なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

そらをとんだたまごやき」 大人が読んだ みんなの声

そらをとんだたまごやき 作:落合恵子
絵:和田 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,165+税
発行日:1993年
ISBN:9784906379309
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「そらをとんだたまごやき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 思わぬ展開!

    「そんなにたくさん たまごをわって どうする!」

    読み始めてすぐ、このお父さんのこの発言にプッと吹きだしてしまいました。
    子どものようなお父さん。
    そして、まるで卵の扱いを知り尽くしたようなめぐちゃんの立ち振る舞い。

    この二人のやりとりだけでも新鮮で楽しいのですが、思いがけず、
    大きな卵焼きが参加してきます。

    「たいていのたまごは とりにならずに たべられちゃうからね」

    とは、大きな卵焼きの言葉。
    鳥に成長すれば空を飛べるけれど、卵焼きになっては空を飛べない。。。
    まさか、この絵本で食べられるという運命を背負った卵の気持ちを
    知ることになるとは、思いもしませんでした。

    絵本の中の卵焼きは、幸運にも空を飛ぶことが出来、そして卵焼きにも
    なることが出来ました。でも、飛ぶチャンスのないまま、卵焼きとして
    食べられる卵がほとんどなわけで。。。

    今後、卵に対しての見方が変わりそうです。
    思わぬ展開に最後までしっかりと読んじゃいました。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「そらをとんだたまごやき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / どうぞのいす / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット