あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

あかちゃんのおさんぽ(2)」 みんなの声

あかちゃんのおさんぽ(2) 作・絵:いとう ひろし
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年
ISBN:9784198616991
評価スコア 4
評価ランキング 18,204
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かえる・かめ

    カラフルな絵で、楽しい雰囲気ですね。
    いろいろなお友達とお散歩していますが、お気に入りは、「かえる」と「かめ」です。
    カエルのお散歩では、「結局、濡れてるじゃーん」と、笑える結末でした。
    カメの背中のお昼寝では、ほのぼの・のんびりしました。

    掲載日:2012/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4つ

    お話が4つに分かれています。

    でも短い話です。

    私としては2つくらいでいいと思います。

    短すぎて小さい子には

    話が分かったことが気付きにくく、

    前のページに戻りたがり

    あれ?といった感じでした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかちゃんのお散歩って発見がいっぱい

    息子が これを読みたい!つかんではなさなかった絵本
    きっと はっきりしたかわいい絵に惹かれたんだと思います

    お散歩で色々なものに出会う赤ちゃんが ほのぼのかわいらしいです。
    息子は3歳ですが 一緒に歩いていると やっぱり同じように
    色々なものにであって 興味関心を示します。

    最後は かめさんの背中で寝てしまい
    どうするのかな って思ったら
    かめさんもそのまま寝ちゃいます その優しい感じのシーンが好きです

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いおはなしが4つ

    「おさんぽその1」から「おさんぽその4」の
    4つの短いおはなしで構成されています。

    虫や動物のイラストが
    ちょっぴりリアル。

    かえるさんは池(川?)に住んでいるのに
    ぬれないようにあまやどりするんですね!

    そんなことを
    読みながら子どもに語りかけてます。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短編で

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜2歳児の親子のお話会で紹介しました
    どちらかというと大勢の前で読み聞かせするより、子供と一緒にママが楽しむ絵本でしょうか
    絵本は4つの短編構成になってるところがなんとなくおもしろい
    大人しかわからないようなジョークがあっても、子供と顔を見合わせて笑えるような優しさを感じます
    その1も借りてみようと思います

    掲載日:2010/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会い

    • キミキミキミさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    あかちゃんが、お散歩していると
    くも、かえる、ねずみ、かめと出会うお話で
    絵もかわいく、色もとてもカラフルで気に入っています。

    本の大きさも出かける時にかばんに入る大きさなので、電車の中で読んでいます。

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いとうひろしさん

    いとうひろしさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公の散歩は速度が遅い分色々な発見があって楽しそうだと思いました。感じた事はすぐに行動に移してみる主人公の行動力が素晴しいなと思いました。短いストーリーが連続して登場するのも楽しい方法だなと思いました。色鮮やかなので絵がすんなりと目に飛び込んでくるのも良かったです。

    掲載日:2009/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が小さい頃に

    息子が小さい頃に何十回と読んだ本です。

    乳幼児さん向けのお話会のボランティアをすることになったので、この作品を読んでみました。

    「あかちゃんだ」と言って前に乗り出して見に来るお子さんもいて、とても親近感を持って迎えられました。

    このシリーズには1もあるのですが、赤ちゃんの楽しいお散歩がとても微笑ましく描かれています。

    くもさんの巣を見た赤ちゃんが、毛糸で真似をしてぐるぐる巻きになって身動きがとれなくなってしまうところなどは何度見ても笑ってしまいますし、赤ちゃんがかめさんの背中で寝てしまうところも、無邪気そのもの。

    見返しまで話が続いていて、「あっ、赤ちゃん起きた」という声も上がっていました。

    いとうひろしさんらしいユーモアセンスあふれる本で、今でも息子は好きです。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさんぽ

    お外の大好きなあかちゃんが、一人でお散歩をします。4部作に分かれています。4部作とも楽しめて得します。内容もわかりやすいです。バックの色も綺麗で、色の変化がいいです。あかちゃんの思いやり、親切にも触れます。かわいい絵にも、ほのぼのとします。優しい気持ちになれました。

    掲載日:2008/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お散歩楽しいな

    この絵本も、なかなか歩かなかった1歳3ヶ月の娘に
    影響を受けて欲しくて(?)借りた絵本です。
    本当に、こんなに色んな動物に出会えると
    お散歩が楽しいでしょうね。
    4つのエピソードが載っているのですが
    気になったのがカエルさんに出会うエピソード。
    赤ちゃんは、カエルさんに傘を入れてあげて
    カエルさんは濡れずに帰れます。
    でも、お家は池の中・・・・
    「濡れてるジャン!」って、心の中で突っ込んでいたら
    旦那も同じシーンに反応していて
    「シュールやなぁ」って言ってました。
    こんな所に突っ込んでしまうのが大人なんでしょうね。
    もし、娘が話せたら、この部分の感想を
    聞かせて欲しいです。

    掲載日:2008/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらの1ねんかん / がたん ごとん がたん ごとん / あかちゃんのおさんぽ(1)

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット