にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

あかずきんちゃん」 みんなの声

あかずきんちゃん 作:グリム童話
絵:ポール・ガルドン
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1977年
ISBN:9784593500208
評価スコア 4.38
評価ランキング 10,255
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がすてき

    ポール・ガルドンのあかずきんがあるのを初めて知って読みました。
    やっぱり、絵が素敵です!動きがあって、表情ゆたかで、色がきれい。
    あかずきんちゃんもおおかみも、いきいきと描かれています。
    よく知っているお話も、新鮮に思えました。

    掲載日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情豊かな絵が素敵

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    表情が豊かなあかずきんちゃんが登場します。
    絵が素敵だなと思いました。
    文章もわかりやすくて良かったです。
    迫力があって印象に残る絵本でした。
    有名なお話なので絵本もいろいろ出ているので読み比べてみたいと思いました。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかずきん

    スタンダードな「あかずきんちゃん」です。
    かなり原作に忠実とのことなので、安心ですね。
    文章の量としては少し多いかもしれませんが、そのぶん省略もされていないのでしょう。
    「おかしいわね。いつもは、おばあさんのおうちに くるのが だいすきなのに・・・」
    といった記述は、省略されている本も多いのですが、こちらではしっかりと書かれていました。
    絵も素敵です。
    オオカミは迫力があって、あかずきんちゃんはかわいらしかったです。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思春期の赤ずきん

    誰もが知っている「赤ずきん」ですが、ガルドンの赤ずきんちゃんは現代的で、思春期の女の子のようです。
    赤ずきんちゃんの個性が、この物語では大きなポイント。
    ガルドンのアレンジに新鮮さを感じました。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いたずらっぽい表情がいい

    私が子供の頃に読んだあかずきんはもっと安っぽい絵でした。最近息子に絵本を読むようになってから、ふと気になって、きちんと書かれたあかずきんを探してみました。

    ガルドンの絵は、『3びきのくま』で馴染みがありました。あかずきんちゃんは、『3びきのくま』の中のキャンディと同じようないたずらっぽい目をしていてかわいいです。たしかに、子供のいたずら心がないと、森で寄り道したりしないですよね。とても丁寧で繊細な絵なのに、迫力があり、惹き付けられるものでした。

    ストーリーは馴染みのもので、文章も読みやすかったです。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の豊かさと迫力に大満足!

    『あかずきんちゃん』は誰でも知っているお話で、様々な本が出版されていますが、できるだけ原作に近く子供にとって良い内容の本をと考えて探した末、この本を選びました。
     対象年齢が4歳からで、1歳9ヶ月の娘にはことばが多くて難しいのではと思ったのですが、見開きで描かれている色彩豊かで迫力のある絵に見入るのか、じっと最後まで聞いて(見て)くれます。
     私自身、表情豊かで奥行きのある見どころ満載の絵とお話に大満足です!

    掲載日:2007/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリム童話に忠実な作品です

    グリム童話の定番中の定番「あかずきんちゃん」。
    私も子供のころ大好きなお話だったなあと思い、息子によんじゃいました。
    この絵本も原作にすごく忠実に訳されているのではないかと思います。だって、私の知っているあかずきんちゃんそのものなのです。
    その上、ガルトンの挿絵がすごく素敵で、あかずきんちゃんに話しかけているとき、こんな風に木に寄りかかっていたんだろうなあとか、ルンルンでスキップしていたんだろうなあとか、絵がすごくお話を盛り上げてくれます。
    だからこの絵本を選んで良かったなあとすごく思っています。
    息子も『おおかみと7人のこやぎ』に続くグリム童話デビューでしたが、すごく気に入って、保育園へもっていきたいなあといっていました。

    掲載日:2006/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット