うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

もりはおもしろランド 6 もりのレストラン」 みんなの声

もりはおもしろランド 6 もりのレストラン 作:舟崎 靖子
絵:舟崎 克彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1984年
ISBN:9784033133102
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,544
みんなの声 総数 12
「もりはおもしろランド 6 もりのレストラン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クイズがたくさんでてきます。

    クイズが何度もでてきます。

    そのクイズを一緒に考えながら、絵本を読みました。

    カレーの配達をするのはいいんですが、

    寄り道ばかりで、カレーが冷めちゃうな・・・と

    思いながら読んでいました。

    誰が一体注文したのか、何のためにか、

    最後の最後でわかります。

    掲載日:2015/01/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナゾナゾが楽しい

    シリーズで子供のお気に入りです。こちらの絵本を初めて読んでから、他のシリーズも読むようになりました。

    カレーライスを注文したのは誰なのか?というナゾナゾをもとにお話が展開され楽しいです。

    二つ頼んだカレーライス、ひとつはお詫びにごちそうしてくれるなら、こんな楽しい出前はないですね(笑)

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ好きのスカンクさん

    やまあらしさんのレストランのお話です。
    ある日、なぞなぞで出前の注文がきました。
    さて、料理を持ってなぞなぞの答えのところへ。
    ところが、またなぞなぞが。
    そして、またなぞなぞ・・・

    こんなに、なぞなぞが続いて、思い出したのがスカンクさんです。
    シリーズ「もりの おばんとうやさん」を先に読んでいたので(シリーズの順番としては、おべんとうやさんが後なのですが)、なぞなぞ好きのスカンクさんがいたことを思い出したのです。

    たどり着いた場所は、やっぱりスカンクさん。
    なんと、熱いものが苦手なので、カレーを冷ますために、こんななぞなぞで遠回りさせたのですって。

    と言うことは、お弁当は冷めているものだから、スカンクさんは好きなのかな・・・なんて、シリーズの中で、お話がつながっていることを発見しました。

    掲載日:2011/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろランド

    「もりはおもしろランド」シリーズの仲間がとても仲良しで楽しく暮ら

    しているので、以前からシリーズをもっと読みたいと思っていたので、

    選びました。

    やまあらしさんのレストランにカレーライスを二つ注文した人探しにク

    イズ形式になっていて、クイズを解いては、またクイズを解くと触りま

    わされました。熱いものが苦手のスカンクさんの注文だから。カレーラ

    イスが冷めるまで少し道草をくってもらったの説明に納得しました。

    でも、最後まで注文主にたどり着くのかと心配になりました。

    もりのなかはおもしろランドシリーズは、わくわくして楽しいです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいなぞなぞ

    いろんな職業の動物達が登場するこのシリーズ。
    今回の主役は、レストランのやまあらしさん。
    ある日、地図となぞなぞが書かれたカレーの注文書が舞い込みました。
    やまあらしさんはカレーを配達しにいくのですが、なぞなぞの答えの場所にはまた次のなぞなぞが・・・。

    次から次に現れるなぞなぞが楽しいです。
    地図を見ながらわくわくしちゃいます。
    やまあらしさんは無事、注文主に配達できるかな?

    このシリーズは、同じ村に住む動物達がかわるがわる主役をつとめていて、登場人物はおなじみのメンバーなので楽しいです。
    4歳の息子もハマってしまい、次々に読破しています。
    幼年童話の範疇かもしれませんが、ちょっと長めの絵本のような感じで楽しめると思います。

    掲載日:2009/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいレストラン

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    今、娘たちと一緒にはまっているシリーズです。
    今回はヤマアラシさんのレストランがオープンしました。

    このレストラン昼間は配達で大忙し。
    と〜っても大変なヤマアラシさん。
    でもその配達する料理がとっても美味しそうで、
    娘たちと自分だったら何を注文するかで盛り上がっちゃいましたよ。
    そして次女が一言、
    「お母さんは毎日ご飯作ってくれるからレストランの人だね」
    その一言で、その日の食事はレストラン遊びに・・・
    この本から話しが広がり楽しい時間が過ごせました。

    このシリーズを読んでいると、動物達の好きなことや特技などが
    わかるようになっていて、とても面白いです。
    次はどんな動物が何のお店を開くのかな〜?
    次々読みたくなるシリーズですよ。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチを読んでなるほど

    小学一年生の息子が続けて借りてくるシリーズです。

    毎回、主人公が変わるので、私も楽しみにしています。

    森の新しいレストラン。配達もしてくれるのですが、届け先がなぞなぞになっています。

    なぞなぞ好きなお子さんだったら楽しいのではないでしょうか?

    推理気分でわくわくしました。

    それにしても、やまあらしさんは気が長いですね。

    食べ物は、温かいうちに食べてもらいたいと思うので、私なら焦ってしまいそうです。

    でも、オチを読んでなるほど。

    まだ、シリーズの半分も読んでいないなので、次はどんな作品を借りて来てくれるのか楽しみにしています。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名探偵を気取って!

    森の中にできたレストランはコックのやまあらしさんが切盛りしてます。
    夜はお客さんが歌を歌ったりして賑わったり、昼間はランチの出前をしたり、
    とっても忙しそう!

    ある日、なぞなぞ形式で書かれたカレーライスノ注文が入りました。
    一体だれが注文したのか?
    やまあらしさんと一緒に解明していくのです!

    1つ1つのヒントを追いながら、「あっ!きっとココだね!」
    って思ったら・・・残念(><)まだまだヒントが続きます。
    最後の最後まで、注文したお客さんが誰なのかすっごく気になるし
    ドキドキしながらなぞなぞを解いていくところがたのしい♪
    ラストには分かっちゃうのですが、どうしてこんなての混んだ注文を書きよこしたのか?
    その理由も、「そう言うこと!」って笑っちゃいます。

    もりのなかをいっぱい探険できて、いろんな動物にもあえて
    とってもたのしい時間を過ごしました。

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ?!

    クイズが大好きな子にとてもお勧めの絵本だと思いました。クイズを解きながらお客さんを探し注文を届けていくのは大変だけれどやりがいのある行為だと思いました。しかし、主婦の私としては温かいものは温かいままの方が美味しいと思っているのでこんなに寄り道をしていたらせっかくの料理が冷めてしまう!とハラハラ気をもみました。でも、どのようなコンディションを好むかはお客さん次第なのだなと再確認しました。二人でカレーライスを食べるシーンは幸せです。コック帽をかぶったままカレーライスを頬張る姿はなかなか様になっていました。料理は大好きな誰かと食べるからこそ美味しさも増すのだと思いました。私がコックだたらクイズが苦手なのでお客さんの所まで辿り着けるかな。と不安です。クイズが得意なコックさんで良かった!

    掲載日:2007/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞがすっごく楽しかったです。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    今回は、なぞなぞ?クイズ?尽くしですっごくわくわくしました。
    読んでいても、なかなか答えがわからなくって、やまあらしさんと一緒くらいのタイミングで、「そうか!」って感じでした。
    子供たちも、「あ!」とか「そうか!」と言っていたので、たぶん、同じくらいかしら?(笑)
    すっごく楽しく、わくわくとした状態で話が進んでいって、次は?次は?という感じと、誰だろう?っていう不思議がたまりませんでした。

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット