雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

ちびひつじ」 みんなの声

ちびひつじ 作:キャサリン・アリソン
絵:ピアーズ・ハーパー
訳:栗栖 カイ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784893093783
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ふわふわな絵本

    この絵本は動物の体がふわふわな素材でできている絵本でした。かわいい子羊が主人公だったのですが、うちの子は子羊の体のふわふわを触りながら絵本を読んでいました。ふわふわを触っていたら気持ちよくなるみたいで、寝る前に向いている絵本かもしれません!!

    掲載日:2016/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふわふわ絵本

    触って嬉しいふわふわ絵本です。目が見えることに感謝したいと思いました。絵が見えるから、羊のふわふわの感覚も理解できるし、楽しめるのだと思いました。綿毛も、てんとう虫、牛、豚、あひる、花にも、シープドッグにも触れながら感触が楽しめるんだと思いました。かくれんぼして遠くまで来てしまったちびひつじですが、やっぱりおかあさんの傍が一番いいことに自分から気づくことが出来てよかったと思いました。

    掲載日:2011/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • かあさんに会えてよかったね

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    ちびひつじが仲間とかくれんぼをしています。隠れ場所を探しているうちに群れからどんどん離れてしまいますが、ちびひつじは見たことのない景色や動物たちにご機嫌、ついにはかあさんのところに帰れなくなり…。
    子どもの好奇心を上手に描いています。『こすずめのぼうけん』を彷彿とさせます。さわってあそべるふわふわえほん、とある通り指先で触れる楽しみもあります。が、この仕掛けがなくても充分な仕上がりの絵本だと思います。優しい表情、温かい色使いが魅力です。

    掲載日:2006/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 触ってみてください♪

    図書館の読み聞かせ会でお話されていて、それ以来図書館で見つけると必ずひっぱりだしてくる息子。
    「ママ、触ってみて〜」と毎回いってくれます(笑)
    主人公のちびひつじに触ると、ちょっと違う感触。さらにちょっとした野原の草などもそうなっていて、覚えているようで覚えていなく、「ここもだよ〜」と嬉しそうに報告してくれます。

    お話は、ちびひつじがかくれんぼのつもりでかくれ場所を探していると、どんどんひつじの群れから離れてしまい、気付いたら・・・

    本人はただ楽しい&夢中になっているだけなんですよね。
    でも5才児の息子の行動とちびひつじの行動が似ていて、ついついほんわかしてしまいました。

    そしてシープドッグがちびひつじを見つけにきてくれたときは、親子でほっとしてしました^^;

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 驚きました。

    私は九州に住んでいるので、実際に羊を見る機会はあまりありません。北海道に旅行したときくらいでしょうか。

    けれども、あの牧歌的なイメージとかわいいフォルムは気に入っていて、ついつい絵葉書などに写っていると買ってしまいます。

    そんなわけで手に取った一冊です。

    野原に住む子羊のお話です。こひつじは好奇心旺盛でかくれんぼが大好き。ある日、あたらしい世界をみつけて喜ぶのですが。。

    タイトルの『ちびひつじ』だけをみて読み進めていたので途中でひつじの絵が「触れる」ことに気づきびっくり。

    思わず表紙を見直しました。触って遊べる絵本なんですね。

    アイディアはとてもいいと思います。

    ただ、もう少しやわらかくふわふわしていて欲しかったです。

    羊と豚の手触りが同じっていうのはどうかと。。

    まあ、楽しめましたから星4つです。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むだけでなく 楽しめます

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    挿絵一部がフエルトの様なもので加工されています。
    不思議な感じです。

    ちびひつじがかくれんぼの最中 群れから外れてしまいます。
    でも 出会う動物達に「いいかくればしょはないかしら?」と聞いて回り どんどんより良い場所を探しているうちに 自分が迷子になった事に気づきます。
    「かあさんがいない。どうしよう」・・・その時シープドッグがみつけてくれて かあさんの待つおうちへ。よかった、よかった。

    「シープドッグってすごい犬だ!!」と息子は始めて知ったお仕事犬にびっくりしていました。

    掲載日:2006/04/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット