ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

月見草の花嫁」 みんなの声

月見草の花嫁 絵・文:飯野 和好
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年03月15日
ISBN:9784776406471
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,590
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 月見草の密やかな恋

    人知れず咲く月見草の恋心、とてもロマンチックなお話です。
    でも、愛する嫁のためにと摘み取った月見草が、女房の命を摘み取ってしまうなんて、馬子の清吉のいたたまれない悲しみが想像されて切なくなりました。
    月見草の清楚な姿が余韻として残り、心打たれる話です。

    掲載日:2018/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ”月見草の花嫁”タイトルと表紙の絵にどっきりとして惹かれてしまいました。誰も見ていない夜に、ひっそりと咲く美しい月見草に、清吉が出会って、妻となった月夜に持ち帰りたいと思うのは、思いやりの気持ちからだったから仕方ないことだと思いました。二人は、夫婦としてお互いを思いやり、深い愛情が招いてしまったけれど、一年の間の夫婦生活が過ごせてよかったなあと思いました。哀しみと切なさが残りますが、月見草が念願叶って月夜という娘に変身して夫婦として暮らせてよかったなあと思いました。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きになった男に嫁いだ月見草の精。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子14歳

    佐賀の民話のお話を飯野和好さんが絵本にしたものです。

    日本の昔話や民話に登場する「花嫁」は動物や花や木が化けて助けてくれたり好きななった人に嫁ぐというものが多いです。
    このお話も月見草が好きになった男の元へ嫁ぐお話で、ちょっと結末が悲しかったです。

    ドラマチックな内容なので、小学校高学年以上のお子さんたちにお薦めします。どちらかというと女の子たちの方がこういうお話は好きかもしれません。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット