だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

まちねずみジョニーのおはなし」 みんなの声

まちねずみジョニーのおはなし 作・絵:ビアトリクス・ポター
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2002年
ISBN:9784834018639
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 田舎の暮らしの絵が素敵です

    題名はまちネズミですが、どちらか言えば、田舎のチミーの生活の方がクローズアップされているかなと思います。
    間違って都会にやってきてしまったチミーが体験した
    まちのネズミの暮らし方は、いつもびくびく、本当に恐ろしいものでした。
    具合が悪くなって、頭を抱えるコロンとしたしっぽの短いチミーが憐れに見えます。
    それに引き換え、チミーの田舎の暮らしは何て気持ちが良いのでしょう。
    そして、はるばるやってきた、スマートなまちネズミのジョニーは、やはり慣れない田舎特有の暮らしに、一週間で早々と退散してしまいました。
    住み慣れたところが一番ということなのでしょうか。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知ってる!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    久しぶりにピーターラビットシリーズを読んでみたくなりました。

    適当に選んだのがこのおはなし。

    読んでみたら、イソップ童話の「まちのねずみといなかのねずみ」の話でした。残念!知ってる話だあ。

    でも、絵はポターらしい、かわいらしくて目が離せないねずみさん。

    本当に動物たちの表情豊かで、すごく癒されます。

    またほかのお話を読んでみようと思います。

    掲載日:2013/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分だけの心地よさ

    ピターラビット版「まちのねずみといなかのねずみ」のお話です。

    いなかのねずみ・チミーは、やさいかごに入ったまま、町の家に来てしまいました。町のねずみたちは、ごちそうを食べていますが、人間たちの食べ物を命がけで奪ってくるので、チミーは生きた心地がしないのです。

    ごちそうには恵まれているけれど、のんびりしたところがない町の暮らし。豊かさはないけれど、のんびりしている田舎の暮らし。その対比がうまく描き出されていると思いました。

    どこに居心地のよさを見つけるかはそれぞれの主観ですが、作者は田舎がいいようですね。

    私も読みながらどちらがいいのかなと思いました。田舎でも文化的な情報や本があれば、楽しめますが、時には町にも行きたいと私なら思ってしまうかもしれません。

    町の暮らしでやせてしまったチミーが田舎に戻って生き生きと生活を始めたのを見て、何だかほっとしました。

    自分だけの心地よさって生きている上で必要だなと思います。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生まれ育った場所が一番

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子8歳、男の子8歳

    まちねずみジョニーと、田舎のねずみチミー・ウィリーは、生まれ育った場所も生活の仕方もまるで違いました。
    あるとき、チミーは間違って野菜かごに紛れ込み、町につれていかれました。

    ひょんなことで町に出てきた田舎のねずみにとって、見るもの聞くものすべて驚くことばかり。
    ひっきりなしに音はするは、猫に追いかけられるはで、落ち着く暇がありません。
    やっとの思いで、わが家に戻ってきたチミーが、今度はジョニーを迎えると…。

    誰にでも、生まれ育った故郷があります。気候や風土の違い、生活習慣の違い、それは人もねずみも同じなのですね。
    締めくくりの一文「わたしは どうかといいますと、チミーとおなじように いなかにすむほうがすきです。」は、まさに、湖水地方を愛した作者ポターの本心が表れているもので、お話の最後の最後にこんな一言を加えるポターの人となり(人臭さ)に、魅力を感じました。

    そして、私自身、田舎に生まれ育ちました。このお話を通して、ジョニーよりもチミーに愛着を感じるのは、そのせいかもしれません(^-^)

    掲載日:2007/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 町と田舎の対比がおもしろい

    絵本にしては長編ですが、ビアトリクス・ポターの良さがよく出ている絵本だと思います。 絵がリアルなので、イギリスの町の様子と田舎の様子がよく分かります。 ねずみの視点で見ているのも面白いです。
    それから、絵本にしては珍しく、最後に作者の意見が書かれています(私は都会よりも静かな田舎のほうが好きです、だそうです)。作文じゃないんだから自分の意見を最後に明記するのはどうかとは思いましたが、まぁ、イギリスの田園風景の魅力を見事に描いたことに免じて許しましょう(笑)。

    掲載日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット