だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

子どもとよむ日本の昔ばなし10 へっこきよめさん」 みんなの声

子どもとよむ日本の昔ばなし10 へっこきよめさん 作:おざわ としお からさわ かおり
絵:はなのうちまさよし
出版社:くもん出版
本体価格:\450+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784774311005
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
「子どもとよむ日本の昔ばなし10 へっこきよめさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おならの前の呪文

    「へっこきよめさん」のすっかり虜(?)になってしまった私です。どの絵本の「へっこきよめさん」も面白くて笑えるのでいいと思います。この「へっこきよめさん」は、おならをする前に「呪文」をするのが、私には新鮮に思いました。ちょっと呪文が覚えれませんが、前もって呪文中に身構えができるからいいかなあ?と、思いました!

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話にしては可笑しいお話。

    「へっこよめさん」のお話を読むといつも思ってしまいます。
    日本の昔話にしては可笑しいな〜面白いな〜と(笑)。
    幼児期の子供(特におならということなどを面白がる年齢)には,とっても可笑しくて大笑いしちゃうのではないでしょうか!
    きりょうがよくて働き者の嫁さんの唯一の欠点。でもそれがみんなを喜ばせることになるなんて,また素敵ですね!
    みんな欠点は誰にでもあるものです,でも欠点も見方によっては長所になることもあるのかも知れませんね。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • すこしあっさりしすぎかな

    嫁いできた嫁さんは、とんでもないおならの持ち主。
    設定が面白楽しいので、子どもうけするお話ではあります。
    ただ、この絵本は短縮版なのでしょうか、おならで起こる数々の騒動が割愛されています。
    おばあさんがおならで飛ばされただけで里帰り、なしをおならで落としただけでおばあさんが心変わりと、スリム化した構成になっています。
    他の本とおならくらべをしてみると楽しいと思います。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • へっこきの呪文?!

    へっこきよめさまは、いろいろな
    出版社から出ていますが、
    これはコンパクトで、寝る前の読み聞かせにも
    ちょうどいい大きさです。
    なにより、インパクトがあるのは
    よめさまが、おならをする前に唱える
    呪文のような言葉!
    「へやへや〜 はだだかはだだか
    とんぴんしずかの ほろけほろけ〜」
    だったかな、とにかくなんだか
    印象的。
    娘も覚えて、おならをしたあとに
    「ほろけほろけ〜」といいます。
    ほんとうは、おならをする前なのですが、
    前には思いつかないみたいで(笑)。
    当分、はやりそうです。

    掲載日:2010/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもってどうしておならが好きなんでしょ

    • ゆーあーさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子10歳、女の子6歳

    くもんの昔話シリーズ大好きで、色々読んでいますが
    娘の一番のお気に入りはこの「へっこきよめさん」です。
    おならをする前の呪文、おならのページの「ぶう〜」という言葉に
    いつもいつも大笑いです。
    少し小さなサイズの絵本なので、小さい子でも自分で持てるので
    娘も時々一人で読んでいる事もあります。

    掲載日:2009/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごすぎる!(笑)

    ありえないことが起こるのが楽しい昔話。
    このお話も面白そうなので娘と読んでみました。
    おならで人が吹き飛ぶのを見て大喜びするかと思いきや・・
    「すごすぎる!」「もし飛ばされそうになったらどうする?」
    そうきたか。飛ばされることなんてない、ないと思いつつ
    「どこかにしっかりつかまればいいんじゃない?」などなど
    すっかり対策会議!?それはそれで面白かったですよ。

    掲載日:2007/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものツボ

    そろそろ息子にもちゃんとした昔話を読み聞かせたいと思っていたのですが、日本の昔話と言うと、なんだか教訓みたいなものがあって退屈してしまうかなと思っていました。

    でも、この作品は、まさにうちの子のツボにはまりました!

    とっても上品で働き者のお嫁さん。でも、たったひとつの欠点はものすごいおならをすること。そのおかげで、嫁入り先から追い出されてしまいますが、そのすごいおならが皆を喜ばせることになって・・・。

    もう、お上品なお嫁さんが、みんなを吹き飛ばしちゃうようなすごいおならをすると言うだけで大うけでした。
    しかも、変な呪文を唱えて。

    初めて読む昔話にぴったりです。日本の昔話って、とっても面白いものだったんですね。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳からでも十分楽しめる昔話

    さすが昔話です。子供を惹きつける魅力があるのでしょう。そして今回はおならというテーマなので我が家の娘には大ヒットです。おならをする時にお嫁さんが呪文みたいなのを唱えるのですが娘も読み終わった後まねっこしてました。3歳からでも十分楽しめる昔話でした。

    掲載日:2006/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / でんしゃでいこう でんしゃでかえろう / しゅくだい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット