くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

七わのカラス」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

七わのカラス 作:グリム
絵:フェリクス・ホフマン
訳:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年
ISBN:9784834012033
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,176
みんなの声 総数 13
「七わのカラス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議の世界

    結構賛否両論のある絵本なんですね。
    図書館で見つけて、何となく覚えのあるタイトルに惹かれて
    子供時代読んでみました。
    本当に不思議の世界に入り込むお話ですね。
    現実には起こりえないストーリーではありますが、
    それだからこそ想像力が働くというか・・・。
    きっと娘もまた私とは違うイメージを描きながら読んでいると思います。
    こういうお話は色々と読んでもらいたいなと思いました。

    掲載日:2014/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹の服が

    ホフマンのこの絵本に関しては賛否両論があると聞いていたので興味を持ちました。

    内容は先にツヴェルガーの作品を読んでいたので知っていましたので、内容的な驚きはなかったです。

    父の声によってカラスに変わってしまうことや、妹が鍵の代わりに指を切り落とすとなどの箇所についての驚きのことです。

    が、絵を見て一番驚いたのは、妹の服装です。ベレー帽にミニスカート、ハイソックスはグリムの時代の服装ではないですよね。

    そこが一番の驚きでした。絵を描くに当たっては当然、時代考証は考えることなので。

    福音館だし訳は瀬田さんだし絵はホフマンだしと、すべて好きなんですよ。でも、衝撃度があまりにも大きかったので、今回の評価は少し辛めとなりました。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「七わのカラス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ととちゃんみーつけた』『ころりんタイヤくん』 新井洋行さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット