もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ゆうびんやのくまさん」 みんなの声

ゆうびんやのくまさん 作:フィービ・ウォージントン セルビ・ウォージントン
絵:フィービ・ウォージントン セルビ・ウォージントン
訳:間崎 ルリ子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1987年05月
ISBN:9784834002706
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,836
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 読みたくなる

    くまさんのシリーズ、大人ですが、たまに読みたくなります。そのなかでも、「ゆうびんやさん」はお気に入りです。
    クリスマスをむかえる、くまさんの部屋の様子が、なんともほっこりするのです。どの巻でもひとりで暮らしているくまさんですが、プレゼントがいろいろもらえていて安心しました(笑)

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな絵本

    落ち着きのある静かな絵本だと思います。
    絵もきれいで、またストーリーも特に突拍子もないことが起こることもなく淡々と過ぎていきます。それがこの絵本の良さだと思うのですが、3歳の子どもにはなかなかその良さが伝わらなかったようで、ちょっと物足りなさそうにしていました。
    最近の絵本は子どもうけする刺激的なものが多いですが、たまにはこうした静かな絵本を味わうことも必要だなと思いました。

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ゆうびんやさん」のお仕事を教えてくれる一冊

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    家の郵便受けをあけると、お手紙が入ってるのが当たり前になっている
    私たちの日常ですが、
    この絵本を読むと、それが「あたりまえ」でないことが、
    ようく、分かります。

    可愛らしいくまちゃんの絵が表紙ですが、
    内容はとても堅実。
    「ゆうびんやさんのおしごと」は大変なんだよ、
    ゆうびんやさんが頑張ってくれて、
    毎日、おうちにお手紙がとどくんだよ、ということを、
    自然な形で、3歳の娘に教えてくれました。

    ポストを見たことはあって、
    手紙をいれるものだと知っていたらしき娘ですが、
    その手紙を誰かが集めて、また配っているところまでは、
    多分想像したことがないと思います。
    かわいらしい熊さんの姿を借りて、
    想像のいきつかないその先を教えてくれる、とても暖かな一冊。
    娘と一緒に読めて、よかったと思います。

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳10ヶ月の息子に幼稚園で借りました。
    彼は「パンやのくまさん」が大好き。

    これは郵便屋さんの一日の仕事の話。
    かわいらしい絵と、淡々と描かれる仕事の場面が魅力です。


    息子は郵便屋さんの仕事の流れを理解できたようです。
    郵便を運んで、ばんばんばんとはんこを押して、配達にいくのですね。
    とても喜んでいました。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマス

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    クリスマスシーズンのお話です。
    くまさんの帽子やところどころにクリスマスを感じます。
    雪の降る中でもまじめに働くくまさんの姿、立派です。
    「パンやのくまさん」も良かったですがこちらも同じくほのぼのと働く姿が描かれていて良いシリーズだと思いました。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真面目なくまさん

    表紙とタイトルが可愛かったので
    借りてみました。
    森の動物達と愉快に配達するお話かと
    予想していたら、全く違うものでした(汗)

    くまさんが、とっても真面目に郵便屋の
    お仕事を1人でこなしていくお話。
    普段からコツコツ真面目に働いているん
    だろうなぁと想像できます。

    その日はクリスマスいイブなってのにで、
    くまさんは、家に帰ってもたった1人。
    それを見て、何だか淋しくなって
    しまったのですが、部屋にはちゃんと
    くまさんへのプレゼントや、パーティーの
    招待状が飾られていて安心。

    明日は、きっとパーティーなのかな?
    そんな風に物語の続きを想像するのも
    楽しいですね。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • まじめに

    くまさんシリーズは丁寧なお仕事をするお話で
    とても楽しいです。
    くまさんは一人で住んでいるって少しさみしい気もします。
    クリスマスでもお仕事するくまさん。
    自分あての小包をあけたり、可愛らしい行動もあり
    感情移入しやすいです。
    絵も繊細で綺麗です。小さい本で、子どもも気に入っています。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスのゆうびんやさん

    クリスマスのお話だったのですね。
    知らずに、今 読んでしまいました。だいぶ、時期ハズレです。
    手紙のほかに小包も運ぶ、くまさん。
    さすがに、クリスマスは忙しそうですね。
    でも、大量の荷物があっても、丁寧な仕事ぶりがわかります。
    クリスマスシーズンに、改めて読みたいと思います。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくりゆっくり何度も読みたい

    まじめで勤勉な生活を送っているぬいぐるみのくまが活躍する「くまさんシリーズ」。すべて一人のくまさんなのですが、きちんと自立していて、かなり大人。
    朝起きて、ご飯を食べて、働いて、小さな楽しみを見つけ、ご飯を食べて寝る。
    せきたんやになっても、パンやになってもうえきやになっても、この自分の生活スタイルは崩しません。
    ゆうびんやのくまさんも例に漏れず、朝早くからお仕事です。仕事を黙々とこなすかなりの働き者。ほどけかかったこづつみを丁寧に包み直すなど、ぬかりありません。
    今回はクリスマスの一日が淡々と描かれています。細かく書き込まれた挿絵が楽しく、じっくりゆっくり、何度も読みたいです。

    掲載日:2012/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかくなるなあ

    クリスマスと、くまさんのていねいなお仕事のせいで
    とってもあったかに感じられます。
    ゆうびんやさんをまねきいれてティータイムなんて、いいなあって
    思うけれど、でもやっぱりあんまり知らない人をおうちにいれる
    のはこわい・・くまさんだからこそ!ですね。
    娘はくまさんがサンタさんのために用意したお菓子と飲み物がいいなあって
    思ったようで、来年はサンタさんのために用意したいって言っています。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

60件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(60人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット