おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

もりはおもしろランド 13 もりのぎんこう」 みんなの声

もりはおもしろランド 13 もりのぎんこう 作:舟崎 靖子
絵:奈良坂 智子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1992年
ISBN:9784033133805
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,399
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 素敵なアイディア

    「もりはおもしろランド」シリーズ見っけ!

    銀行?
    って、このシリーズでお金使っていたかな?

    ページでは「ぎんこう」ではなく
    「あなたもあずけてみませんか」になっていて
    種を預けています

    なるほど・・・
    いのししさんがお世話して
    種から花を咲かせてー
    花から実になってー返してくれます
    返す時には
    2つのうちの1つは、いのししさんへの
    お礼になります
    実で作ったジャムをいただくことも!

    これは、いいことですね!!
    素敵ですね

    いのししさんの家の周りも素敵になっていきますが

    このシリーズお得意の事件!?が・・・

    みんなで解決するのがいいですよね

    そして・・・

    絵本を閉じると
    真面目ないのししさんが
    お客様名簿を書いていますよ

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確かに「ぎんこう」だ!

    いつになっても「お金」が出てこないけど・・・と不思議に思いながら読んでいましたが、そういうことだったんですね!
    預けるものは、花の種。
    こんな銀行って素敵ですね。
    花がたくさん登場するので、これからの時期にちょうどいいと思います。

    子供の好きなシリーズだったので、今回で既刊は読み終わりました。
    でも、このお話では初登場の「くつやの もぐらさん」がいましたね。
    もぐらさんが主人公で、シリーズ続編が出るのかな?なんて期待しています。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 預けたものを増やす

    アナグマさんが行ってた町の駅前にある、「預けたものを増やしてくれ

    る」銀行は、どう考えても、お金を預ける銀行で私もてっきりお金のこ

    としか考えれませんでした。森のいのししさんの銀行は、種を預ければ

    花を咲かせてくれたり、花のいっぱい咲いた植木鉢を預ければ実になっ

    た林檎になってかえってきました。いのししさんの銀行ってとても素敵

    な銀行でした。いのしし生まれの孫を持つ私は、なんだか誇らしく思い

    ました。かえるさんが預けた緑の種にまつわるエピソードも森の仲間ら

    しい解決策にやっぱり思いやりがいっぱいある仲間らしいと思いました

    心の優しい仲間がいっぱい住む森ランドは、優しさや思いやりがいっぱ

    いでわくわくして心までも癒されます。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういう銀行があったとは!

    いろんな動物達が仲良くお店を出しながら暮らしている《もりはおもしろランド》シリーズ。
    今回のお店は、タイトルどおりの「ぎんこう」のはず・・・。
    でも、いっこうにお金の話は出てきませんし、主役のいのししさんのお店が何屋さんなのかも明示されていません。
    いのししさんがやっているお店では、お客さんからタネやお花を預かって、それを育てて大きく増やしてくれるんです!
    それが、都会にある《ぎんこう》の仕組みに似てるから、いのししさんのお店も《ぎんこう》になったんですって。
    なるほど!目からウロコです。
    銀行って、確かにそういうところですもんね。

    いのししさんの銀行のおかげで森にお花が増えた、なんていうエピソードもいいですね。
    そんないのししさんが困ってしまったとき。
    森のみんなが知恵をしぼって助けてくれます。
    やっぱりこの森の仲間はとても素敵な仲間達ですね。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな銀行があったら素敵

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    お姉ちゃんが学校から借りてきてくれました。

    私も娘もタイトルから、私達がいつも利用しているよな
    銀行の事ばかりだと思い読み始めました。
    なので予想外のお話しにビックリ!!
    そして素敵なお話しに親子でワクワクしちゃいました。

    動物達が預けるたびに素敵なものが増えて、森が美しくなっていく。
    まさに森の銀行です。

    読みながら「これを預けたらどうなるんだろう?」
    と想像が膨らみました。とてもワクワクしますよ!
    読み進めるのが楽しくなるお話しです。

    次はどんなおみせやさんに出会えるかな?

    掲載日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の動物の気持ちが温かく響く

    息子が学校から毎日借りて来るシリーズです。

    毎回、森の中のお店屋さんがテーマ。

    いのししさんのお店に種やお花を預けると、お花や実になって返って来ます。

    それは、いのししさんが丹精こめて、植物のお世話をしてくれるからなのですね。

    病気になってしまったいのししさんを、何とか助けてあげたいと思う森の動物の気持ちが温かく響くとても素敵な作品です。

    こんな素敵な銀行があったら、私も預けてみたいなと思います。

    息子は今ひまわりの栽培をしているところなので、いのししさんの気持ちがわかったみたいです。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりのぎんこうに預けるものは…

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    もりのお店はどれもかわいらしいお店。
    今回は…「もりのぎんこう」?
    そりゃ銀行も必要だろうけど、これまた現実的な…と思いながら
    読んでいくと、思っていたのと全然違う!

    「あなたもあずけてみませんか」
    この看板、すばらしい!
    何をとかどういう風にとか書いてないんです。
    でもみんなが自然と持ち寄ってくるものは…種や花。
    お金のことしか頭になかった私、反省。
    いのししさんの銀行は、素敵な銀行ですね。

    このシリーズは娘が大好きで、借りてきたら、まず絶対自分で読んで、
    そして一緒に読みます♪

    掲載日:2008/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花の銀行屋さん

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    『もりはおもしろランド』シリーズ 第13弾。
    小学2年の娘が好きなシリーズです。
    とても夢あふれるおはなしでした。
    いのししさんに種や花を預けると、
    りっぱなお花や果実になってかえってきます。
    種を見ただけで、いつごろベストな状態になるかわかる いのししさんに、
    娘は「すごいね!」「お花育てるの上手いんだね。」と思ったようです。
    森の仲間達とのやさしい関係もよかったです。

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど〜

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    息子が大好きなシリーズです。
    このシリーズの絵本はたくさん読んでいて内容に少し飽きていたのですが、「もりのぎんこう」は楽しめました。

    銀行はどんな所か説明するのは難しいなぁ。
    一体どんな内容になっているんだろうと少し疑問を持ちながら借りてきました。
    この絵本を選んだ息子は銀行なんてどんな所か知りません^^;

    この絵本の銀行は、種を預け、花になって返ってくるというかわいらしい銀行でした^^
    なるほど〜!確かに銀行みたい!!
    お金だと少し抵抗あるけれど、種だと子供に受け入れやすいですね。

    意外な銀行にとても楽しめました。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきな銀行

    いのししさんのお店に種や木を預けると、受け取るときには
    ビックリするようなプレゼント付きで帰ってくるのです。
    そんな事から、「もりのぎんこう」と名付けられてのですが
    いのししさんの人柄がよ〜く分るような、やさしいお話しに
    読んでる私たちまで、心がほっこりしてきました。
    いのししさんだけではなく、登場してくるもりの仲間達も
    それぞれが相手を思いやる心がいっぱいで読後まで温かさがしっかり残ります。

    我が家のちかくにいのししさんのお店があったら、私は何を預けようかな?
    と、ワクワクするし表紙裏のぺーじに描かれたもりの中の地図を眺めながら
    是非、近所に引っ越した〜い!と、隅々まで楽しめる絵本でした。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット