庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

とうさんおはなしして」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

とうさんおはなしして 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1987年03月31日
ISBN:9784579402496
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,397
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きな大切な本です。

    • あんとくさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子12歳、女の子10歳、女の子8歳、男の子5歳

    子供のときに父に読んでいてもらった寝る前の絵本です。

    共働きの両親だったので眠るときの読み聞かせは父がよくしてくれていました。たしか保育園のころのクリスマスプレゼントでもらった覚えがあります。

    毎晩、姉と1冊づつ本をリクエストしていて・・・。2冊だと時間が長くなってしまいますが、この本は短編が7話なのであれこれ選ぶのが下手だった私にはこの本が1冊あれば十分でした。

    毎晩、7話の中から1つずつ読んでもらい。
    父にとっても短いので読みやすかったのでしょうね(笑)
    ユーモアのある話が
    その後、暗くなった部屋で眠るときも寂しくなっかたような気がします。

    自分に子供が出来、同じ共働きの身になり、
    無性に懐かしくなり記憶をたどり購入しました。

    我が家もパパが読み聞かせ当番が多いかな。
    何冊も読むのは大変なので役立っていますよ!!
    私も小学校の朝の読み聞かせボランティアで、ちょこっとの時間つなぎに持って行きました。

    私にとって大切な大切な絵本です。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語ってもらえる幸せ

    お休み前のお父さんのお話が7つ。

    こんな風に眠る前にお父さんがお話してくれたら幸せでしょうね。語ってもらえる幸せをひしひしと感じました。

    「だいりょこう」というお話の中で、ねずみが足を新しい足に付け替えてしまうのですが、そんなのありえないとと思いつつ、なんて斬新な考え方と思いました。

    「おふろ」は、水浸しになった町がその後どうなかったか?気になりました。
    この本を読んで息子は眠りにつきませんでしたが、夜寝る前に読むには7つもお話があるので子どもは満足するのではないかと思いました。

    掲載日:2008/11/29

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「とうさんおはなしして」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット