ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

講談社の英才教育シリーズ てじなの学校」 みんなの声

講談社の英才教育シリーズ てじなの学校 著:辰野千寿
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1970年
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,080
みんなの声 総数 1
「講談社の英才教育シリーズ てじなの学校」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘と楽しみました

    私が小さい頃、買ってもらったこの本を娘と一緒に
    読みました。
    いろいろな不思議なこと(理科のもとになるようなこと)が
    書いてあります。
    夫は「なぜそうなのか理由が書いていないのはよくない」と
    言っていましたが(確かに理由は書いてありません。タイトル
    からして「てじなの」という言葉が入っているので、種明かし
    はしないということなのかな?)、「わあ!」という驚きや
    不思議な気持ちになる・・というだけでもいいのではないかと
    私は思います。「これはこういった仕組みで」と説明された
    途端、なんだか「ワンダー」ではなくて「お勉強」っぽく
    なってしまいそうな気がしますし。
    まあ、「講談社の英才教育シリーズ」なので、お勉強っぽい
    といえばお勉強っぽいのですけれども。
    でも「わあ!」から、自分で「なんでだろう?」とか
    「こうしてみたらどうだろう?」という気持ちに、読んでいる
    子がなっていったらいいなあ、きっと、この本の狙いもそう
    なのじゃないかなあと思いました。
    やりたがりな娘は楽しく(いろいろ試したりしながら)
    聴いていました。

    掲載日:2014/03/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いないいない…ばあっ!で、とびきりの笑顔に♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット