ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

クルヨ・クルヨ」 みんなの声

クルヨ・クルヨ 作・絵:荒井 良二
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,553+税
発行日:1995年
ISBN:9784592760757
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,566
みんなの声 総数 6
「クルヨ・クルヨ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズム感がいいです!

    息子が図書館から借りてきた絵本です。
    「トーク・トーク」、「ダンダント」、「クルヨ・クルヨ」
    の三つのおはなしが入った絵本です。
    それぞれが
    世界中を旅しながら描かれた詩になっていて、言葉遊びの要素もあり
    繰返し書かれたそれぞれのキーワードが、リズム感もあり
    楽しく読むことができます。
    はじめは、「遠く、遠くに来た〜」と始まり、
    終わりには「〜きた」と締めくくっていて、
    3つのお話しに分かれてますがきちんとつながってるこの3話の
    展開がおもしろく、それぞれのお話しのなかでも
    焦らずにゆっくりと楽しもうよ!といったメッセージも含まれていて
    ゆったとりとした気持ちになりました。

    掲載日:2008/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遠いところで思うこと

    トークトークのにおい トークトークのおとってすごくわかるような気がします。
    絵は椰子の木があったり、荷物を上にのせるバスがあったり、海がみえたり、カモメがいたりと、そんなところです。
    ダンダント
    絵はソンブレロの人たちに、シンプルな楽器を奏でる人たち。
    異国の歌は、どこに行っても耳について離れなくなったりしそう。
    クルヨクルヨ
    また少し旅をして、そこに、その土地の夏がやってきたようです。
    ちょっと不安だったり、ちょっと開放的だったり、そんな旅を感じました。

    掲載日:2017/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 三部作

    このお話は三部作からなっていました。どのお話も、歌が登場してくるので子供はとっても喜んで聞いていました。独特な感じの旅がテーマだったのですが、私よりも子供の方がこのお話を分かっていたのかな!?とにかく気に入っていて何回も読んでいました。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1つの言葉からくるいろんな音が楽しめる。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    荒井良二さんらしい、ポジティブな絵本でした。

    この絵本で取り上げられたそれそれのサブタイトルは、素晴らしい『音』であり、
    どこか遠くをイメージさせる旅の始まりにふさわしい「トークトーク」=遠く遠く。
    旅の途中で訪れる町の「ダンダント」=段々と
    何かが、どこかららやって来る「クルヨクルヨ」=来るよ。来るよ。という言葉でつながった旅のお話です。

    絵は明るいし、文字も大きくて見やすいので、読み聞かせなどにもピッタリだと思います。
    1つの言葉でも、色々な音に聞こえるはずの、それぞれの単語を読み手のイメージでそれぞれ使い分けて、「音」に出してあげたら、聞き手の子どもたちも、より楽しめるんじゃないかと思いました。
    音を楽しむこのと出来る年を考えると、4年生以上のお子さんにお薦めしたいです。

    ちなみにうちの上の子の感想は「なかなかいいんじゃな〜い」なんて、上から目線でした。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生という旅

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    トーク・トーク、ダンダント、クルヨ・クルヨの三つのおはなしになっています。

    荒井さんの絵本は、ちいさい子どもから大人まで読めるもので、その歳によって捉え方が違うように思えます。

    この絵本も、詩のような文の中に、深い思いが伝わってきます。
    特に、ダンダントが好きです。
    「ダンダント・デ・イイヨ」という歌が、心にしみてきました。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な旅の本

    子供には難しかったようですが、素敵な旅絵本だと思います。「トーク・トーク」「ダンダント」「クルヨ・クルヨ」と面白い言葉遊びになっています。

    掲載日:2006/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット