ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

せかいでひとつだけのケーキ」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいでひとつだけのケーキ 作:あいはら ひろゆき
絵:あだち なみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784774607054
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「せかいでひとつだけのケーキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おかあさんのための本

    大好きなあだちさんとあいはらさんの本だったので、
    図書館で借りて読みました。
    割と長文だったので、まずは自分一人で、
    次に2歳の次女が寝ている間に7歳の長女と2人で。

    ゆうたくんは小学生、としか書かれておらず、何歳なのかはわかりませんが、子供だけでバスに乗ってちょっと不安な気持ち・一生懸命さ、妹のももちゃんに振り回されながらも健気にママを想う気持ち、そして妹を疎ましいと思いながらも放ってはおけない気持ち…。
    大好きなママのために、お誕生日のケーキを買いに行く中で、
    ゆうたくんが心に抱くいろんな感情がひしひしと伝わり、涙が出ました。

    子供のためのお話というよりは、親が子供(特に上の子)の気持ちを忘れように…と書かれたお話ではないかなと思いました。

    いつも妹に邪魔されてばかりの長女は、色々とゆうたくんに共感したようです。
    最後にママがケーキを食べて喜んでくれたシーンでは、とても嬉しそうでした。
    そして「わたしも泣きたくなる」と言っていました。

    「一番大事な人はおかあさん」と言ってくれた長女。
    その長女も日々我慢してくれていることを忘れないようにしようと思います。

    私もむねがいっぱいになりました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいでひとつだけのケーキ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット