おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おかあさん、げんきですか。なかなかよいと思う みんなの声

おかあさん、げんきですか。 作:後藤 竜二
絵:武田 美穂
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784591092101
評価スコア 4.76
評価ランキング 597
みんなの声 総数 62
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ステレオタイプ

    娘しか知らないので、
    男の子の生態、その母親のやりそうなことってこういうことなのか・・と
    一ミリも共感できないまま、違う世界の読みもののように読みました。

    子どもが大切にしているかもしれない物を
    (それがたとえ「ゴミ」に見えても)
    納得させないうちに捨てたりするものなのでしょうか?
    ヒールでこけないでねと息子が言うくらいだから
    ちょっと先走り気味な、おっちょこちょい設定なのかなぁ。

    まぁ、いろいろですね・・。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手紙

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おかあさんへ向けて本音をつづったお手紙です。
    散らかした部屋を「ぶたごや」と言ったり、思い出の宝物を捨ててしまう所はちょっと…と思いましたが、最後まで読むとおかあさんとのいい思い出も書かれていて良かったです。
    序盤のおかあさんの行動もわからないではないですが、男の子の気持ちも分かりますね。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • すれちがい

     ぼくは毎日けっこういそがしくて、ぼくだけの宝物もあるのに、、、
     おかあさんは、わかってくれない、、、。
     男の子のきもちも、おかあさんの気持ちもよくわかります。わたしも、絵本のおかあさんのようだなと、ちょっと反省しました。

     子どもはおかあさんが大好きで、おかあさんも子どもが大切なんですけど、こんなすれちがいありますよね。
     武田さんの描く、おかあさん、迫力があります。そんなおかあさんに気持ちをつたえるための手紙が、いいなと思いました。

     武田さんのいきいきした絵が、おはなしに合っていてよかったです

    掲載日:2014/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子らしい。

    ずっと気になっていて、やっと読むことができました。
    母の日にお母さんに男の子がお手紙を書くっていうお話だったんですね。
    でも、お母さんへの文句ばっかり…
    それがなんとも絵とマッチしていて^^
    5歳の次男にはまだない感情なのかな?(そうであってほしい…)
    そんなに反応はありませんでした。
    私は耳の痛いところもあり、子どもの気持ちがわかるところもあり
    「お母さん、それはやりすぎ〜」とついつい読みながらもつぶやいていました。
    でも、最後はやっぱりお母さん大好きって気持ちがいっぱい。
    私もお母さん大好きっていつまでも思われていたい…

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思い切り笑った後に

    小学校の読み聞かせで、ベテランママさんがお話してくれた本。
    お母さんのたくましさ、子どもの健気さ、面白おかしく楽しんだ後でとても物悲しくなりました。
    二人の間に父親はいないのです。
    母子家庭。
    赤ちゃんの頃、お父さんがいたころのサンタさんの贈り物を大切にしている僕。
    お父さんは死んじゃったのかな? 離婚しちゃったのかな?
    お父さんがいなくなってからお母さんは頑張ってきたのです。
    僕も、自分の言いたいことはしっかりと言いながら、お母さんに感謝しているのです。
    読み聞かせで、面白楽しく聞いている子どもたちに、このしんみり感を伝えるのはかなり難しいかもしれません。
    楽しいお話だけに、この設定は少しつらいです。

    掲載日:2011/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の日に子供の言い分を、、、

    母の日の感謝の手紙を書けと学校で言われたボク。でも、照れくさいので感謝というより言いたいことを書いてみたんです。

    子供にだって自分の思い出や言い分があるんです。カビても虫くいでも、勝手にものを捨てないで欲しい。汚い部屋が落ち着くんだから、勝手に掃除しないでほしい。

    そう言われても、同じ家に住む家族としてはやっぱり掃除したいけどね、、、(笑)

    最後につけたカーネーションがちょっとホロリときますね。

    あと、ずっと子供の描いたお母さんだったのが、ラストのページではちゃんとした本当のお母さんの姿が描いてあって、そこが良かったです。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとだ!宝物だね。

    子供からお母さんへ書いた手紙。
    共感できるところが多々あります。

    「わかった?」は私もつい言ってしまうから
    ドキっとしました(^−^;)。

    そして、散らかった子供部屋。
    これまた「片づけないと捨てるよ」と言ってしまう私。

    でも、お母さんが捨てちゃったものは
    本当に宝物だったんだね。
    この手紙を読んで、そっかぁ・・・と思いました。

    親はとっても面白い絵本です。
    でも子供はどこまで分かるかなぁ・・・と思ったので
    ☆4つで。
    でも、子供のうちに読むと親になって
    また読んだ時に感想が変わると思うので面白いかも♪
    ぜひ親子で読んでください。

    掲載日:2011/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感謝の気持ちとは?

    この本は、お母さんへの手紙がテーマの作品です。

    内容としては、母の日の前に、男の子(僕)が手紙を書こうという授業のことが、始まりです。

    お母さんに、怒られているばかりの男の子(僕)。そんな男の子(僕)ですが、お母さん、無理せずに、がんばってくださいという気持ちが、この本を読んでわかりました。

    この本は、お母さんに愛する気持ちが伝わってきた作品でした。

    この本を読んで、日々がんばっているお母さんにありがとうと、自分でも言いたいです。

    お母さんが好きな人は、読んでおきたい一冊です。

    ぜひ、読んでみてください。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の言い分

     母の日にちなんで学校でおかあさんへの手紙を書くように言われた「ぼく」。

    ともだちはつらつらと表面的なことを書いているけど、「ぼく」にはそんなこと出来ません。

    なぜなら、本当に言いたいことが沢山あるから。。。

     子供の目から見た「お母さん」。
    「わかった?」が口癖で、友達の前で叱るのも平気、部屋を勝手に掃除して宝物を捨ててしまう。。。。

     主人公の描いた「「おかあさん」の絵はとてもユーモラスです。がみがみ屋みたいだけどかわいい。

     さらっと描かれてますが母子家庭のようです。
    なんだかんだいいながら母親を気遣う男の子。
    親子の絆がかいま見られます。

     読み聞かせ向きではないかな?というのが私の感想です。
    自立心を持ち始めたこどもがこっそり読む本ってところでしょうか?

     ラストにやっと登場する彼の「おかあさん」、彼の描いた絵とは似ても似つかないやさしそうなキャリアウーマンだったのがよかったです。

    掲載日:2007/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ち

    • リヨンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子0歳

    図書館で息子が選んできた本です。
    最近、ひらがなが少し読めるようになったので、「おかあさん」という字を見て、興味を持ったようです。
    これは、母の日に、小学生の男の子がお母さんに書いた手紙の話です。
    子供のことが心配で、いつも「○○しちゃいけません、わかった?」と確認するお母さん。散らかしっぱなしの部屋を勝手にかたずけてしまうお母さん。うちも全く同じことをしていたので思わず笑ってしまいました(^U^)
    だから、この子のお母さんの気持ちすごくよくわかります。
    でも、子供にも言い分があるようで、部屋が散らかっているのにも理由があるみたいですね。
    うちの息子はまだ小さくて、言い分があってもうまく表現できませんが、一生懸命聴いてあげたいと思わせてくれる作品でした。

    掲載日:2007/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よくきたね / いしゃがよい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット