だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

こんとあき」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 19
みんなの声 総数 427
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • はからずも、泣いてしまいました

    • どまどまさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    林明子さんの絵本は自分が子供のころから大好きだったけど、この本は読んだことがありませんでした。評判がいいので、ぜひと思って借りてきました。

    予想をはるかに超えて、素晴らしい絵本でした。

    ぬいぐるみのこんは、あきが赤ちゃんの頃から一緒。
    うでがほつれてしまったこんを直してもらうために、一緒におばあちゃんのお家へ行きます。

    小さい女の子とぬいぐるみの二人旅ですから、ハプニングだらけ。
    電車が停車中にお弁当を買いに下りたこんを、心配そうに待つあき。
    こんが帰ってこずに泣いてしまうあき。
    こんをみつけて、ほっとして、無防備な姿で一緒にお弁当を食べるあき。
    そして、いつもあきを安心させようと、一生懸命なこん。

    子供の表情の豊かさと、表情がないはずのこんのかもしだすあたたかさ。林明子さんには、なぜこんな絵がかけるのでしょうか。
    思わず、絵本をなでなでしてしまいました。

    そんなあきとこんの最大のピンチは、砂丘で起こります。
    犬に連れされたこん、こんを必死で追うあき。
    読み手の私もどんどん緊張が高まり、そして、こんの耳を見つけた時の息子の、私を制するような「あった!」という声。

    私も息子も、1回目にこの本を読んだ時から、絵本の世界にぐんぐんひきこまれました。
    そして、私は、気がつくと泣いていて、息子は、ただじーっと私が本を読むのを聞いていました。

    最後はハッピーエンドです。
    おばあちゃんの抱擁のどれだけあたたかいかを、私は膝に乗せている息子のあたたかさから、想像することができます。

    一緒って、ホントに、あたたかい。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    4
  • 優しさでできている

    • リネットさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    「こんとあき」は、子供が生まれたら絶対に読んであげたいな…と思っていた絵本でした。そしてまだ早いかな、と思いつつも、待ちきれずこの絵本を買ってあげたのが、息子が2歳半の時。当時の息子にとってはかなり長い絵本だったのですが、意外や意外、息子の大のお気に入りになりました。

    息子はどんなところが気に入っているんだろう?
    気がつけば息子のお気に入りの絵本は、みんな林明子さんの絵本。「はじめてのおつかい」、「ぼくのぱん わたしのぱん」、そして「こんとあき」…。

    林明子さんの絵は優しさでできている、そんな風に思います。そして子供にもその優しさがふんわりと伝わるんじゃないのかなあ。ただ美しいだけじゃない、子供を、人を、街を、世界を、暖かく包む林さんの眼差しが、そこにはあります。

    個人的には、砂丘に着いた時の見開きの絵が好きです。
    読んでいて、本当に眼前に砂丘が広がり、こんやあきと一緒に砂丘を見ているような気分になります。また、あきが初めて砂丘を見た感動がダイレクトに伝わってくる絵でもあります。

    息子はまだ砂丘を見たことがありません。でももしいつか訪れることがあったなら、「『こんとあき』にあったね!」と絵本のことを思い出してくれると嬉しいな。そしてその絵本から感じとった優しさも…。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    4
  • 娘よりパパがはまった

    これは名作。
    女の子を持つパパは読んだほうがいいです。
    娘よりもパパがはまってしまう・・。
    そんなくらい大人もグッときます。

    こんは、赤ちゃん(あき)に贈られたきつねのぬいぐるみ。
    あきの成長をそばで見守り、からだを張ってあきを助けます。
    あきにとっても、こんは大切なパートナー。
    おそらく、こんがいることで勇気も出るし、不安も消えます。
    遠くにいるおばあちゃんのところまで行こうっていう気にもなれるってもんです。

    それぞれは弱くて失敗も多いくせに、
    お互いに相手を思いやる気持ちがあって、
    不思議と力がでてくるのが素敵です。
    林明子さんの絵もすばらしいし、
    どのページもすべて印象的。
    オススメです。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    3
  • 胸がキュン。

    支援センターで、息子が選んで借りてきました。
    林明子さんの絵本はこれまで読んだものどれも好きでしたが、この絵本もとっても良かったです。

    あきが泣いてしまったのでは?と思える
    電車の中でこんが戻らずに右腕で顔をうずめる場面と
    おばあちゃんに抱きつく場面では
    胸がキュンとしちゃいました。

    きつねのぬいぐるみが、あきを見守る姿や
    あきが不安になったときに「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と気遣う優しさ。
    あきのほうもボロボロになってしまったこんを
    おぶってあげて優しいですね。
    車掌さんも、潰れてしまった尻尾に包帯を
    巻いてくれてとっても優しいなぁーって思いました。
    「優しさを育む絵本」といっても過言ではないように
    思えます。

    2歳の息子は、登場する犬のことを
    「アーンパンチ!」とやっつけています。
    こんを連れ去ってしまうのが嫌なようです。
    そんな息子のことも優しいなって思ってしまうのは
    親ばかですね(^^ゞ

    掲載日:2008/04/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 涙が出てきます

    なぜだか涙が出そうになるんです。
    林さんの絵は、主人公の心情が伝わってくるんですよね。
    あきちゃんの気持ちも
    こんの気持ちも
    おばあちゃんの気持ちも。
    そして出てこないけど、赤ちゃんがくる用意をする
    ママ、パパの気持ちさえても・・・

    小さいけどとても立派でしたね。
    頑張りましたね。
    おばあちゃんに抱き締められた場面が一番感動します。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    林明子さんの本はどれも自信を持ってお奨めしたいものばかりですが、この本は特におすすめです。ぬいぐるみと小さな女の子の可愛らしい、ドキドキ、ハラハラの冒険を描いた本。とても楽しいです。最近ぬいぐるみを可愛がり始めた孫の姿とあきの姿が重なりました。孫も電車に乗って旅する日が来るのかな、と思うと楽しくなりました。この本はぜひ女の子がいるご家庭で読んでいただきたい作品です。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもも大人も!あったかい感動

    あまりにも良い作品過ぎて、どういう感想を書けばいいのか迷って迷って。。。困りました。(笑)

    今まで考えたことなかったけれど、私の大好きな絵本ベスト3に入るかも!
    子どもにも大人にも深い感動をくれる、あったかい絵本です。

    「あき」が産まれる時、お婆ちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ「こん」。
    「あき」は「こん」といつも一緒。
    共に過ごし、遊び、大きくなっていきます。
    そして、古くなった「こん」のほころびを修理してもらうため、
    「こんとあき」は遠い砂丘町にいるお婆ちゃんの家に行くという旅を始めます。
    「こん」はいつでも「あき」を気遣い、「あき」を守るために懸命。
    けれど、様々なハプニングが起きて・・・。

    2歳の息子に読むのは少し早いかな?と思っていました。
    でも、息子は「こん」のことが大好きになったようです。
    砂丘で「こん」がいなくなった時には心配し、「こん」がお風呂に入りたくないと言って逃げ出す場面ではケラケラ笑っています。

    いつも「あき」のことを思いやり、助けようとする「こん」。
    その優しさ愛らしさに惹かれているのでしょう。

    大人の私は「あき」が愛されて産まれてきたことを深く深く感じました。
    「こん」はいつも「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言いながら「あき」をどんな時でも一心に守ろうとします。
    それは、「こん」を作った時のお婆ちゃんの気持ちの表れでもあると思うのです。

    あったかい気持ちを残してくれる、素晴らしい絵本です。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 頼もしいこん!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    どんなに災難にあっても弱音をはかないコンの
    ひたむきな感じが好きです
    あきを思いやる優しさにあふれています

    犬にくわえられたりヘトヘトなのに
    「大丈夫 大丈夫」とつぶやくコンには切なくなります

    男の子に読ませてあげたい絵本です
    遠く離れている絶対的にやさしいおばあちゃんを
    いとおしく思い出す絵本で、帰りたくなってしまいます

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 甘く切ない気持ちに

    初めて読んだとき、子どもよりも、親の私の胸がキュンとなりました。
    自分の少女時代を思い出させる絵本でした。
    優しいおばあちゃんがボロボロになった「こん」を直してくれます。
    そんな場面に自分の祖母に思いを馳せ、甘く切ない気持ちにさせられました。
    読んだ後に、心がほんわかじわじわとあたたかくなる絵本です。

    娘にとっては、4歳からとなっていたので2歳10ヶ月なので、早いかなと思いつつ購入したのですが、2歳児でも充分に理解していました。
    ぬいぐるみのこんと遊んだりする場面まではニコニコ見ていたのですが、汽車にのって途中でお弁当を買いに行ったこんが戻ってこないうちに汽車が動き出した場面で号泣!!
    それ以来、そこのページが来ると「はやく!!(めくって)」と大騒ぎ。とってもハラハラするみたいです。いつもすごく真剣に聞いています。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • お守りします!

    こんは、自分が大丈夫でないときもあきに「だいじょうぶ だいじょうぶ」とおばあちゃんの家に着くまで頑張りました。
    健気なこん、あきだってこんを思いやる気持ちは負けていません。
    二人の思いやる気持ちに泣けました。
    林明子さんはとても優しい人だと思いました。絵にも感動します。
    優しくて心が温かくなります。

    掲載日:2009/09/16

    参考になりました
    感謝
    1

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こんとあき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(427人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット