ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

さいしゅうれっしゃのあとで」 みんなの声

さいしゅうれっしゃのあとで 作:市川 宣子
絵:柿本 幸造
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784893252975
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,183
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 冬が楽しみ

    どこかであり得ることではないか?と思わされた絵とお話しです。冬が来るのが楽しみになりました。こがらし、こなゆき、ゆきだるま。豪雪の地方ではありがたくないことかと思いますが、冬の風物が不自然ではなく描かれていると思いました。帰りにははるかぜやれんげのはなを連れて帰ってくる…。暖かくてすてきだなぁ〜と思いました。

    くるはずのない列車に対して、「気をつけて」と声をかけた駅長さん。柿本幸造さんの絵本は絵が何よりていねいで、ユーモアも感じられて大好きです。

    保育者のたまご達にも好評でした。

    掲載日:2011/11/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ファンタジー

    寒い冬の到来をファンタジーに画いています。

    帰りの列車に春を運んでくるのに、感激しました。

    乗り物好きな男の子は、帰りには、「春風」

    乗り物好きな女の子は、帰りには、「蓮華の花」

    雪だるまさんまで、乗り物好きななんだなあ・・・・

    運転者さんの帽子が皆とてもお似合いでした。

    夢を持つ素晴しさを学びました。希望を持つことも学べる絵本でした。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • とても魅力的な絵

    柿本 幸造さんといえば、愛くるしい動物の絵という印象がありますが、この絵本にはおじさんも男の子も女の子も登場して、皆それぞれとても魅力的。
    電車に乗っていたのが抽象的な物なので、息子はイマイチ理解していない様子でしたが、季節が電車に乗ってやってくる発想はなかなか楽しいですね。

    掲載日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬を見送る車掌

    このお話は、最終列車の後でやってきた冬たち(木枯らし、雪だるま、粉雪)を車掌さんが見送ってあげるお話でした。冬って目に見えないものを子供の姿とかに例えて表現してあったのが、不思議な世界な感じがして子供は絵本のストーリーに引き込まれていったような気がします。

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も言葉も美しい

    柿本さんのイラストが見たくて借りてきました。

    「さいしゅうれっしゃのあとで」というタイトルのわりに電車そのものは少なく、息子が電車好きなだけにちょっと残念だったのですが、とても美しい絵本で満足しました。

    言葉も無駄がなく、こういう本は繰り返し読んであげたくなりますね。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢があります。

    ほんわか夢があるお話です。
    最終列車の後に列車がやって来ます。駅長さんは慌てて止めると中には子供がいます。「冬を届けに」いく子供を見送る駅長さん。
    子供の運転する列車が2台通過し、3台目。
    運転士はまさかの・・・。
    駅長さんとのやりとりが可笑しくて息子はクスクス笑っていました。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬は急ぎ足

    幻想的なお話です。
    山奥の駅長さん一人だけの小さな駅を、冬を乗せた列車が急ぎ足で、里に向かって通りすぎて行きます。
    冬は突然やってくるのですね。
    駅長さんは止めることはできないで、列車を見送るだけ。
    安全に町にたどり着けるように、優しく見おくっているのが伝わって来ます。
    木枯らしがすぎ、粉雪がすぎ、雪の団体がすぎ、最終列車のすぎた後に臨時列車が三本。
    冷めてしまったコーヒーを飲みながら、感慨にふける駅長さんが印象的です。

    掲載日:2014/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋の終わりの夜、山奥の小さな駅が舞台です。
    最終列車の後に、不思議な列車がやってきます。

    山からふもとの町へ、冬を届けに行くという列車は、運転手さんも乗せているものも、あっと思わせるものばかりです。

    木枯らしや粉雪、ともすれば寒々とした風景になりがちなところですが、柿本さんの温かみある挿絵が、寒さの中にもほっこり暖かさを伝えてくれています。

    赤々と照らすカンテラや、しゅんしゅんお湯の湧くやかん、小さな駅がまるでオアシスのようにさえ感じられます。

    冬を届けるという列車もまた、帰りには春風やれんげの花を乗せてくると運転手は告げて行くのです。

    雪の深い山の中の、長い長い冬の始まりは、またその先にやってくる春を連れてくる冬でもあるのですね。

    すっかり冷めてしまったコーヒーを飲んだ駅長さんでしたが、裏表紙では湯気の立ち上る熱いコーヒーが飲めたようでよかったです。

    秋の終わりから、冬の初めの季節にかけて、毎年読みたくなる1冊です。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆうれい電車?

    最終列車が通っていった
    山奥の小さな駅。

    仕事も終わって
    コーヒーを飲もうとしている
    駅長さん。

    そんな真夜中に
    予定外の列車がやってくる。

    4歳の息子は
    おばけなんちゃう?

    と怖がって本を見ていました。

    最初の列車には
    男の子が乗っていて
    こがらしを運んでいるという。

    次の列車には
    女の子が乗っていて
    粉雪を運んでいる。

    その次の列車には
    ゆきだるまが・・・。

    かわいいゆきだるまが
    「むむむ」
    としゃべるので
    それが面白くなって
    息子は笑っていました。

    秋の終わりのお話なので
    本当は冬をわかりやすく運んでくれたお話。

    息子には
    ゆうれい列車に思えたようですが、
    ゆきだるまがかわいくて
    怖い気持ちはやわらいだようでした。

    ステキなお話だと思います。

    掲載日:2013/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬を乗せて

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    山の奥の小さな駅。
    最終列車が行った後不思議な事が起こります。
    もう終わりのはずなのに列車の音。
    駅長さんと一緒に不思議な気持ちになりながら一体どんな列車なのかとても気になりました。
    木枯らしや粉雪や雪だるま・・・冬を乗せた列車が次々とやってきます。
    繰り返しが楽しく、次はどんな列車が?何を持って帰ってくるんだろうとワクワク^^
    寒そうな列車だけど春を乗せて帰ってくるという言葉に春の暖かさがふっと感じ、春が待ち遠しくなりました。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット