ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

いろいろバナナ」 みんなの声

いろいろバナナ 作:山岡 ひかる
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2014年03月07日
ISBN:9784774322209
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,276
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • バナナが変身

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    子どもたちの大好きなバナナが変身しますよ。
    寒がり屋のバナナ、というのがポイントです。
    チョコレートのお風呂、クレープやスポンジケーキにくるまったり、なるほど!の展開です。
    お風呂と間違えて入ったミルクも、バナナシェイクとはキュートですね。
    いつものコラージュが、素材にぴったりで、素敵なバナナスイーツが勢ぞろいです。
    擬音も心地よいリズムを作っています。
    寒い季節にもいいですね。
    小学生あたりでも、高度にクイズ風にすれば、楽しめると思います。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 楽しいです!

    バナナが寒がりという発想がすごい!そこからまたお話が展開していくので面白いです。バナナがチョコバナナ、シェイクなどに次々に華麗に変身していきます。
    食べ物に興味を持つきっかけにもなるし、食育にもなるなぁと思いました。
    山岡さんの作品はイラストが可愛いしストーリーが楽しいので大好きです。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛くて、おいしそう。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    最初っから弾けてます。剥けています。
    「すっぽぽぽーん!」です。
    目が離せない楽しさがありました。
    バナナがいろいろおいしいものに変身する絵本でした。
    可愛くて楽しくて、おいしそうです。
    読み終わるとおいしいバナナスイーツが食べたくなります。
    クレープの皮がおくるみにだったり、ロールケーキのスポンジがふかふかのお布団だったりと、山岡さんの柔軟な表現力がこの作品のバナナたちをより可愛くしてくれています。
    とても単純な作りですが、だからこそちいさのお子さんから楽しく読めそうです。
    特にバナナの好きなお子さんにはおススメですね〜。
    この作品はシリーズがいろいろ出ているので、今度他のも読んでみたいです。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵ととてもマッチした音です

    はっくしょーん!すぽぽぽーん!で大笑い。
    絵ととてもマッチした音です。

    さて、はだかになったバナナが、湯煎されたチョコレート風呂へ、冷たいミルクへ、うすーいお洋服を身にまとって、お布団に巻かれて、・・・・・・。

    それぞれ、魅力的なスイーツさんに変身です。

    うちでは、まるごと冷凍して輪切りにして夏はアイス。
    冬は、バターをひいたフライパンの上で転がして、粉砂糖をパラパラしてソテー。

    バナナのない世界を想像するだけで淋しくなります。
    バナナさん、ありがとう〜♪

    掲載日:2015/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子はお祭りの露店を見ると、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    必ずと言っていいほどチョコバナナを買います。そして、露店で買うだけでは飽き足らず、家でも作り始めました。満足しているようです。この本を見たら、バナナで本に描いてあるような物、色々作りたくなっちゃうんだろうな〜。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • バナナも大変身!

    いろいろごはん、たまごに引き続いて
    いろいろバナナ〜〜☆

    ごはんもたまごも可愛くって面白かったので
    バナナってどんなお話になるんだろ?とどきどきわくわく。
    今度はスイーツ系に大変身!!
    このシリーズは絵が可愛いし、言葉も音も面白い表現が多くて
    小さい月齢から楽しめそうです!
    バナナは必ず毎日おうちにあるので
    「これ作って〜〜♪」っていってくれそうですね!

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • バナナ、最高!

    バナナは子供が小さい頃、主食なみに

    食べていました。

    起きてはバナナ、出先でもバナナと

    バナナなしでは生活が回らないほどに!

    なのでバナナがテーマの絵本もたくさん読みましたが、

    これはシンプルなうえ、とってもおいしそうなので

    読んでいて、バナナが食べたくなります。

    バナナに顔が描かれているのもかわいいですが、

    食べてしまいたくなる、バナナの絵。

    あ〜、バナナを買っておくんだったと思ってしまいます。

    バナナ好きにはオススメの一冊ですね。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • バナナは寒がり

    お話の最初に、「バナナは寒がり」と・・・確かに、南国育ちですからね。
    くしゃみで実が飛び出たときには、子供もビックリして笑っていました。
    そのまま食べても美味しいバナナですが、バリエーションはけっこうあるのだなと、思いました。
    この前、チョコバナナを食べたばかりだったので。

    掲載日:2014/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハックショーン!で大笑い

    どのシリーズも大好きですし、子どもに人気ですので新作が出てわくわくしながらページを開きました。

    今回はバナナということで、どんな美味しいバナナメニューが出てくるのかな??大体想像通りのものが出てきますが、その登場の仕方がやはり素晴らしい!!

    何よりも4本のバナナがはっくしょーん!でむけちゃうなんて。
    こんな面白い発想!誰が想像できたでしょうか??

    作者の山岡ひかるさんのユーモラスで温かなお人柄がうかがえるような気がしました。

    はだかんぼになったバナナ達がチョコレートのお風呂や牛乳のお風呂にはいるというストーリーで美味しいメニューに変身するという点も面白く子どもたちは喜んでいました。

    きっと!まだまだこのシリーズは続くのでは?と期待しています。

    掲載日:2014/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ずぼぼぼ〜ん!

    山岡ひかるさんの「食べ物絵本シリーズ」の中の1冊。今回はバナナです。寒がりのバナナがくしゃみをすると、ずぼぼぼーん!と出てきた兄弟たち。表現がリズミカルで面白いので小さな子供達に読みやすいです。それぞれがチョコレートやミルクのお風呂につかって変身していくのが楽しいですね。なるほど・・・と思っちゃいました。幼稚園くらいまで楽しめそうです。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット