ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

でえだらぼう」 みんなの声

でえだらぼう 作:斎藤 隆介
絵:新居広治
出版社:創風社
本体価格:\1,600+税
発行日:1996年
ISBN:9784915659805
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,538
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 突然歩き出した大男

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    齋藤隆介さんの本は、自分を犠牲にして社会のためになる主人公の本が多いですね。この本もそうですが、ちょっと変わっています。主人公のでえだらぼうは、生まれてから30年間、赤ん坊のように座って泣いてばかり、その上に大飯ぐらいでした。我が家の子供たちはこれが不思議ならしく「どうして、どうして?」とさかんに聞きます。いつも、お兄ちゃん、お姉ちゃんにならないと言われている子供にとっては、いつまでも赤ん坊という存在が特別に映るのかもしれません。でえだらぼうは、旅の不思議なおじいさんに顔を叩かれると突然歩き出し、てんぐと戦って一生を終えてしまいます。こういう運命に生まれた子だったのでしょうか。いろいろなことを考えさせられる本です。

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

わたしのワンピース / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット