くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ビルとベンのなかなおり」 みんなの声

ビルとベンのなかなおり 原作:ウィルバート・オードリー
訳:文平 玲子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:2004年01月31日
ISBN:9784591079027
評価スコア 3.5
評価ランキング 34,536
みんなの声 総数 1
「ビルとベンのなかなおり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲良しの二人

    トーマスのお話を知っている人なら

    すぐ気付くと思いますが、ビルとベンは双子です。

    トーマスのシリーズには、双子や三つ子が何組かいます。

    このビルとベンはとってもなかよしで何もかも一緒なので、

    それが少しでも違ってくると、いろいろと問題が・・・。

    これは双子に限らず、いずも一緒にいる友達でも

    同じだと思います。

    絵本ですが、絵ではなくテレビの映像を切り取った絵です。

    それでも十分表情が分かるので、味わってほしい

    絵本だと思います。

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット