すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ねこにのまれて」 みんなの声

ねこにのまれて 作:本間正樹
絵:矢玉 四郎
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784333020874
評価スコア 4
評価ランキング 20,852
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 躾絵本

    「躾絵本シリーズ」人に優しく出来る子になれる絵本とあったので興味を持って読みました。ヨウスケがおばあちゃんに我がままばかり言うので罰が当たって反省する姿を示しておりますが、あばあちゃん側としては、とても嬉しいことだと思いました。ちょっと我がままを言って困らせてくれるのも私なら嬉しいと思いました。孫がなかなかゆっくり、ゆっくりなので自我が芽ばえたなら嬉しいなあって思ってしまいました。
    きっと子供側ちしては、行過ぎたユウスケの姿に反省をして非を咎めると思いました。絵本から気づけるからお薦めの絵本になると思いました。

    掲載日:2011/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんかわいそう・・・だって

    正直言ってこの本を開いた時、絵が少し怖くて内容以上にインパクトがありました。
    幼稚園児の主人公がおばあちゃんに「やだよ。そんなおやつ。おばあちゃんシュークリームとか買ってきて。」「じゃあ買ってくる」という場面があるのですが、そこで息子はおまんじゅうでもいいのにね。と毎回言います。おばあちゃんさびしそうにでていきます。のところも自分で読むときは強調して読んでいるのできっとわかっているんでしょうね。主人公が猫ちゃんに食べられ、猫の姿からもとに戻りたくても戻れないところでは表情が真剣です。子供は大人よりもずっと想像力が働いているんだなと思います。

    掲載日:2006/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット