あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

つるにょうぼう」 みんなの声

つるにょうぼう 作:矢川 澄子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1979年
ISBN:9784834007572
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,115
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なぜ鶴だといけないの?って・・・

    日本の昔話ということで借りてきました。
    息子は幼稚園で聞いたことがあるらしくお話を知っていました。

    鶴が自分の羽を抜いて織っている時のイラストが
    赤い血がうっすらとにじんでいて、まるで本物みたいで・・・
    切なくなりました。

    が、「なぜ鶴だといけないの??」と息子。
    鶴でもいいじゃないか。人間でなくても・・・
    と言われてしまいました。
    これには正直参りました。
    子供の発想ってまっすぐで素敵ですね!

    掲載日:2014/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • まごころ

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     見ないでって、言ったのに・・・。なんで見るの〜。
    こどもは残念そうにつぶやきました。
    やるせない気持でいっぱいになったのでしょう。
    つるの命がけの奉仕は聞いていて
    こどもにも心ゆさぶられる行為だったようです。
    「たすけてもらったからね」とひとこと。

     よ平さんには、悪気などなかったのにね。
    まごころがたまたま、心配になったからね。
    許してあげられるのは、つるにょうぼうだけだもの。
    つるにょうぼうは潔いなあ・・・それにくらべて人は
    事に触れて動く心のまごころが、徒になる。
    私も、やるせないなあ。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ない恋のお話

    今までは「つるのおんがえし(つるにょうぼう)」は童話だと思っていましたが、大人になって読んでみると、子どものときには感じなかった、人間の性、そして愛する人が離れるせつなさを感じて、涙が出そうになりました。
    お金に目がくらんでしまうこと、人生の間で何度かはあると思います。そこで、「これをしてしまうと、愛する人が自分のもとから去ってしまう」と知っていたら、過ちをしてしまうことはないのでしょうが、そこまで考えられず、欲に目がくらんでしまい、好奇心に負けてしまうところに人間らしさを感じました。
    最後の別れのシーンは、よ平も娘も、愛し合っていながら離れなければならないせつなさを感じました。

    掲載日:2013/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤羽さんの絵が切なさを誘います

    つるにょうぼう 
    このお話は つるのおんがえしなどむかしばなしがいろいろ伝えられています
    赤羽さんのつるの描き方は あまりにも美しく 雪の中に矢が刺さった姿見事です
    よ平がたすけてあげ 優しい心にひかれて つるは女房となるのです

    女房が織った布は すばらしく 高い値段でうれるのですが・・・

    よ平は となりの男にいわれ 欲が出てしまうのです  金に目がくらむという 人間のあさましさ

    ついに約束をやぶったよ平    
    つるのすがたになって とんでいきます

    なんて切ないお話しでしょう
    赤羽さんの絵を見ていると 涙がでてきそうです

    昔話はいつまでも伝えたいですね  
    人間の生き方を教えてくれるようです

    掲載日:2013/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『つるのおんがえし』ですが、なんと人の性に踏み込んだお話かと感じ入ってしまいました。
    助けたもらった鶴はむすめの姿をして、よ平のもとに嫁にしてくれと尋ねてきました。
    むすめの心理描写のたおやかさ、織り上げた反物の形容のみごとさ、なんだか軽く子供向けの昔話という表現では言い尽くせない情の世界を感じます。
    むすめの織り上げた反物は、よ平を裕福にしましたが、そのために欲も育ててしまいました。
    悲しいお話ですが、赤羽さんの絵もとても情感たっぷり。
    最期の鶴が遠くに消えていくシーンなどは、哀愁がありすぎてつい感情移入してしまいました。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あぁ〜!

    つるの恩返しですね!
    大人っぽいつるの恩返しです!
    子供にはちょっと難しいかもしれないです。
    悲しい感じがとてもよく出ていて切なくなります。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お薦めです!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    いろいろな「つるにょうぼう」「つるのおんがえし」が
    ありますが
    赤羽氏の絵がなんともぴったりなこの絵本には
    惹きつけられます

    雪の中、矢が刺さった鶴 

    よ平に「末永くおしあわせに」と
    飛び立ったあとの様子にびっくり
    こどもが指差す方向を見ているよ平の呆然とした姿の
    次のページに雪山の上、冬空のもう遠く、高い所に
    飛んでいる鶴・・・
    文字はありません

    素晴らしい、この余韻

    話の内容も
    よ平がお金にこだわるんです
    そこがなんとも人間臭い

    昔話の絵本として、お薦めです

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二種類の和紙で

    赤羽さんの『私の絵本ろん』に、「『つるにょうぼう』では、紙を二種類使った。一つは奉書、一つは麻紙で、白っぽい奉書を雪の屋外、

    くすぼったい麻紙を置くないのうす暗さに見立てて、この相反する紙のコントラストでドラマを組んでいった」

    とあり、そこまで和紙を考えられて使っていらしたということに感動して、

    絵を見ると、本当にそうでした。

    以来、このエピソードを人に教えております。

    今まで絵をじっくりと見ることなく、文章にばかりとらわれてきたのですが、そういうことを知った上で絵を見ると

    また見る目が違ってきます。

    この絵本だけでなく、赤羽さんの昔話絵本はどれも素晴しいなのですが、

    この作品で和紙を二種類使った後、『そばがらじさまとまめじさま』では八種類の和紙を使ったそうで、

    この作品以降から、赤羽さんの絵本の完成期に入っていったような気がしています。

    女性を描くのを不得意としておられた赤羽さんが、描かれた女性ものということでも

    見どころはあります。

    一つ一つの作品が本当に丁寧で素晴しい作品が多い赤羽さん。

    孫の世代までも伝えて行きたい作品です。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてせつないの〜

    よく知った昔話でしたが
    優しい静かな語り口調の文と、
    なんともしっとりした絵との相乗効果で
    珠玉のラブストーリーのような作品でした。
    思わず涙が・・・・。

    愛しているから、そばにいたくて、身を削ってでも尽くしたくて・・・。
    そんなつるにょうぼうの気持ちが、痛いほど伝わります。

    娘には何てことないお話のようでしたが
    この切なさがわかる時も来るのかなぁ・・・。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人情味ある昔話

    とある講座で、この話ではこの本がいちばんと紹介されたので読んでみました。
    機織姿を覗くシーンなど、与平の目線で描かれているのが秀逸だとのことでした。あと貧乏そうな室内がリアルで良いとか。

    とにかくストーリーが心に残りました。
    私が今まで読んだどれよりも、娘の優しく切ない感情が伝わってきたでしょうか。
    命を助けてくれた恩人。その人のそばにいたい気持ち。助けたい気持ち。
    そうか〜、こんな気持ちで反物を織っていたんだ〜と、大人になって初めて納得した感があります。
    ラストの飛翔も、与平として娘として、両方の心が沁みこんできますね。

    んが、娘には話がわからなかったらしい。
    なんで〜〜〜と思いましたが、早かったのかなぁ。小学生〜かな。好きな人ができた頃に絶対また読んでやろ。

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット