雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

うさぎじまのうさぎちゃん」 みんなの声

うさぎじまのうさぎちゃん 写真:福田 幸広
文:ゆうき えつこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年02月26日
ISBN:9784097265344
評価スコア 4
評価ランキング 20,968
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんうさぎが可愛い!

     うさぎ好きの友人に紹介しようと、図書館で借りました。

     地面の巣穴からぴょこんと頭をだした、うさぎの赤ちゃんの愛らしさ、可愛いらしさに、きゅーんです♪ お母さんうさぎも もちろん可愛いけれど、赤ちゃんうさぎの可愛らしさは別格でした。

     ピーターラビットも「すなのあなのなか」に住んでいましたが、本当に地面の中の穴に住んでいるんだなと写真を見てビックリしました。地面の中はどうなってるのかな?土に埋もれてしまわないのが不思議です。

     可愛い写真の数々に小さな子どもさんも夢中になると思いますが、もう成人している私の娘も「お母さん、うさぎ島に行こう!」と興奮気味に言っていました。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 巣穴から出てきた赤ちゃんうさぎ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    広島県に実在する「うさぎ島」、大久野島で、
    巣穴から出てきた赤ちゃんうさぎをとらえたノンフィクションの写真絵本です。
    お母さんうさぎが丁寧に埋めた巣穴から顔を出した赤ちゃんうさぎ。
    きょろきょろしていると、お母さんうさぎが駆けつけてきて、
    赤ちゃんうさぎを巣穴に戻し、また入り口をふさぎます。
    でもまた…。
    とうとう、お母さんうさぎの許可が出たのか、兄弟たちと外へ出ますが、
    そこには天敵が。
    なんとか難を逃れて一安心ですが、でもやっぱり赤ちゃんうさぎは元気いっぱいなのですね。
    ありのままの写真だけに、その表情のかわいらしさは極上です。
    あわててごっつんこしてひっくり返っているショットなんて、そうそう見られませんよ。
    じっくりと時間をかけて撮影されたうさぎたちの姿、たっぷり体感してほしいです。
    小学校のおはなし会で読みます。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ドームがたり』読み聞かせレポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット