2013/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに今

    まさに今赤ちゃんである弟にこれをされている長男と読みました。
    おもちゃを邪魔されて、みんなには赤ちゃんなんだから
    お前が我慢しなさいって言われる。
    理不尽な気持ちです。
    めちゃくちゃにする赤ちゃんも悪くないし
    お姉ちゃんも悪くない。
    そうなんです。ちょっと大人になって見ればいいですよね、

    だって、ビリーはやっぱり赤ちゃんなんだもん、って。
    とてもかっこいいラストです。
    誰も悪くない。こうやって乗り切るんだなと思いました!

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘイゼルはお姉ちゃん

    ヘイゼルは、りっぱなお姉ちゃんですよね!
    弟のビリーに邪魔されても邪魔されても、弟をいじめないのですから。
    ビリーばかりを尊重する家族の様子には、疑問を感じましたが、ヘイゼルのこともちゃんと愛しているのですよね。
    眠っているビリーを横にしてカードゲームをしている雰囲気から、家族の仲の良さがわかりました。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りでした

    この緑色のかいじゅう家族がとっても気に入ってました。かいじゅうの赤ちゃんのビリーがとってもわがままな様子を見て、「こんなこと言ってばっかなのは赤ちゃんの証拠だね!」って言って、自分はとってもお兄さんな感じでふるまってました。大して変わらない年なんですが。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お姉ちゃんに

    こどもってかいじゅうに見えますよね〜^^

    どぎついけど可愛い、みどりいろのかいじゅうの姉弟のおはなしです。


    かいじゅうのおんなのこのヘイゼルがなにをしていても、

    おとうとのビリーが「ぼくも!」といってめちゃくちゃにしてしまいま

    す。ゲームも、おにんぎょうも、つみきも!ヘイゼルはうんざりします

    が、まわりのおとなはみんな「やらせておあげ」っていうのです。


    いたずらかいじゅうのシリーズって、こどもに読んではずれはない気が

    します…みんな、身に覚えがあるからよく聞くのかな?あとちょっと絵

    が奇抜で間違いなく目を引いて見やすいっていうのもある。

    この本は、下がいるお姉ちゃんはほんと、よく聞きます。最後のヘイゼ

    ルの作戦がうまくいくくだりはもうにやにや。ビリーっぽい子には、

    「いたずらかいじゅうのたんじょうび」のほうが自分目線で楽しいかも

    しれないです。

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたかかい目で見られるようになったら

    3歳の息子に読みました。息子は一人っ子なので、ヘイゼルのような気持ちを味わったことはないはずですが、「これは嫌だよね・・・」というような顔で聞いていました。

    小さな赤ちゃんがいて、色々やらかしてくれると、大人でも叫びたくなるのだから、小さなお兄ちゃん、お姉ちゃんだって同じだろうなと改めて思いました。

    そういうのを受け入れていくことで、上の子はだんだん本当のお兄ちゃん、お姉ちゃんに(私たちも親に)なっていくのかなと感じました。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おねえちゃんの勝ち

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    いたずらかいじゅうのビリーは、おねえちゃんが大好き。

    だから、おねえちゃんがあそんでいるところへ行って、自分も一緒にあそぶのですが、おねえちゃんはビリーにうんざり。

    そうですよね、赤ちゃんがいると、思うようには出来ないのです。

    だけど、ビリーを泣かさずに追い払うには・・・。

    兄弟がいる家庭では、ありふれた光景だけど、絵本で読むとまるで人事みたいに読めて、やりとりがおもしろいんじゃないかな。

    一人っ子のお子さんも、これを読んで、おねえちゃんの気持ちを味わってみたらいかが?

    掲載日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下に弟や妹がいる子に

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子9歳、女の子6歳、男の子3歳

    家族でボードゲームをしていれば、ちいさなビリーがそれをひっくり返し、お姉ちゃんのヘイゼルがおもちゃで遊び始めれば次々邪魔をする・・・。
    大人たちも、ちいさなビリーに「やらせてあげて」と言う・・・。

    こんな光景は、兄弟のいる家によく見られることです。
    そして、やっぱり我慢を強いられるのはお兄ちゃんやお姉ちゃんの側。
    下に弟や妹がいる子なら、とっても共感できる絵本です。

    うちの子どもらは3人兄弟。
    普段からなにかにつけて、上の子は我慢することも多いだろうな〜。
    末っ子に読み聞かせながら、上の子も「おもしろい」と言って見ていました。

    お姉ちゃんのヘイゼルも我慢するばかりではありません。
    いいことを思いついたかのようにウインクしているページ、見ていた上の子は「ふふふ」って思ったのではないかな〜。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット