モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ろくべえまってろよ」 みんなの声

ろくべえまってろよ 作:灰谷 健次郎
絵:長 新太
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:1978年
ISBN:9784580813939
評価スコア 4.76
評価ランキング 576
みんなの声 総数 83
「ろくべえまってろよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

83件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 食欲が・・・

    穴に落ちてしまった犬、ろくべえの救出に奮闘する小1の子供たちのお話です。
    途中、本をたてにしたり横にしたりして読むので
    なおさら穴の深さを感じるような気がします。
    その分ハラハラ感もどんどん深くなっていきました。

    子供たちが知恵を絞って救出する方法として
    「クッキー」をつかうということになり
    食いしん坊の私は
    「ほほぅえさで釣るのかぁ。しかし犬がクッキーにおびきよせられるのか?」
    と、考えていたのですが
    クッキーとは、ろくべえの友達(彼女)犬。
    食べ物だと思い込んで読み進める私には、どんどん腑に落ちない文章になり・・。
    娘に「意味わかんないねぇ」というと
    「おかあちゃん何言ってんの。クッキーは犬だよっっ」と激しく指摘され・・・^_^;
    メス犬ならもっとメス犬らしい名前にしてよ・・。
    それとも、読み手の大人を試してるのかな・・・。

    掲載日:2013/10/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんな集中

    • 紗世さん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子7歳

    朝読書の時間、小学校1年生に読み聞かせしました。

    子ども達が体育座りをしている前で、椅子に座って読んでいると、
    みんなの目が絵本に集中しているのが分かりました。
    「ろくべえ 大丈夫?生きてる?」
    「おじさん、ヒド〜イ!!」
    みんなの声が教室に響きます。

    長新太さんの絵もピッタリで、
    本を縦に持ったり、横に持ったりして読ませるところも素晴らしい。

    「ろくべえ まってろよ」
    やはり名作です。
    名作の力を思い知らされました。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもたちが団結して、犬を救助!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    「文研出版」という出版社をそもそも知りませんでした。
    出版年月日を見ると、昭和53年!
    灰谷さんの児童書は読んだことありますが、いま思い出す限り、絵本はこれが初めてです。
    灰谷さんらしいお話だな〜と、思いました。
    今の子どもたちは、灰谷さんの作品を読むのかしら?
    この方の作品は、
    読んだ後に、じんわり暖かい気持ちが生まれるんですよ。

    この絵本はどうやら自分の体験記から、ヒントを得て描かれたようです。
    一昔前は、子どもたちはこんな感じで、団結力があって、突っ張っていても、正義感が強かったりしたものです。
    マンホールとか、工事中の穴とかも結構そこらにあいてて、気をつけないと「うっかり」っていうこともありましたよね?

    この絵本を見ていて、子どもの頃を懐かしく思い出してしまいました。
    「子どもたちが団結して、知っている犬を救助する」
    絵も、さすが長新太さん!といいたくなる作りで、いろいろ楽しめます。
    少々時代は古いですが、小学校低学年から高学年のお子さんにいかがでしょう?

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • くすくす

    谷川俊太郎さん執筆で、なんだかせつない感じが漂うタイトルであるため感動的なお話かと思いきや、そうではありません。ほのぼのしたストーリーです。穴に落ちた犬(ろくべえ)を助けるため試行錯誤する子供たち。本人たちは真剣なのですが、関西弁のやり取りがどこかのんきでくすりと笑ってしまいますよ。

    掲載日:2007/01/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • あきらめないぞ〜!!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    パパが子どもたちに読んでくれました。
    私も夫も、灰谷健次郎さんが大好き♪(私が先生になりたいと思ったきっかけは、彼の小説「兎の眼」に感動したからです。でも、結局挫折しちゃったけど・・・。)

    深い穴に落ちてしまった、犬のろくべえを救うために、5人の1年生が、頭が痛くなるほど考えます。
    ろくべえの心細い気持ちや、子どもたちの何とか救い出してやりたい気持ち、それに比べて大人たちの無関心さ・・・灰谷さんの文章(関西弁が好きです♪)と長さんの絵が絶妙にマッチして、見ごたえのある絵本になっています。

    それにしても、長男のきつ〜いひとこと、「母ちゃんたちって、すぐあきらめちゃうんだよなあ!」というのが、ひっかかります。
    今年は、夢をあきらめずに、実現させたいです。

    掲載日:2005/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読後の余韻を

    おはなしかいで読みました。
    3歳のこどもたちにはすこし長すぎるかと思いましたが、ろくべえが気になるのか最後まで静かに聞いてくれました。
    絵が縦になったり横になったりで読み手は忙しいのですが外の様子、穴の中の様子としっかりと描き分けられているのでこどもたちはひきつけられるのでしょうね。
    ドキドキしながらかごをひきあげ、さいごのページはあっさりと終わってしまうので読み手は技量がいります。「よかったね」など何かひとこと言い足したくなりますが、こどもたちに余計な言葉を残したくなく終わり方に悩みます。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい絵本です

    何度も読み 子どもにも読んであげた絵本をまた読んで 子ども達の優しさと 知恵に感動しました
    それに引き替え 大人がもう少し知恵を出してあげたら・・・・
    でも 大人が助けなかったから 子ども達が知恵を出し合い ろくべえを助けることができたのですね
    子どもの優しさは やはり 本物です
    ろくべえも だいすきな クッキー(犬の彼女)のおかげで 元気が出て 助かったというのも かわいいです

    最後まで子ども達だけでやり遂げたという経験に 拍手です!

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも忘れないお話

    このお話は、たくさんの方が、国語の授業で知っておられるのでしょうね。
    久しぶりに逢った娘と雑談している時に、あの本良いよね。と言ったら、ああ、教科書に載ってた! 好きやったわ! 懐かし!と言ってました。
    なんだかいい加減な大人たちに対して、子どもたちのやさしさと粘り強さ、工夫に、読んでいて感動します。
    このままの気持ちで大人になってください。と思います。
    灰谷さんと長さんのあとがきも好きです。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象に残っている作品

    自分も小さい頃に読んで、とても印象に残っている作品です。特に、犬が落ちてしまった穴が深かったことを覚えているのですが、絵本を縦にしてあったんですね。
    子供たちの素直さと一生懸命さは、今も昔も変わらないんだと感動しました。その行動力には脱帽です。一緒に読んだ子供たちも、「ろくべえ頑張れ!」と一緒になって助けようとしていました。
    逆に、大人たちの冷たさにはドキッとしてしまいました。

    掲載日:2016/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵をしぼって

    深い穴に落ちた犬を助けたい!

    でも、頼りになる高学年は、まだ学校…。
    お父さんたちもお仕事。
    お母さんたちがくれたのは、不安になるような言葉だけ。
    しらないおじさんは、ただの野次馬。

    1年生なりに、知恵をしぼる姿に逞しさを感じました。
    “じぶん達しかいない”
    そんな思いが、持っている以上の力を発揮させるんだなって思います。

    見事ろくべえの救出に成功した、みんなの笑顔に、成長を感じました。

    掲載日:2016/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

83件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット