だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

だあれかな」 みんなの声

だあれかな 作:LaZOO
絵:荒川 静恵
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2002年
ISBN:9784052015915
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,407
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 可愛い絵本!

    荒川静恵さんのイラストは,優しい雰囲気の可愛らしいイラストが赤ちゃんにぴったりですね。
    親の方も癒されながら読むことがでいる,本当に愛らしいイラストなのです。
    ボードブックなのでしっかりしていて,そこも赤ちゃん向きです。
    大きさも大きすぎないので,お出かけ先のお供にも重宝します!

    掲載日:2016/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力が育ちます。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    可愛い動物がいっぱいでてきますよ。
    でも、穴あきになっていて、誰かわからない?

    「だあれかな?」

    その動物の特徴の部分しか見えないので、
    赤ちゃんの想像力が育ちます。

    ページをめくると、ぞうさんやおさるさんが出てきます。

    前のページのヒントの言葉が、もう一度出てきます。
    とっても工夫されてるな〜と感心しました。

    案内役のねずみさんも可愛いです。
    水をバケツで運んでいたり、おさるさんにばななを持って来てあげたり、
    こちらも注目!
    どのシーンも可愛いけれど、
    ぶたさんにお花をあげているシーンがいいな。

    あかちゃんから楽しめる穴あきしかけ絵本です。

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    穴が開いている絵本でちょっとしたしかけが幼い子に良さそうな絵本です。
    3歳の子に読みましたがもっと幼い子でも大丈夫でしょう。
    長い首のきりんや長い鼻のぞうといった感じで動物の特徴がピックアップして描かれているので分かりやすいと思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • しかけ絵本

    4歳8ヶ月になる孫ですが、しかけ絵本に今とても興味を示すので選び

    ました。「だあれかな?」と孫と一緒に考えて当てっこ遊びが楽しいで

    す。何度も読んでいると覚えてしまいますが、孫の脳トレに役立ってい

    ます。孫と言うより案外私の呆け防止になっていると思いました。

    温かい優しい絵もお気に入りです。あかちゃんからお薦めの絵本です。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても気に入ってくれました。

    0歳の頃から息子に読み聞かせしている絵本です。
    あらかわしずえさんの絵は優しくて、かわいいく、何回見ても飽きがこないのでとてもお気に入りです。

    なかでもこの絵本は動物がかくれんぼしているかのような仕掛け絵本になっています。息子もページを開いて動物が出てくるたびにとても喜んでいます。おかげで絵本はもうボロボロです…二冊目検討中です。

    息子のような小さく、不器用な子でもページをめくりやすいのがまたお気に入りの理由みたいです。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本に親しむきっかけに

    ページに開いている穴が赤ちゃんの興味を引き、ページをめくる楽しさを教えてくれます。
    また、はっきりしているのに優しい色使いもいいです。
    絵が少しアニメちっく過ぎるような気もしますが、これは好みですね。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 荒川さん

    荒川静恵さんの本です。荒川さんの本が大好きなので良く子供には読み聞かせています。「だれかな〜」と一緒になって考えて、ページは穴のところから娘にめくってもらって一緒に答え合わせ。楽しい本です。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いないいないばあ!と同じ面白さ

    のぞき穴からチラリと見えるの一部。次のページにかわいい動物たちが待っています。「いないいないばあ」の本のように、次を想像させるゲームのようにして読ませることができます。

    私はそれぞれの動物が出てくるたびに、その動物の声をまねして読んであげていました。かえるには「ケロケロ」、ぶたは「ぶーぶー」と。
    そうして何度も読んでいたら、最後の「くるんとしっぽ」のぶたさんがどうやら一番強烈な印象を与えているらしく、「くるんとしっぽ」のページを見せるだけで娘は「ぶーぶー」言い出すように…。
    娘が最初に覚えた動物の鳴き声はニャーでもワンワンでもなく、ブーになりました。

    それぞれの動物の特徴を押さえた一文で、動物の名前を教えるヒントになります。絵柄もはっきりとしたカラーで子供にわかりやすい工夫がされていると思います。

    掲載日:2009/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穴の中から!

    友達からの贈り物の絵本。

    穴から動物の一部が見えて、だあれかな?と問いかけて行くドキドキ感がおもしろいです。
    子供は、穴に手をいれ、自分でページをめくりながら、おーおーと言って楽しんでいます。

    絵も可愛いし、色使いもはっきりしていて子供も興味がわくようです。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本に興味のなかった娘に

    まだ生まれて半年くらいしか経ってない頃の娘のために本屋さんで見てこれだ!と思い購入しました。
    その頃の娘は家にある絵本にはそれほど興味がなかったので...
    絵もかわいいし、内容も単純で、ページがくりぬいてあるのが新鮮だったらしく、
    おとなしくページを開くのを見ていました。
    慣れてくるとページの穴に手を入れて次から次へとめくり始めました。
    この本で、絵本をめくる楽しさを覚えてくれたかもしれないです。

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット