おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

11ぴきのねことあほうどり」 みんなの声

11ぴきのねことあほうどり 作:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1972年11月
ISBN:9784772100335
評価スコア 4.73
評価ランキング 877
みんなの声 総数 145
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

145件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • シリーズの中で一番

    息子はシリーズの中でも、「あほうどり」のこのお話が一番好き。

    この絵本の中には、
    「まいどありがとうござい〜」や、
    「とりのまるやきがたべたいねぇ〜たべたいねぇとりのまるやき、
    あーとりのまるやき」など、
    息子の心をぐっと掴んだセリフがたくさんでてきます。

    11ぴきのあほうどりが出てくるシーンもとても好きで、
    最後におばけあほうどりが出てくるところでは、
    「11わぁ!!!」と、とびきり大きな声で言ってはニコニコ。


    息子が2歳の時に初めて図書館でこのシリーズと出会い、
    すっかりはまったので、絵本ナビさんで購入し、
    3歳のお誕生日にシリーズ6冊をプレゼントしてあげました。
    ぬいぐるみと一緒に。

    この絵本は、11ぴきのねこたちのしたたかさが、とってもよく出ていて、
    ぷぷっと笑ってしまいます。
    でも憎めないのは、人間臭いからですよね。

    今年一番素敵な絵本に巡り会えたと思っています。

    掲載日:2013/09/16

    参考になりました
    感謝
    2
  • 読んできかせるのも楽しい

    娘は「かわいらいしい絵本」「ずっこけちゃうような絵本」が
    大好きです。だからこの11ぴきシリーズはもちろん大好き!
    いつも11ぴきの他にちょっと得体の知れないものが登場して
    おかしな展開になっていきますが、今回はその得体の知れない
    ものは「あほうどり」。
    あほうどりなんて、おマヌケな感じがしますよねえ。コロッケに
    飽きたねこたちも「とりのまるやきが食べられるぞ!」と心の中で
    ほくそえみますが・・やっぱり(笑)。
    娘も大喜びで読みますが、読んできかせる私も楽しい!
    変わった声色であほうどりのセリフを読んだり、最後のページは
    嘆くように歌うように読んだりして、母娘で盛り上がるのです♪
    コロッケ作って食べたくもなりますね。
    これからコロッケ食べる時は、あほうどり・・くくく・・と
    ふたりで共通の秘密で笑えそうで楽しみです。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 我が家のベスト・オブ・11ぴきのねこ

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    この本との出会いは、子どもが3歳の頃に通院していた皮膚科の待合室でした。
    何度も通わなくてはいけないし、待ち時間は長いし、じっとしていなくてはいけないし・・・そんなときこの絵本があってどれだけ助かったことか!

    食いしん坊で、ずる賢くて、そのくせちょっと抜けていて、憎めない11ぴきのねこ達。
    息子の大のお気に入りとなりました。

    にゃごにゃごとわがままで賑やかなねこたち
    山盛りの美味しそうなコロッケ
    あほうどりのとぼけた口ぶり、
    鳥の丸焼きへの高まる期待・・・と楽しく読み進め
    あほうどりの家族を数えるときは何度だってワクワク!
    「11わぁ〜っ」で笑いがはじけます。

    その後、11ぴきのねこシリーズを読破しましたが、
    やっぱり一番は思い出のこの本みたいです。
    私自身、馬場のぼるさんの漫画っぽい絵がなんとなく苦手で、
    以前はこのシリーズは自分からは手に取らなかったのですが、
    一度読めばあなたもファンになること間違いなし!

    幼児さんから小学校低学年まで、また大人の方にも
    楽しい気持ちになりたい方におススメです。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 爆笑です

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    11ぴきのねこシリーズの中でも一番面白いと思います。

    コロッケに飽きたねこたちがとりの丸焼きを夢見てあほうどりの国へ行くわけですが、その後の展開には親子で爆笑しました。

    11羽のあほうどりの登場シーンでのねこたちの表情と言ったら・・・
    あほうどりをバカにしていたであろうねこたち、思惑が外れてしまいましたね。

    小さな子供にもわかりやすく、とても楽しいお話でした。

    掲載日:2015/12/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • オチに思わず笑う

    • はすかさん
    • 20代
    • その他の方
    • 島根県

    定番のシリーズの中でも特に好きです。
    あいかわらずきままで食いしん坊な11ぴきとあほうどりのやりとりが楽しい。オチも予想していない感じで好きです。今回は11ぴきが誰にも迷惑かけずに、むしろ計らずもいいことしたので、シリーズの中でも特に好きなのかしれません。コロッケも食べたくなってきます。

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懲りないねこたち

    5歳の息子、まさに11のねこワールドにどハマリ中です。

    期待に裏切らず、いつも欲を出してしまう11ぴき。
    あほうどりをみるなり、全員のあたまのなかが”とりのまるやき”でいっぱいになってしまう絵に思わず笑ってしまいました。

    『したなめずり』という言葉。息子にははじめて出会った言葉でしたが、もうこれ以上ないくらいの適切な表現で、しっくり入ったようでした(笑)

    まだまだ、息子の11ぴきブームは続きそうです。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • アホウドリに惹かれて

    うちの子はこの絵本をアホウドリというフレーズに行かれて借りてきたそうです(笑)コロッケが食べたいアホウドリ達と、コロッケを食べるのに飽きてアホウドリの丸焼きを食べたい猫たちのだまし合いのお話でした。結果は、アホと名前に入っているアホウドリが賢かったので勝ちでしたね!!うちの子は、ねこたちが丸焼きを食べれなくて残念そうなのに大うけでした。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親子そろって、大好きな本

    子供の頃に、私自身が読んで、大好きだった絵本。
    11ぴきのねこ!といえば、この本でした。
    息子も絶対気に入ると思い、購入したら、案の定、はまりました。
    他の方も書いていらっしゃるとおり、コロッケやを始めた猫たち。
    最初は大流行でしたが、日に日に残り物が出るようになり、「昨日もコロッケ。今日もコロッケ。」と、愚痴がでます。(このフレーズを読むと、コロッケの歌は、11匹の猫から出来たのでは??と、思ってしまいます(笑))
    アホウドリが、コロッケを食べたいと、島へ呼びに来た時は、(アホウドリを食べられる・・)と、考える程に・・。
    この先、猫たちの思いとおりになるかと云えば、そこは流石じゅういっぴきのねこシリーズ!!!
    おほうどりの兄弟達は、やっぱりふつうとは違っていて、最後の兄弟は、とっても大きい!!!。息子もこの展開には、きゃあーと、大喜び!!

    親子そろって、楽しみどころが一緒という、読み聞かせには最適な絵本です。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズの中で一番好き

    子どもも私も大好きな11ぴきのねこシリーズの大ファン。中でもこの作品が私は一番好きです。
    コロッケ屋を始めたけれど、売れ残ったコロッケを食べることにうんざりしているねこたち。「鳥の丸焼きが食べたいねえ」と思っていたところに、一羽のあほうどりが現れました。あほうどりにもたくさんの兄弟がいると知り、舌なめずりをしてあほうどりの家に向かったのですが・・・
    ねこたちの狙いを知ってか知らずか、マイペースなあほうどりのとぼけ具合がいいです。もちろん、まぬけなねこたちもかわいい。せっせとコロッケを作るねこたちの、それぞれの表情が笑いを誘います。
    そして最後のオチは、何度読んでも大爆笑です。んなあほな。。。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズの中ではダントツ一番

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    11ぴきのねこシリーズはオチがなかなかシュールでいつも面白いですが、中でもコロッケの美味しそうな感じとか、あほうどりのしゃべりとか、巨大あほうどりの登場とか、個人的には間違いなくシリーズ最高峰です。
    もう少し大きくなって数が理解できるようになったら、「3こが2つ」の面白さもわかってくれるかな・・・・長く楽しめそうな予感です。
    私自身も幼い頃大好きだった思い出があります。やはり、記憶に残る本はいつの時代も逸品です。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1

145件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(145人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット