庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

カボちゃんのおおそうじ」 みんなの声

カボちゃんのおおそうじ 作:高山栄子
絵:武田 美穂
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年
ISBN:9784652008997
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,269
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • あんのじょう

    大掃除、雑巾をもって集まります。

    でも、悪ガキ二人は案の定、掃除用具で遊んだり、ケンカしたり。そして、窓ガラスを割ってしまいます。

    生徒たちが教室を綺麗にして先生にあやまる姿がすがすがしいです。

    定番の反応だけど、悪くないと思いました。

    子供も真剣に読んでいました。

    掲載日:2016/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく元気におおそうじ

    みんなでするおおそうじって、楽しいなと思える作品でした。

    いつも野菜たちが主人公ですが、いきいきしていますね。

    子供のころ、掃除をさぼってた男の子たちを思い出して笑えました。

    娘も気に入って、面白がっていました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいへんなおおそうじ

    みんなで、お部屋をきれいにしましょうってことになって、いざ始まったおおそうじ。
    ここまで、大変なことになってしまうとは…
    ちょっとびっくりでしたが、みんなで大仕事をやってのけたという一面もあり、もしかしたら、こんな経験をした子どもたちもいるかもしれないなあと思い、身近に感じることができました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • にぎやかな教室

    この一冊はカボちゃんシリーズの中でもとくにダイコンノスケせんせいの苦労を感じる本でした。
    大掃除にありがちな思い出の品に手を止める、掃除道具で遊びだす、一年生のクラスの賑やかさを感じるとこができてとっても楽しかったです。
    最後にはお友達をかばい合い、一致団結する素敵なクラスメイト達を見ることもでき、やっぱりカボちゃんのクラスは素敵だなと実感しました。

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除あるある

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子3歳

    全ページ試しで読みました。

    長男は二年生なのですが、まさに掃除あるある!ですね。先日も掃除時間に誰かがふざけ始めて、悪のりした数人が加わり、注意しようとした子が喧嘩になり、一人抜けようとした子が泣き出し・・・と、まさにこの巻のような出来事があったと先生から報告がありました。

    この本のようにクラスのみんなで協力して解決して、先生もこんな先生だったらいいですね。(現実にはなかなか難しそうですが・・・。)

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい!

    小学校の掃除ってまさにこんなんだったーと読んでいて懐かしい気持ちになりました。どの時代のどのクラスにも掃除をさぼって遊んじゃう子がいるんですね(笑)
    窓ガラスを割ってしまうというトラブルにみんなで協力して考えていく姿、
    ちょっとうるっときてしまいました。1学期の間でこんなにも子供たちは成長するのですね!
    学校あるあるがたくさん詰まったとても楽しいお話でした♪

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ワクワクがいっぱいのカボちゃんシリーズ☆
    2歳6か月の娘と一緒に読んでみました!!
    カラフルな野菜たちに興味深々!!!
    「きいろ〜〜!だれ〜〜〜?」(モロコシくん☆)
    「カボちゃん!!」
    カボちゃん、ソラオ、ナスビー、タマ、一生懸命覚えていました♪

    2歳でもいっぱい楽しんでいました☆
    おはなしをたのしめるようになったらまた違う楽しみが増えるね♪
    今回はハラハラいっぱいの大掃除でしたが
    カボちゃんシリーズ、学校って楽しいな!友達って最高!って教えてくれる
    素敵なシリーズで、男の子も、女の子もみーんな楽しめる
    大人にとっても気付きがいっぱいで家族みんなで読みたいオススメの作品です☆

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピンチで一致団結

    こちらのシリーズは、自分と同じ1年1組のお話ということで、息子が気に入って読んでいます。そして私も、自分の小学生の頃にタイムスリップしたような気持ちで一緒に楽しんでいます。
    今回はおおそうじの話。雑巾の投げ合いとか、ほうきの取り合いとか、「あったあった」と懐かしくなるシーンばかりでした。
    でもあまりにはしゃぎすぎて、窓ガラスを割ってしまうという大失態。そんなピンチにクラスが一致団結する姿はとても気持ちがよかったです。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除は楽しい!

    今回のカボちゃんは大掃除!
    ということで掃除の悲喜こもごもが描かれています。
    宝の地図のくだりは親の私も笑ってしまいました。
    いや、意地悪なんですが。

    うちの息子はお片づけが大嫌い。
    この絵本では
    そうじ=楽しいこと
    として描かれているのがとても良いですね。

    だいこんのすけ先生におこられちゃうね〜なんて言いながらお片づけを促すと
    いつもよりてきぱき片付けてくれるようになりました。
    カボちゃんみたいに楽しんでお掃除してくれるように、これからも読み聞かせていきたいと思います。

    掲載日:2016/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生は大変だなぁ(汗)

    このシリーズのヒール役の2人は、相変わらずで、みんなにちょっかい出したり、イタズラしたりで、ぜんぜんお掃除が進みません。。。

    みんなも思い出の品や10円玉を見つけるたびに、掃除の手が止まってしまいます。

    掃除の時間は私だって面倒くさかったもんなぁ〜

    でも、しまいにはガラスを割ってしまい、クラス全体で大反省。

    そこで、先生がびっくりするくらい、ピッカピカにお掃除して、みんなで謝ることに。

    ヒール役の2人ですが、先生の前ではいい子を装ったりして、まだ先生のことまではバカにしたり見下したりしないからなんとかクラスがまとまるのかな。これで、先生にまで反抗しだしたら手に負えないかも。。。それにしても、本当に学校の先生って大変だなぁと思っちゃいました。

    掲載日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

29件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット