だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ちいさなしろいさかなのたんじょうび」 みんなの声

ちいさなしろいさかなのたんじょうび 作・絵:ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳:ひしき あきらこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784577030646
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
「ちいさなしろいさかなのたんじょうび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 学べる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ヒド・ファン・ヘネヒテンは、ベルギーの絵本作家。
    幼児・低学年向けの絵本を次々と執筆しており、世界的な人気絵本作家で、彼の本は世界30カ国以上で翻訳されているそうです。
    彼の作品では、「ずっとママといっしょがいいの」が、印象に残っています。

    物語は、ちいさい白いさかなが、2歳の誕生日を迎えて、パーティに誰を誘うか思案しているシーンから始まります。
    最初は、ウニ。
    小さなウニと大きなと出会い、
    「ぼくのバーティに来ませんか?」と誘います。
    それから次々に海の仲間を誘うのですが、太い細い、長い短い、真っ直ぐと曲がったなど、誘う対象がいつも対になって登場します。
    その対というのが、なかなか分かり易く、学ぶという観点からも考えられている作品です。

    ちいさい白いさかなは、誰が来るかと気が気でないのですが、全員参加というエンディングは、とても好ましいもの。
    単純なストーリー展開ではありますが、色々な要素があって、このシリーズの中では、特にオススメできると思います。
    特に、2歳の誕生日を迎えるころに読み聞かせすると、タイムリー作品と言えそうです。

    掲載日:2011/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 比べる

    小さな白い魚の2歳のお誕生日です。頭にかぶった冠に「2]の数字があるのと、泡が2ッあるのがおもしろいです。ページ毎に泡の色が変わっていく工夫がよかったです。泡の色もそうですが、魚の2匹が、{大きい、小さい。}{よごれた、綺麗。}{ふとった、やせた。}と比べる楽しさがあるし、色もカラフルで楽しめます。真っ黒の中にカラフルな魚もとても目だっています。孫の大好きな黒が全ページに出てきてとてもよく見てました。誘ったお魚全部に祝福されたお誕生日パーティでとてもよかったです。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日

    以前にも同作者の絵本を読んだ事があり素敵だったのでこの絵本を選びました。タイトルが一文字一文字色を変えてあるのがポップな感じでセンスを感じました。あらかじめグラデーションなどを施した紙を切り絵にしている所が素敵でした。黒の背景が主人公達を際立たせていて良いと思いました。沢山の仲間と一緒に誕生日を過ごす主人公が最高の笑顔なのが心に残りました。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2008/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対照的な物比べる

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    2歳のお誕生日を迎えるちいさなしろいさかなの絵本です^^
    対象も2歳くらいにピッタリの内容!
    そして3歳のお誕生日の娘好みの絵本ですw

    海で出会うお友達をお誕生日のパーティに誘うちいさなしろいさかな。
    小さなウニと大きなウニ。太ったタコに痩せたタコ。
    対照的なお友達が次々に出てきます。

    最近大きい小さいに夢中になっていた娘なのでなかなかタイムリーでした。
    「太ったタコはどっち??」と聞くと「こっち!」と痩せたタコをを指さしたり。
    ちょっと曖昧なご様子の娘だけれど何回か読んでいくうちになんとか理解していきました^^

    掲載日:2008/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 黒い海に、カラフルな海の仲間たち

     小さな白い魚の誕生日。海の仲間を、パーティーに誘います。大きなウニと小さなウニ。太ったタコと、やせたタコ・・・。同じ種類の海の生物が、それぞれ反対の様子で登場して、反対語を教えるのに、とてもいい絵本だと思います。
     そして、海の仲間たちは、それぞれ赤・黄・青・ピンク・紫・オレンジ・白で描かれていて、色の勉強にもなります。
    海の背景が真っ黒なぶん、色の存在感が浮かび上がり、コントラストが、本当に綺麗。娘の1歳のお誕生日に購入した絵本ですが、白地の絵本とはまた違った色のイメージを楽しんでいるようで、長い間飽きることなく、絵を眺めていました。

    掲載日:2006/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 対比のことば

    ちいさなしろいさかなは2歳のたんじょうびを迎えます。
    いろんなお友だちにおたんじょう会に来て欲しいと思って誘います。
    一つのページに同じ海の生き物が二人います。
    でもそれぞれ太ってる、やせている そして長い短い・・・など
    見た目が対照的です。
    反対ことばを覚えるのにとてもいい絵本だなと思います。
    ちょうど娘も2歳になったばかりのころに読んだので
    「さかなさんとおんなじ2歳だね」と言って読んであげると嬉しそうにしていました。

    掲載日:2006/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット