ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ママってすてき!」 みんなの声

ママってすてき! 作・絵:Yokococo
訳:石津 ちひろ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年05月
ISBN:9784072487341
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,659
みんなの声 総数 7
「ママってすてき!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まねっこ

    ママが楽しそうにやってるから、ママのまねっこがしてみたいと思うのは当然だと思いました。孫も、「お手伝いロボ!」って張り切ってお手伝いをしてくれますが、素直に感謝してお手伝いをしてもらってます。勿論、まだまだ役にたつことなんて無理なんですが、折角その気になっているので喜んでやってもらうように心がけています。きっと、忙しいと思う気持ちがない今日だから出来ることだとは思っています。ママに憧れているうさぎ姉妹だからママのまねっこしたくなるのは当然だと思いました。ママが大好きだから、好奇心旺盛な子供のことだから、とても微笑ましく読ませていただきました。すごっく楽しい様子が伝わってくる絵がよかったです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちもこんな感じです^^

    お手伝いしたい、と手伝いをしてよけい家事を増やされる(苦笑)
    ことが多いのでまさしくこんな感じです!

    とても素敵にお母さんが描かれています。

    うちはもっとどたばたですが・・・^^;

    こんな風に憧れられるような母親になってみたいです。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってみたい!

    我が家では、家事はおばあちゃんが中心なので、
    ママには、ちょっぴりチクっと刺さるけど、
    ほんわかした絵につられて読んでみました。

    「ママがやってる」は、ともかくとして、
    掃除・洗濯・化粧・・・、普段娘が興味を持ってる
    ことなので、反応はなかなか。

    「いいこにする」がうまくできないこどもたちにも
    共感系かな?

    掲載日:2010/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃまな姉妹

    おしゃまなうさぎの姉妹が主人公です。
    かわいらしい雰囲気がペネロペ風だなと思いました。

    おかあさんが留守中の出来事。
    ここぞとばかりにキッチンで遊んだり、ものすごいお化粧をしてみたり、洗濯で泡まみれになったり・・・やりたい放題。

    「すっごくたのしいね」
    「たのしすぎる!」

    本当に楽しそう!
    私も息子も笑っちゃいました。

    ふとわれにかえり、やりすぎたことに気づいたふたり。
    子供心が上手に描かれてるなあと思いました。

    そして、ふたりが反省し大泣きしているところに登場したお母さんがやさしくて素敵なんです。
    私もこんなお母さんでありたいと思いました。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の純粋な心。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    子供って親を見て育ちますよね。
    子供から見ると、大人は、子供がやってみたいことをやっていると感じています。
    だから、お母さんがいない時にやってみる。
    もちろん、楽しいはず。けど・・・
    散らかしてしまう羽目に・・・
    兄弟は泣いちゃった。
    このお母さんはえらい!すごい!
    私なら、怒り飛ばしてるだろうな。
    一緒に片付けよう。と言える優しい心。母親として、見習わなければいけないと感じました。
    子供も大人にも読んで欲しい一冊です。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 反省することが多かった本

    子供ってお母さんのまねっこ大好きですよね。でも洗濯や掃除、洗い物等、小さい子供がお手伝いをしてくれるのはありがた迷惑ですよね。我が家も出来るだけお手伝いしてくれると言った時はしてもらうようにはしているのですが、ついつい手を出し、口を出し・・・。この絵本のお母さんウサギは子供たちが部屋をぐちゃぐちゃにしても怒らないんですよね。感情的に。ついつい感情的に怒ってしまう私なので反省しました。あとうさぎちゃんのおねえちゃんが話していたいい子にしていてってどんなことしていたらいいの?という質問にそうだよね〜。と妙に納得しました。いい子っていうのは親の楽なようにってことかな?いいこにしていて!とかつい怒っちゃうけどこれまた反省します。

    掲載日:2006/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 久しぶりに感性に響きました。

    • しずりんさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、女の子6歳

    私が絵本を読むときは、いつも内容重視の傾向があります。

    この絵本は物語が変わっているとか、ストーリーに引き込まれるとか そういうのではなく 私の心の中を揺さぶる可愛らしさで満ちているのです。

    この年になってこういう本に感動できる自分がちょっとうれしいです。

    おかあさんが大好きな うさぎ(ねこだったらごめんなさい)の姉妹のお話です。

    おかあさんがいつもうちでやっていることを やってみたいなと羨望のまなざしで見つめる二人・・・。

    おかあさんがお庭で仕事をしている間に、二人は家の中で・・・。

    まるで自分が主人公のうさぎになったようでした。

    ふ・し・ぎ です。

    そして読み進むうちに すごく楽しい気分になるんです。

    本当に私にとって、こんな感覚は初めてです。

    私だけが感じる感覚なのかな。
    人に薦めたら、え、どこがいいの?とか言われてしまうかも知れないけれど、わかってくれる人が きっといるはずです。

    掲載日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット