だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

モンシロチョウのなぞ」 みんなの声

モンシロチョウのなぞ 作:吉原 順平
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\981+税
発行日:1983年01月
ISBN:9784323007229
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「モンシロチョウのなぞ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 調べ学習でぜひ使って!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    タイトルに惹かれて何となく図書館で借りてきました。
    絵本というより調べ学習用の科学の本という感じで、絵(図)や写真は多いものの、解説文の方が断然多かったです。

    逆に物語ではないので、事実を的確にしりたい好奇心旺盛なお子さんたちにはお薦めです。
    この本では、「モンシロチョウ」をはじめとする「カブトムシ」、「クモ」を取り上げています。
    絵や図、写真とともにとても分かりやすい言葉を使って、色々な実験結果をもとに、
    その虫たちの特徴や性質を説明してくれているので、虫などの自然に興味のあるお子さんにはもってこいの作品だと思います。

    特に今回の実験結果から、「モンシロチョウ」は“紫外線の色を見分けることができる”可能性が大きいことが分かったのが面白かったです。
    この本を読むまで、虫の目が「色を見分けることができる」なんて思っていませんでした。

    小学校の中学年くらいから、十分読めると思います。
    結構古い本ですが、ぜひ、機会があったら調べ学習や、発展授業として読んでみてほしいです。

    掲載日:2014/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット