あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

かもとりごんべえ」 みんなの声

かもとりごんべえ 作:堀尾青史
絵:福田 庄助
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784265032860
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,013
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 『かもとりごんべえ』を読み比べてみたらはまってしまいました。堀尾さんのお話は、すごいホラ話。
    海に落ちてカニとじゃんけん、海の中でタバコぷかぷか、とんでもない大きなエビのひげにはね飛ばされるなどと、馬鹿馬鹿しいけれど、笑い飛ばせる展開に笑ってしまいました。
    京都の東寺の五重の塔の登場は、覚えがあるけれど、最後は落語みたいなおちで、あっけらかんと終わりました。
    さらしに描いたという福田庄助さんの絵が効いています。

    掲載日:2016/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢オチではない「かもとりごんべえ」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    福田庄助さんの絵は、日本の昔話らしいし、線が太いので、はっきりしていて遠目もききます。
    再話は堀尾青史さんです。
    自分の作品の後書きで「さて文は、解説ともに堀尾青史です」と書くなんて、面白い人だなぁと、ほかにどんな仕事をされているのか調べてみました。
    堀尾さんはいくつかの児童書(絵本)や子ども向けの紙芝居を手掛けているほか、宮沢賢治の研究もされていたようです。

    昔話って、地方によって伝わり方が違うので、いろんなバージョンがあるのですが、この作品の「かもとりごんべえ」の話は私は初めてのパターンでした。
    カモと空に行ってから海に落ちて、それから地上、そしてまた空(五重塔)って、しかも夢オチバージョンじゃないんですよこれは!
    (ものによっては、という夢でした。で終わるものもあります)

    場面の展開が早くがぱっ、ぱっと移るので、ちょっと面食らってしまう感じがしました。始まり方もすごく唐突です。絵は面白いのですが、私は個人的にはもう少しゆっくりしたテンポのバージョンのほうが好みだなと、思いました。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 方言を読み分けるのが楽しい!

    • すずらんぷさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子13歳、女の子10歳

    「かもとりごんべえ」といえば、たくさんのかもに吊り上げられて、空の上に漂っている絵が思い浮かびます。でも、最後はどうなるんだったけ?絵本を読んで、「へぇー、こういう最後なんだぁ」と改めて知りました。
    お話はとっても面白かったです。特に声に出して読むことで楽しさが倍増します。言葉のリズムがとても良く、方言が読んでいてとても心地良いのです。海の中に落ちてしまったり、傘屋さんで働くというエピソードは覚えていたような、いないような‥‥。今回改めて読み直してまた一つ楽しいお話に出会えてとても良かったです。
    お話の途中で、大阪弁が出てきたり、京言葉が出てきたり‥読んでいてとても楽しい絵本でした。リズミカルに読めるので見た目の印象ほど読むのに時間はかかりません。4才くらいからでも、楽しめそうです♪

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごんべえ一体どこへ行く?

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    長男が幼稚園の時の作品展の大型造形がこのおはなしでした。
    なるほど、大きなごんべえ人形を作り、各自のかも作品を飾れば
    このシーンの出来上がり!
    でも、作品展の後、大きな人形は解体して各自持ち帰ることとなり、
    長男が持ち帰ったのはごんべえの片足。
    彼が抱えて帰ってきた時は目が点になりました。
    さて、鴨を取って生計を立てているごんべえ。
    わなに仕掛けたものの、鴨達に逆に引っ張られて大空へ。
    その後も奇想天外なハプニングで、ごんべえの運命は・・・。
    次々にスピーディーな展開はとても面白いですね。
    もちろん、関西弁なので私にとってはとてもしっくりきます。
    絵はサラシ布に描かれていて、色のぼかし具合も味わい深いです。
    場面によって縦横変わりますので、
    読み聞かせの際はしっかりとした下読みが必要ですね。

    掲載日:2007/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4歳には難しい?

    娘が図書館で借りてきた本です。4歳の娘にはまだ内容が難しかったみたいです。ももたろうとかおむすびころりんとかは大好きなのですが反応が薄かったです。もう少し経ったら読んであげたいです。

    掲載日:2006/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいなー

    • ゼミさん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳

    昔話に触れるたびに思うこと。
    起承転結がしっかりしていて話の展開の中に
    ついつい引き込まれてゆくそして簡単な落ちでおしまい。
    かもとり・・やわらしべ長者、もそうですよね。
    これら昔話は良い書き物だと思います。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット