おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

つぐみのひげの王さま」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

つぐみのひげの王さま 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:大塚 勇三
出版社:ペンギン社
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年
ISBN:9784892740060
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,686
みんなの声 総数 7
「つぐみのひげの王さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵に気品を感じました。 

    高慢なお姫様が、品格を得てかつてバカにした王子様と結婚します。
    サクセスストーリーとしてもまとまりのある作品です。
    今まで見たホフマン絵の中で最上級品ではないかと思います。

    結婚したいと集まった王子たちを、みんな馬鹿にして相手にしない高慢なお姫様。
    業を煮やした王様が、お姫様の結婚相手にと決めたのは乞食楽師。
    乞食に連れられて、たどり着いたちっぽけな貧しい家で、お姫様は様々な経験をします。
    それまで自分でしたこともない、料理、かご作り、店の売り子、しまいにはお城の下女として働き、苦労しながら、辱めをウケながら、お姫様は品格を磨いていきます。

    そして、結婚したのはかつてバカにしたつぐみのひげの王子。
    その王子が、馬鹿にされたのにもかかわらず、乞食に変装し、様々な試練を与えながら、お姫様の心を育てていくのです。
    つぐみのひげの王子さまは、お姫様の高慢なふるまいの中に「本当の姿」を見出していたのです。

    乞食に変装した王子様に連れられて行くお姫様の姿が、それほど昔の衣装ではないのが妙に心に残りましたが、納得の一冊です。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「つぐみのひげの王さま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おおきなかぶ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット