ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

とんとんとんと」 みんなの声

とんとんとんと 作・絵:五味 太郎
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784861010804
評価スコア 4.3
評価ランキング 13,120
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 繰り返しが心地いい

    五味太郎さんの作品は、シンプルで好きです。

    この作品は、ストーリー自体を楽しむようになってきた4歳の息子には、
    ちょっと物足りない様子でした。
    言葉の響きや繰り返しの言葉を楽しむ2〜3才の頃だったら、
    もっと楽しめたと思います。

    ブタくんの愛嬌のある顔、
    ぶたくんの妄想。

    絵の世界にすっぽりはいるような感覚が、
    五味さんの作品にはありますね。


    最後に現実に連れ戻された時のブタくんの顔が、
    たまらなく愛おしい作品です。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実家に置きたい☆

    まだ内容はわからない乳児に読みましたが、言葉のテンポと目を引く色を指差ししたりして何となくは見てくれました(笑)
    これを実家に置いて、とんとんとーんと見にいこっか♪ってもう少し大きくなったらやりたいなぁ。おじいちゃんおばあちゃんも楽しく読んでくれそう(*´U`*)
    なかなか思い通りにいかないねってオチも良いと思いました。

    掲載日:2014/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりバスにのって

     ブタくんだからトン?とんとんとんと、とんとん拍子に家に帰れるのかな、、、。
     バスを待っているブタくん、なかなかバスはやってきません。
     リズム感のある、とんとんとん、のくかかえしが楽しかったです。

     ブタくんが、空をとんでいる場面がよかったです。こんなふうに、とんとんとんと、行きたいところにいけたらいいけれど、、、、
     あれこれ想像しながら、やっぱりバスにのっているブタくんが、ほほえましかったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五味さんらしい絵本

    絵本ムービーを息子に見せたらとても気に入ったようで「とんとんとん見せて!」としょっちゅうせがんでくるので、絵本も購入しました。
    読み聞かせはムービーのナレーションと同じようにリズミカルに、少しゆっくりめに。
    ムービーと違って動きはないですが、その分細かいところまでじっくりと眺める事が出来るので、雲の上にいるカミナリ様などを見つけては楽しんでいます。

    掲載日:2014/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力

    バスを待っているぶたさんの、楽しい想像の世界が広がります。

    電信柱をのぼって、電線を伝って、屋根の上を歩いて。。。とんとんとん、と到着しちゃったらいいのにな、というストーリーです。

    私も幼いころに、こんなことばかり考えていた時期があったので、共感しながら読んだのですが、6歳の子から真っ先に出てきた言葉は「危ないよ!」という現実的なつっこみでした。

    もっと想像のなかの世界を楽しめるように育ててあげたいな〜、と自分の日々の対応を振り返りました。
    普段、「これは危ないからダメ。」「こういうことすると、こんなふうになって危ないでしょ。」なんてことばかり言っているので。

    3歳の子のほうは、「ええ〜っ!」と驚き、笑いながら、楽しく読んでいました。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感がいいですね♪

    図書館で3歳の娘が見つけてきました。

    「とんとんとん と ○○、さ」

    ぶたくんが、おじいちゃんちにとんとんとん、と行く方法を想像しているお話です。
    とにかくとんとんとん、とリズムにのって楽しく進んでいけました(^^)♪

    3歳の次女は、ビルの上を歩いて行っちゃったりするところが面白かったようです。
    そして家の近くの電線に注目するようになりました(笑)。

    一人で黙読していた8歳の長女は、あんまり面白さがわからなかったと言っていました。

    声に出してリズム感を楽しんだ方が、おもしろさがわかるのかもな〜と思いました。

    掲載日:2012/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豚だけに

    この絵本の登場人物が豚だけに「とんとんとんと」なんでしょうか!?子供に行ってもいまいち理解してもらえませんでした・・・・・。電線をぶたくんが通っていたときには「危ないよ!!」って真剣に注意してました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムが

    リズムで読める絵本が最近好きで、

    しかも五味太郎さんの絵本だったので

    読んでみました。

    やっぱりとんとん・・・といったリズムが

    気に入ったようで、

    にこにこしながらみてました。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯切れが良いです

    とんとんとん、ってきっとブタの「トン」とかけているんでしょうね。テンポが良くて、歯切れの良い言葉の連続。声に出して読んでいると気持ち良くなります。幼児の絵本は大きく分けて物語、または絵を楽しむタイプと言葉のリズムなどを楽しむタイプとあるように思います。この本はリズムを楽しむタイプですが、お話も絵も良い。いろいろ想像しますが、結局はお母さんとバスに乗ることになるんです。

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「と」「ん」を覚えた。

    うちの子、この絵本で「と」「ん」を覚えたみたいです。
    どのページにも、「とんとん」が必ず出てくるんですね。
    とってもリズミカルな中に少しずつ変化が加えてあって、楽しんで読んでいくうちに覚えてしまったなぁ。

    ふた文字覚えたからってどうということはないけれども、何かの足しになれば(笑)

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / もうおきるかな? / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット