もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

きぼうのかんづめ」 みんなの声

きぼうのかんづめ 文:すだ やすなり
絵:宗 誠二郎
出版社:株式会社ビーナイス
本体価格:\1,200+税
発行日:2012年03月11日
ISBN:9784905389118
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「きぼうのかんづめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「希望」という前向きさ

    伊坂幸太郎氏著の『チルドレン』の絵の人?

    震災関連のコーナーにありました
    「希望」というのは
    前向きなのかな?
    と、借りてきました

    あっ!
    あの大きな「大和煮」缶詰のオブジェの?

    かなりメディアでも紹介された絵本のようですが
    私は知りませんでした
    内容的な話で
    缶詰を洗って、中味はまったく大丈夫だったので・・・
    という情報は耳では聞いていたような・・・

    小学1年生のかんたくんの目を通して
    震災前・その時・その後の様子が
    短いながらよくわかります
    食べることについても
    「晩ご飯は、ポテトチップス3枚だった。」
    ねこの缶吉が泥まみれの缶詰を見つけ
    開けて食べた時の
    「ウマい!
    ボロボロ涙を流しながら食べた。」
    は、こどもでもその大変さが
    リアルに迫ってくる感じだと思います

    人とのつながり
    協力
    感謝・・・

    いろいろな大切なことが
    ぎっしり詰まっています
    確かに「きぼうのかんづめ」でした

    掲載日:2014/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット